お化け屋敷プロデューサー五味弘文氏×リアル脱出ゲーム『ある都市伝説からの脱出』が8月から開催決定

SPICER
『ある都市伝説からの脱出』

『ある都市伝説からの脱出』

画像を全て表示(4件)

リアル脱出ゲーム常設店舗「アジトオブスクラップ浅草」では8月2日から、お化け屋敷×リアル脱出ゲーム『ある都市伝説からの脱出』が開催される。

本公演は2015年6月より東京・鹿児島で開催された『かくれ鬼の家からの脱出』に続くかくれ鬼シリーズの第2弾で、お化け屋敷プロデューサーである五味弘文氏との共同製作となっている。

参加者は特殊捜査員となり、制限時間60分の間に足を踏み入れた者は誰も戻ってこないという「帰らずの家」の調査を行う。薄暗い部屋で実際に机や家具を動かして出てくる不思議な記号や残された日記をもとに事件を解決に導くことができれば脱出成功となる。

■五味弘文(お化け屋敷プロデューサー) コメント
「かくれ鬼の家からの脱出」は、とても多くの人に、「まったく新しい体験だった」と言われました。熱く語ってくれるその口調に、今まで作ってきたお化け屋敷とは違う手応えを感じました。個人的にも、プレイヤーの反応がこんなに楽しみな公演はありませんでした。
そんな声を受けて、今回“かくれ鬼シリーズVol.2”として、「都市伝説からの脱出」を作りました。
“かくれ鬼シリーズ”は、お化け屋敷を作る以上に制約が多く、なかなか苦労します。でも、その制約の多さこそが、プレイヤーの新しい体験に繋がっているのだと思っています。
今回の“新しい体験”も、どうかお楽しみ下さい。

・五味弘文プロフィール
1957年、長野県生まれ。お化け屋敷プロデューサー。株式会社オフィスバーン代表。1992年に『麿赤児のパノラマ怪奇館』で初めてお化け屋敷のプロデュースを手がけ、現在に至るまで数々のおばけ屋敷の制作している。『かくれ鬼の家からの脱出』など、リアル脱出ゲームの恐怖演出にも多数かかわっている。『人はなぜ恐怖するのか?』(メディアファクトリー)、『お化け屋敷になぜ人は並ぶのかー「恐怖」で集客するビジネスの企画発想』(角川書店)、初のホラー小説『憑き歯ー密七号の家』(幻冬舎文庫)などの著書がある

『ある都市伝説からの脱出』

『ある都市伝説からの脱出』

『ある都市伝説からの脱出』

『ある都市伝説からの脱出』

『ある都市伝説からの脱出』

『ある都市伝説からの脱出』

イベント情報
かくれ鬼シリーズvol.2
お化け屋敷×リアル脱出ゲーム「ある都市伝説からの脱出」

場所:アジトオブスクラップ浅草3F
2017年8月2日(水)〜
平日:13:00/15:00/17:00/19:00 (4公演)
土日祝:11:00/13:00/15:00/17:00/19:00 (5公演)
一般 : 前売券 3,200円 / 当日券 3,700円
前売グループチケット:18,000円
※前売券が完売した場合、当日券の販売はございません。
公演ホームページ:http://realdgame.jp/event/toshidensetsu.html
主催:SCRAP/株式会社オフィスバーン
【チケット発売日】
少年探偵SCRAP団員先行販売:2017/07/01(土)12:00〜07/07(金)23:59
一般販売:2017/07/08(土)12:00〜
シェア / 保存先を選択