指揮・山田和樹と演出・宮城聰(SPAC)がタッグを組みドヴォルザークのオペラ『ルサルカ』を上演

SPICER


叶わぬ恋に身を投じた水の精の悲劇を描くオペラ『ルサルカ』、日生劇場にて11月上演
 
 公益財団法人ニッセイ文化振興財団[日生劇場]は、11月9日(木)・11日(土)・12日(日)にオペラ『ルサルカ』を上演する。

「水の妖精が、人間に恋をした―――。」オペラ『ルサルカ』は、ヨーロッパに伝わる水の精伝説をもとに書かれた幻想的な物語。ドヴォルザークの美しい旋律が、叶わぬ恋に身を投じた水の精ルサルカに襲いかかる悲劇を、圧倒的なスケールで描き出す。

世界を舞台に活躍する二人の芸術家、指揮者の山田和樹と、演出家の宮城聰(SPAC芸術監督)のタッグで贈る、壮大なオペラの世界を堪能したい。
 

公演情報
NISSAY OPERA 2017『ルサルカ』

オペラ『ルサルカ』(全3幕)[原語(チェコ語)上演・日本語字幕付き]
■台本:ヤロスラフ・クヴァピル
■音楽:アントニン・ドヴォルザーク
■指揮:山田和樹
■演出:宮城聰(SPAC)
■合唱:東京混声合唱団
■管弦楽:読売日本交響楽団
■空間構成:木津潤平
■照明:沢田祐二
■衣裳:高橋佳代
■ヘアメイク:梶田キョウコ
■字幕・翻訳:阿部賢一
■合唱指揮:水戸博之
■演出助手:手塚優子
■舞台監督:幸泉浩司(アートクリエイション)

 
■キャスト(Wキャスト):
ルサルカ:田崎尚美/竹多倫子 
王子:樋口達哉/大槻孝志 
ヴォドニク(水の精):清水那由太/妻屋秀和 
イェジババ(魔法使い):清水華澄/与田朝子 
外国の公女:腰越満美/秋本悠希 
料理人の少年:小泉詠子/守谷由香 
森番:デニス・ビシュニャ/加藤宏隆 
森の精1:盛田麻央/松原典子 
森の精2:郷家暁子/梶田真未 
森の精3:金子美香/池端歩 
狩人:新海康仁/松原友

 
■日時:11月9日(木)・11日(土)・12日(日)各日13:30開演 一般公演
■会場:日生劇場(東京都千代田区有楽町1-1-1)
■料金:S席 9,000円 A席 7,000円 B席 5,000円 学生席 3,000円
■一般発売:2017年6月27日(火)
■問合せ:
日生劇場 TEL 03-3503-3111(10時~18時)
公式サイト http://www.nissaytheatre.or.jp/

 
シェア / 保存先を選択