マキタスポーツ、ビジュアル系バンドのヴォーカルとして登壇に反応は微妙

レポート
2015.9.12


「かいけつゾロリ」のシリーズ最新作『映画かいけつゾロリ うちゅうの勇者たち』の初日舞台挨拶が、9月12日にシネ・リーブル池袋で開催。声優の山寺宏一、くまいもとこ、愛河里花子、原作者の原ゆたかと、主題歌「とぅ・び・こん・にゅ」を担当したマキタスポーツが、ビジュアル系バンド「マキタスポーツpresents Fly or Die」のヴォーカル、ダークネスとして登壇した。

マキタスポーツは「特別だぞ。覚悟しとけ。1000年の時空を飛び越えて、漆黒の闇夜の使者として現れたんだ。実は、マキタスポーツなんです」と告白。微妙に薄いリアクションを見かねた山寺が「あれ?モノマネなどで人気の、性格俳優としても活躍してるマキタスポーツさんですか?」と突っ込むと、マキタは「山ちゃん、説明ありがとう」と苦笑い。

マキタは「帽子を取ると薄いの。ブライトネスだ」と自虐ギャグを飛ばし、会場は爆笑。マキタスポーツの大ファンだという原は「ダークネスさん、初めてお会いしました。今回、ぜひ主題歌をマキタさんにお願いできないものかと思ったので」とコメント。マキタは「ありがたい話で。僕の知り合いということで、マキタスポーツからだダークネスに話がいきました。今日は君たちに会いたくて、張り切りすぎて、髪の毛盛りすぎた」と言って笑いを取った。

「かいけつゾロリ」シリーズでは、「いたずらの王者」を目指すキツネの「ゾロリ」と、双子のイノシシの子分「イシシ&ノシシ」の活躍が描かれる。今回は、原作者による完全オリジナルストーリーで、宇宙を舞台に冒険を繰り広げる。【取材・文/山崎伸子】
 

MovieWalker
シェア / 保存先を選択