“これまで”を通してより輝く“今とこれから” Mrs. GREEN APPLE『ゼンジン未到とロワジール』

レポート
2017.7.25
Mrs. GREEN APPLE 撮影=ウチダ アキヤ

Mrs. GREEN APPLE 撮影=ウチダ アキヤ

画像を全て表示(14件)

ゼンジン未到とロワジール~東京編~ 2017.7.15 日比谷野外大音楽堂

Mrs. GREEN APPLE 撮影=ウチダ アキヤ

Mrs. GREEN APPLE 撮影=ウチダ アキヤ

Mrs. GREEN APPLEのメジャーデビュー2周年記念ワンマン『ゼンジン未到とロワジール』。序盤のMCで大森元貴(Vo.Gt.)から説明があったように、この日のライブタイトルに冠されていた“ゼンジン未到”というのは、デビュー前の時期から過去三度にわたり彼らが行ってきた自主企画シリーズで掲げてきたもの。そのため、この日は初期の頃にリリースされた曲がたくさん披露され、またそれにより、大森曰く「成長期」であるこのバンドの進化し続けてきた部分と、どれだけ華やかな舞台に立つようになろうとも変わることのなかった部分がそのまま浮き彫りになっていた。いつものように5人の人懐こさと明るさが前面に出ていたライブであると同時に、どこかバンド自身の内側に一歩踏み込んでいくような温度感を帯びていたのはおそらくそのためだろう。以下のテキストでは、大阪・東京の2ヶ所で開催された初の野外ワンマンのうち、日比谷野外大音楽堂での模様をレポートしていきたい。

Mrs. GREEN APPLE 撮影=ウチダ アキヤ

Mrs. GREEN APPLE 撮影=ウチダ アキヤ

Mrs. GREEN APPLE 撮影=ウチダ アキヤ

Mrs. GREEN APPLE 撮影=ウチダ アキヤ

客席は立ち見スペースまで超満員。満場の手拍子を浴びながら、山中綾華(Dr)、髙野清宗(Bs)、若井滉斗(Gt)、藤澤涼架(Kb)、そしてバンドロゴ入りの旗を大きく振りながら大森が現れた。ドラムセットの前に集合して拳を合わせたあと、5人は各々の立ち位置へ。膨れ上がるオーディエンスの期待を後押しするような山中のドラムロールからそのまま、1曲目「StaRt」へと突入した。「リスキーゲーム」「アンゼンパイ」と続くが、どれもライブ定番曲というだけあって、バンドとオーディエンスは息がピッタリ。一丸となって大きな盛り上がりを描くなか、「ゼンジン未到とロワジール、開催します!」と大森が堂々の開幕宣言だ。ここで最初のMC。大森の口から“ゼンジン未到”シリーズについて改めて説明されたあと、「懐かしい曲やろうかなと思ってるので。じゃあまずこの曲から!」と早速インディーズ期にリリースされたミニアルバム『Progressive』から「ナニヲナニヲ」が演奏される。この日はなんと、『Progressive』収録の全6曲のうち5曲が披露されたのだ。今となってはすっかりレアであるセットリストを前に、全身で興奮を表す人、食い入るようにステージを見つめる人など、オーディエンスの表情は実に様々。そんななか、「Oz」では炎天下に噴射された大量の泡が幻想的な空間を演出し、歓喜を彩っていったのだった。

Mrs. GREEN APPLE 撮影=ウチダ アキヤ

Mrs. GREEN APPLE 撮影=ウチダ アキヤ

Mrs. GREEN APPLE 撮影=ウチダ アキヤ

Mrs. GREEN APPLE 撮影=ウチダ アキヤ

終盤に「あの時のいろいろな気持ちが蘇ってきた」(藤澤)、「すべての歴史がこのライブに詰まっていた」(若井)、「忘れられない一日になった」(山中)とメンバーがそれぞれの言葉で手応えを語る場面があったように、新鮮さを感じていたのはオーディエンスのみならず、ステージ上のメンバーもまた同様だった。そういう意味で特に印象深かったのが、「WaLL FloWeR」、そして「CONFLICT」を連続で演奏した場面。前曲「VIP」から間をあけずに突入する構成からは、この2曲をあえて特別視することなくメジャーデビュー以前/以後を地続きのものとして表現するバンド側の姿勢が伝わってきたが、それでも、野音のステージに音を刻みつけるような5人渾身の演奏によって、それまでの空気がガラッと塗り替えられることとなった。そしてその後には、盆踊り風の振り付けをオーディエンスとともに楽しんだ「No.7」やアコースティック編成で届けた「ノニサクウタ」へと移り、会場はすぐさま温かなムードへと転換していく。

Mrs. GREEN APPLE 撮影=ウチダ アキヤ

Mrs. GREEN APPLE 撮影=ウチダ アキヤ

Mrs. GREEN APPLE 撮影=ウチダ アキヤ

Mrs. GREEN APPLE 撮影=ウチダ アキヤ

2014年11月の『ゼンジン未到とパラダイムシフト~音楽編~』では髙野の正式加入を発表、そして2015年3月の『ゼンジン未到とプログレス~実戦編~』ではメジャーデビューを発表するなど、バンドのターニングポイントといえるタイミングで開催されてきた“ゼンジン未到”シリーズ。それがなぜ2年ぶりに開催されることになったのかというと、一つ考えられるのは、セルフタイトルの2ndフルアルバム『Mrs. GRREN APPLE』のリリースとそのツアーを終え、バンドがまた新たなスタートラインに立つことができたからなのでは?ということだ。ここでまた次なる一歩を踏み出すために、彼らはバンド自身を今一度見つめなおすことを選択したのではないだろうか。デビュー2周年、そしてバンド結成からは4年であることを振り返りながら「すごく楽しくやれてるんですよ、今。音楽をやっている意味、音楽をやっていて“楽しい”って感じる感情の答えを、これからも探していけたらと思ってます」と大森。そんな言葉のあとに披露されたのは新曲「On My MiND」。バンドから音楽へ、そしてバンドからオーディエンスへ、という2つの視点から綴られた手紙のような内容の同曲は、ミセスがこれからも自らの内側に踏み込みながら、同時に多くの聴き手と繋がり合いながら、旅を続けていくのだということを物語っていた。

Mrs. GREEN APPLE 撮影=ウチダ アキヤ

Mrs. GREEN APPLE 撮影=ウチダ アキヤ

Mrs. GREEN APPLE 撮影=ウチダ アキヤ

Mrs. GREEN APPLE 撮影=ウチダ アキヤ

「みんな、夏はお好きですか? 夏を迎えるにあたって、素敵な儀式をしたいと思うんですけど!」(藤澤)とスタートした「サママ・フェスティバル!」では大森&藤澤が水鉄砲を発砲させながら客席を練り歩くサプライズも飛び出し、ライブはいよいよクライマックスへ。夕闇に包まれビビッドな照明が映える時間帯になると、「うブ」や前回のツアーでも披露された未音源化曲「WHOO WHOO WHOO」で狂騒感を引っ張り出し、オーディエンスのシンガロングをも引き連れながら「In the Morning」のドラマティックなサウンドを豊かに鳴らしきった。「懐かしい曲、やってもいいですか?」(大森)という言葉のあとに披露されたのが昨年リリースの「愛情と矛先」(1stフルアルバム『TWELVE』収録)だったことには正直驚かされたが、たった1年でさえもはるかに長く感じられるほど濃密な日々を、彼らは過ごしてきたということだろう。そして、新曲「WanteD! WanteD!」の披露や「メジャーデビュー3年目のMrs. GREEN APPLEもよろしくお願いします。ブッかましていくからね?」(大森)という頼もしい宣言もあったアンコールで、突如、言葉を溢れさせるように大森が話し始めた。

Mrs. GREEN APPLE 撮影=ウチダ アキヤ

Mrs. GREEN APPLE 撮影=ウチダ アキヤ

Mrs. GREEN APPLE 撮影=ウチダ アキヤ

Mrs. GREEN APPLE 撮影=ウチダ アキヤ

中学生の頃から既に音楽を仕事にするつもりだったため、学校に行かず、家でひたすら曲作りをしていたこと。やりたいことが決まっていたがゆえにそのような選択をしたものの、学校に行っていなかった事実に対して劣等感を抱いていたこと。そしてそれは、メジャーデビューしても拭えなかったのだということ。「(周囲の人へ)感謝を返していこうだなんて綺麗事を言うつもりはないけど……みなさんに与えられたこの環境を楽しんでいこうと思ってます」と語る彼は、「今の状況がずっと続くわけではない」と相変わらずシビアな視点を持ち合わせている。しかしだからこそ、大森元貴というボーカリストは唄い続けるのだろうし、ミセスが鳴らす“今”は何よりも眩しくなりえるのだ。

Mrs. GREEN APPLE 撮影=ウチダ アキヤ

Mrs. GREEN APPLE 撮影=ウチダ アキヤ

この日の最後に届けられたのは、人と人との出会いの尊さを唄う「我逢人」。長い長いお辞儀を終えたあと、声を揃えて「以上、Mrs. GREEN APPLEでした!」と挨拶し、5人は去っていったのだった。


取材・文=蜂須賀ちなみ 撮影=ウチダ アキヤ

Mrs. GREEN APPLE 撮影=ウチダ アキヤ

Mrs. GREEN APPLE 撮影=ウチダ アキヤ

セットリスト
ゼンジン未到とロワジール~東京編~ 2017.7.15  日比谷野外大音楽堂
1.StaRt
2.リスキーゲーム
3.アンゼンパイ
4.ナニヲナニヲ
5.HeLLo
6.Oz
7.Speaking
8.VIP
9.WaLL FloWeR
10.CONFLICT
11.No.7
12.ノニサクウタ
13.On My MiND 
14.サママ・フェスティバル!
15.Just a Friend
16.うブ
17.WHOO WHOO WHOO
18.In the Morning
19.愛情と矛先
20.庶幾の唄
[ENCORE]
21.WanteD! WanteD!
22.我逢人

 

リリース情報
5thシングル「WanteD! WanteD!」
8月30日(水)発売
初回盤:(CD+DVD)¥1,700(税抜価格)+税 UPCH-89356
Mrs. GREEN APPLE「WanteD! WanteD!」初回盤

Mrs. GREEN APPLE「WanteD! WanteD!」初回盤


通常盤: (CD)¥1,200(税抜価格)+税 UPCH-80477
Mrs. GREEN APPLE「WanteD! WanteD!」通常盤

Mrs. GREEN APPLE「WanteD! WanteD!」通常盤

【CD】
1. WanteD! WanteD! カンテレ・フジテレビ系 火9ドラマ「僕たちがやりました」オープニング曲
2. On My MiND 日本テレビほかアニメ「ナナマル サンバツ」オープニングテーマ
3. 光のうた
【DVD】
「WanteD! WanteD!」Music Video
「WanteD! WanteD!」Music Video Making
「MGA MEET YOU TOUR」 at 東京国際フォーラム ホールA on 19th May, 2017より
Lion / おもちゃの兵隊 / 鯨の唄 / サママ・フェスティバル! / StaRt

  

シェア / 保存先を選択