Suchmos「大本命になりたい」新曲含む10曲で満員のWWW魅了

レポート
音楽
2015.9.12
Suchmos「Suchmos THE BAY」の様子。(撮影:SHUN KOMIYAMA)

Suchmos「Suchmos THE BAY」の様子。(撮影:SHUN KOMIYAMA)

9月10日、東京・WWWにてSuchmosの1stフルアルバム「THE BAY」のリリースパーティ「Suchmos THE BAY」が開催された。

この日はゲストとして、Suchmosを「すごい尊敬するブラザー」と慕うD.A.N.と、先輩格のKIMONOSが出演。D.A.N.はシンセサイザーやスティールパンなど多種多様なサウンドでミニマルなリズムやフレーズを繰り出し、エフェクトを効かせた歌で幻想的な世界観を演出した。またKIMONOSは、序盤にLEO今井と向井秀徳のみで静かに演奏し、白根賢一(Dr)が合流してからはよりエモーショナルにスリル満点のアンサンブルを奏でた。

Suchmosのアクトが始まると、フロアの密度と熱気がそれまで以上に増す。そんな期待を背負って登場したYONCE(Vo)、HSU(B)、OK(Dr)、TAIKING(G)、KCEE(DJ)とサポートの櫻打泰平(Key)は、アルバム「THE BAY」の冒頭を飾る「YMM」からライブをスタートさせた。「YMM」ではHSUのグルーヴィで刻むようなベース、2曲目の「Burn」ではKCEEのスクラッチ、次の「Alright」ではTAIKINGのギターリフ、そして「Miree」では温もりを感じさせる櫻打のローズピアノの音色というように、各曲でそれぞれのパートが強い印象を残す。フロントマンのYONCEは中性的なファルセットから男らしい低音、ソウルフルなフェイクや声量を生かしたロングトーンまで自在に歌声を操り、スタイリッシュな立ち振る舞いでもオーディエンスを魅了した。

MCでは、この日をとても楽しみにしていたというYONCEが「渋谷のこんなでっかいところに人がパンパンってすごいことじゃないですか。でも次は10倍でかいところでやりますよ」と強気なコメント。中盤は「StayTune」と題した新曲や呂布を迎えての「GIRL feat. 呂布」などを披露した。

本編最後の曲を前に、さざ波のBGMが流れる中、YONCEは「7月8日、夏の始まりにアルバムが出て、皆さんの夏を彩る1枚になったんじゃないでしょうか。“THE BAY”という港から船出したSuchmosという船はまだまだ進んでいくんで。あと3万段くらい階段上がるから」とさらなる躍進をファンに誓う。そして地元・茅ヶ崎の風景を歌った「Pacific」でバンドのアイデンティティを示し、本編を締めた。

アンコールでは、ロックやアシッドジャズを融合させた新曲「BODY」をプレゼント。YONCEは改めて「やるからには大本命になりたいので、今日、大本命になって帰ってください」と強気な姿勢を見せ、「“THE BAY”から船出して、悠々自適に生きていってください」という言葉を送る。ラストは活動初期からSuchmosのライブの定番曲となっている「Life Easy」。肩の力を抜いてラフにこの曲を届け、6人は充実した笑顔でステージをあとにした。

なお彼らは、12月12日に初の自主企画イベント「Suchmos The Blow Your Mind vol.1」を東京・Super Deluxeで開催することを発表。対バンゲストとしてSOIL & "PIMP" SESSIONSの出演が決定しており、現在Suchmosのオフィシャルサイトではチケットの先行受付を実施している。

Suchmos「Suchmos THE BAY」
2015年9月10日 WWW セットリスト(※Suchmosのみ)

01. YMM
02. Burn
03. Alright
04. Miree
05. StayTune
06. GET LADY
07. GIRL feat. 呂布
08. Pacific
<アンコール>
09. BODY
10. Life Easy

Suchmos The Blow Your Mind vol.1

2015年12月12日(土)東京都 Super Deluxe
<出演者>
Suchmos / SOIL & "PIMP" SESSIONS

音楽ナタリー
シェア / 保存先を選択