下鴨車窓のレパートリー作品「乾いた蜃気楼」北海道と大阪にて

ニュース
2017.7.1
下鴨車窓「乾いた蜃気楼 “a parched mirage”」チラシ

下鴨車窓「乾いた蜃気楼 “a parched mirage”」チラシ


下鴨車窓「乾いた蜃気楼 “a parched mirage”」が、7月に北海道と大阪で上演される。

本作は2014年に「わたしの焦げた眼球/遠視」というタイトルで愛知、京都、三重、広島、愛媛にて上演され、好評を博したもの。2015年にタイトルを現在のものに変更し、16年にも公演を行っている。

日本のとある地方都市、S市では酷夏でダムが干上がり、一般家庭は断水状態になってしまった。亮と真澄夫婦は会話もなく部屋にいるが、そこへNHKの受信料を徴収しに、鳥飼という男が現れて……。出演者には、京都の俳優チーム・OFTの大沢めぐみ、藤原大介、高杉征司が名を連ねている。

下鴨車窓「乾いた蜃気楼 “a parched mirage”」

2017年7月1日(土)・2日(日)
北海道 シアターZOO

2017年7月7日(金)~9日(日)
大阪府 ウイングフィールド

脚本・演出:田辺剛
出演:OFT(大沢めぐみ、藤原大介、高杉征司)

ステージナタリー
シェア / 保存先を選択