「優しさってすごくかっこいい」 LACCO TOWERが新作『遥』を生み出すまでの葛藤と見出したもの

インタビュー
2017.8.18
LACCO TOWER・塩崎啓示、松川ケイスケ 撮影=風間大洋

LACCO TOWER・塩崎啓示、松川ケイスケ 撮影=風間大洋

画像を全て表示(8件)

日本語の行間の美学――“言わずもがな”を美学としてきたLACCO TOWERが少しずつ変化し始めている。2度目の起用となるアニメ『ドラゴンボール超』エンディング主題歌の「遥」では、初めて外部プロデューサーとして亀田誠治を迎え、J-POPのフィールドでも戦える強度のある曲を完成させた。そして、その言葉をタイトルに冠したメジャー3rdアルバムでは、これまであまり見せなかった、弱みをさらけ出すことができた人への快哉、他者と自分との掛け替えのない関係など、人間の心のもっとも柔らかい部分に触れる優しい曲、歌であふれているのだ。
ケレン味たっぷりに激しくリスナーを揺さぶる彼らももちろん存在しつつ、より自分を開いてみせる強さも伺えるニューアルバムについて、松川ケイスケ(Vo)と塩崎啓示(Ba)に話を聞いた。

――曲調は様々ですけど、人の心の一番柔らかい部分に触れる楽曲が一番多いアルバムになったのかなと思いました。どういうところから始まりました?

松川:前のミニアルバム『薔薇色ノ怪人』を作るぐらいからそうだったんですけど、ワンマンライブで黒の部と白の部を分けたみたいに、楽曲にもそういう側面があるなっていうことを、なんとなく自分たちでも意識していて。『薔薇色ノ怪人』っていうのは我々のチャレンジもあって、どうせやるならコントラストはっきり見せた方がいいよねっていうことでタイトルからアートワークから、黒の方にいっぺん振ってみたことで出来上がって。だから、今度は逆に思いっきり白の方に振ってみようって思いもあるにはあったんですけど、どちらかというと“ガワ”ってどうでもよくなったっていうのが、今回いろんな経緯を経て感じてるところです。作品の内容だったり、書いてることにある程度芯があってブレないんであれば、振れ方はどうでもいいかなという、吹っ切れた部分があったりして、その辺が顕著に出たかなぁというふうには思います。

――LACCO TOWERに初めて触れる人は、黒とか白とか何を言ってるのかな?と思うかもしれませんが(笑)。

松川:(笑)。僕らはBPMが早かったりギターのエッジが効いてたり、書いてる内容が多少エグかったりとかっていう意味でのちょっと黒っぽい感じの曲と、BPMも比較的緩やかでどちらかというとメジャー感のある、いわゆるバラード寄りというか、音も軽やかに聴いてもらえるような楽曲とがここ最近、両極端に分かれて来たなぁっていうのもあって。バンド内ではよく「黒っぽい曲」「白っぽい曲」みたいな言い方をするんですけど。

――ちなみに前回のフルアルバム『心臓文庫』では、歌詞を書く前に松川さんが短編小説を書いたって話でしたけど、今回は?

松川:あ、書きました。前回は誰に見せるわけでもないのに、自分が読んで来た小説っぽく書こうとか、誰かに見せるように書こうって、どっかで思った書き方をしてたんですけど、今回はとにかく書きなぐって、人に見せられないような(笑)、量だったり内容だったりしましたね。そこから言葉が集まって来て歌詞にするっていう。かっこつけなくなったんですかね? 誰に見せるわけでもないんですけど。

――塩崎さんから見て松川さんの変化はいかがでしたか?

塩崎:ま、でもその…….。

松川:松川さん、結構無茶苦茶やったよね?(笑)

塩崎:キーボードの真一ジェットが「こういう感じでいくよ」って打ち込みを出してくれた時に、コード感とかビート感をみんなで探り合ってワチャワチャやるんです。で、それを少し捏ねたものを共有して、そこらへんから松川の歌詞が入ってくるんですけど、今回、できない時はほんとにできなくて。「これはどれに対してつけた歌詞?」みたいなのがいきなり上がって来たこともあって(笑)。それで逆に火をつけられましたね、こっちも。「歌詞先、来ちゃったよ、どうする?」みたいな(笑)。

LACCO TOWER・松川ケイスケ 撮影=風間大洋

LACCO TOWER松川ケイスケ 撮影=風間大洋

――完全な詞先じゃないとしても、歌詞のイメージが影響した曲もある?

松川:最後の「夕立」って曲は、サビにはこのメロディを使いたくて、そこと前後は適当にジャガジャガ弾いたものに歌詞つけて最初に上げて、そうしたらあとは真一が上手いことやってくれるだろうっていうのもあったんですけど、ただもうここだけは変えたくない真ん中のラインがあった。「生きてる意味があるとするなら それはきっとあなたでした」っていうところだけは最初から変わってないですね。

――すごく本当のことだし大事なことだし真実なんだけど、それを大仰にやると嘘に聞こえる場合もあるじゃないですか? でもそれをあえて遠慮しないアレンジで表現していて。

松川:ああ、そうですね。そこももしかしたら変にアレンジでカッコつけて、「実は……」みたいなのより(笑)、もうこれだけ5人で一緒にやってきて、LACCO TOWERっていうものを自分たちも周りから改めて意識させられたり、自分たちでも気づいてなかったことを色々気づいたりっていうタイミングが、メジャーに来てから結構あったりしたので。なんのために自分たちは日本語ロックっていうのを歌ってるんやろ?とか、そういうことを考えていくと、もっとバンドも正直でないといけないような気もしていて。ひたむきにもう一回向き合ってみるっていうことが、日本語でロックをこれからもやり続けていけるか、自分たちへのテストのような気もしてて。これに落ちたら、そこまでの個性というか芯がなかったというだけの話だと思うんですけど。だからある意味、怖いっちゃ怖いですけど。

――その、言われてみてそれが個性なんだなと気づいたのはいつ頃、どういう要素が大きいんですか?

塩崎:今回、初めて外部のプロデューサーとして亀田さんに入ってもらったのはすごく良いきっかけになったというか。自分たちって自分たちでしかないから、LACCO TOWERが出せばLACCO TOWERっていうことはもちろん思ってたんですけど、変に自信過剰に思ってしまっていたというか、凝り固まった部分を、亀田さんが入って見直してもらって、少し手を加えてもらっただけで、意外と「あ、そうだったんだ」って気づけた部分がかなりあって。で、逆にいいものはいいんだってすごく自信にもなったんで、今回はそこがこのアルバムのキーというか、一番のきっかけになりましたね。

LACCO TOWER・塩崎啓示 撮影=風間大洋

LACCO TOWER・塩崎啓示 撮影=風間大洋

――そもそも「遥」で亀田さんに共同アレンジャーとプロデューサーに入ってもらおうというのは誰からのアイディアなんですか?

塩崎:亀田さんにこちらから「お願いします」と言ったというよりは、いろんなご縁があってのきっかけだったんですけど。でも実際、亀田さんの楽曲って僕らが今まで自然と聴いて来た音楽だったし、全く知らない人が入るよりはイメージしやすかったというか。亀田さんだったら、っていう。とはいえ、自分らが貫いて来たものをいじられる恐怖もちょっとあったんですけど、すごく物腰柔らかくて。最初に色々「どういうスタンスでやってたの?」ってカウンセリングみたいなことをしてくれて、「じゃあせっかくだし、みんなで一緒に録ってみるのはどうかな?」とか、意外とやってるようでやってなかったこともやりましたね。だからそういう部分ではかなり勉強になりました。

――お二人にとっては亀田誠治ワークスといえばなんですか?

松川:僕は東京事変かな。東京事変が僕、唯一、バンドの中で好きなバンドで。普段そんなに音楽を聴かない方なんですけど、東京事変はほんとによく聴いてたので、僕はプロデューサーの亀田誠治さんというよりは、東京事変のイメージが強いですね。

塩崎:東京事変もそうですけど、椎名林檎さんとかDo As Infinityとか、亀田さんの曲にはベーシストとしてコピーしたくなるような曲がめちゃくちゃあって。なのでベーシストとしてこれは結構、名誉なことだなと思ったし、でもベースのことよりも全体を見てくれてる人なんで、意外なところもありましたね。例えば「ベース、これ全然ダメだよ」って一番厳しく言われるかと思ったんですよ。亀田さんもベーシストだし。でも実際には目線が違うというか、全体を見て、言ってくれる感じ。プロデューサーを入れたのは初めてなんですけど、「あ、こういうことなんだ」って思えたんですよね。

――「遥」って曲は……まぁJ-POPの概念も変化してますけど、J-POPって言っちゃっていいんじゃないかと。

松川:うん。ありがとうございます。

――王道なんだけどLACCO TOWERにしか書けない強さがあるなと思って。それがしかも自然だなと。なんなんでしょうね? この自然さの理由は。

松川:ああ、アルバム通して今回、前作と全然違う感覚がとしては力が入ってない感じがしてて。何かに中指を立てたりとか、「予定調和はくだらない」とか最近いろんなところで見るんですけど、なんかね、噛み付いたり、何かに敵対したり、対象があってそれに向かって何か言うことはものすごくパワーがいると思うんですけど、なんかもう自分自身、それをあまりかっこよくないと思えて来てしまって。何かを受け入れた上で全部ひっくるめて、許してあげたりとか、自分がなんとかするから大丈夫だよって言ってあげることのかっこよさって「すげえな」って、最近思うんですよね。「昔のパンクの人ほど優しい」じゃないですけど(笑)、優しさってすごくかっこいいなと最近思うようになってきて。アルバムを作るにあたっても自然とそういう空気が今回――僕らまだまだですけど、その匂いがするぐらいの感じを出せ始めてるんであれば、それこそ遥か彼方までバンドがちゃんと音を鳴らして行けるような世界を作れるんじゃないかな?みたいな感覚がちょっとあって。

LACCO TOWER・塩崎啓示、松川ケイスケ 撮影=風間大洋

LACCO TOWER・塩崎啓示、松川ケイスケ 撮影=風間大洋

――なるほど。収録曲の話をすると「喝采」みたいな曲を聴いていると、昨今、自分が辛いということを言えずに最終的に亡くなっちゃう人もいるので、この曲はすごく泣けました。意味は違うかもしれないけど。

松川:いえいえ。それは僕自身にも書いた曲でもあって。……5月ぐらいですかね?ほんとに外に出れなくなった時期があって、人に会いたくなくなったんですよ(苦笑)、全く。その時に初めてメンバーに「もうダメやと思う」みたいなことを、今までは喉壊したりして、みたいなのは一回、二回あったんですけど、ある意味で純粋な弱音を吐いたのはその時期初めてだったりして、それでできた曲だったりもしたんです。なのでそこでシンパシーを感じていただいたのはすごく嬉しいですけど。

――よく出てこれましたね。

松川:ははは。そうですね、まだリハビリ中ですけど。

――でもライブはできるから、ライブって不思議なものですね。

松川:不思議ですね、ほんとに。

――大変だけどかけがえのないフロントマンなんじゃないですか?

塩崎:そうですね。まぁ、ああいう風にバーン!と落ちたのは初めてですけど。でもそれまでちゃんと責任を持ってやってくれてたところで、「あ、初めて人間ぽいところ見れた」と。だから、逆にこういう機会がないと考えることなかったんですよ。「喝采」ってみんなの精神状態も結構ギリギリのところで生まれた曲なので、ほんとに(松川の)自分の歌でもあると思うんですけど、僕らにも歌ってるような気もするのですごく好きな曲なんですよね。

LACCO TOWER・松川ケイスケ 撮影=風間大洋

LACCO TOWER松川ケイスケ 撮影=風間大洋

――バンドによっては作詞してる人にしか真意はわからない場合もあるかもしれないけど、そうじゃないから……こういう言い方をすると失礼かもしれないけど、皆さんが健気に見えるんですよ。

松川:(笑)。いや、ほんとそうなんですよね。「俺について来い」タイプじゃないんですけど、こないだライブでそう言ったんですよ。「一緒に頑張ろう」っていうのが、ある意味情けない気がしてきて。なんか嘘とわかってもいいし、「強がってる?」ってわかってもらってもいいんですけど、せめて口だけではそういっとかなきゃいけないんじゃないか?と最近思いだして。結果として出てきてる作品とは差異があるのかもしれないんですけど(笑)、その健気さを感じていただければ、自分と重ねていただいたり、こんな弱いロックバンドっているんだと思ってもらったり、なんでもいいんですけど、そういうバンドでありたいなぁと最近は思えますね。

――活躍してたり注目されてる人って、さらけ出してるんでしょうね。

松川:本当、そんな気がします。5月に外に出られなくなった時は、4月の末に我々が1年に一回地元でやってる『I ROCKS』っていう僕らにとっては大きなフェスがあって、そこの真ん中でマイクを持って何か喋ってる自分と、本質的に実際の自分ていうのにギャップを感じたんですよ。「あんなに強くないよね」、「そんなんで人前に出てもいいのか?」って思ううちに、どんどんさっきも言ったような状態になっちゃったんです。僕らなんか、規模はまだまだ小さいと思うんですけど、いろんな方がいろんなところでどんどん自分に正直になっていくっていうのは、そこのバランスを取るためなんだろうなと今回思いました。

――それは人間の防衛本能なのかもしれないですね。曲の話に戻りますが、「純情狂騒曲」は日本のゴシックだなと思って。

松川:あれ作った時、結構、真一ジェットが精神状態がキワッキワな時で(笑)。出てきた時、ほんま、あいつ頭おかしなったん?って。

塩崎:こういう曲って無かったわけじゃないし、ちょっと不可思議な……キーが変わったり転調したり戻ったり。だけど多分、「こうきたら面白い」を突き詰めたらこうなったと思うんですけど、普通のまっすぐなAメロ、Bメロ、サビみたいな曲ではないので。真一ジェットが自分でも言ってるんですけど、そういうゾーンに入るとマニアックなものになるから、「これはやりすぎかな?」みたいなことで提示してくるんです。これはほんとにアルバムに入るのかどうかわからないようなデモだったので(笑)。でも可能性を感じれたんですよ。そうしたら思いの外、早い段階の3曲目に出てくるっていう(笑)。

――そして「葉桜」は「薄紅」の次の季節の曲なのかな?と。

松川:その通りです。僕の家の前が桜並木がバーっと並んでるところで、ちょうど曲ができたころ、葉桜になってたんで、それ見ながら書いたみたいな感じなんですけど(笑)。

LACCO TOWER・塩崎啓示 撮影=風間大洋

LACCO TOWER・塩崎啓示 撮影=風間大洋

――「夜鷹之星」は宮沢賢治は関係してますか?

松川:モチーフではないですけど、はい。

――宮沢賢治の「よだかの星」は存在意義というか求心的な物語ではあるけど。

松川:うん。ま、なんかその言葉の並びが好きだったっていうのもありますね。曲の雰囲気にもぴったりあったんで。

――この歌詞こそ、素直であることの難しさを歌ってます。

松川:そうですね。

――後はブラストビートで激しいのに内容は優しい「火花」とか。

松川:ははは。結構言葉遊びを意識しましたね、それは。内容、優しいですね(笑)。

――曲調とかアレンジのバリエーションが楽しく聴けるし。

松川:うん。ほんと今回思ったのは、さっきも言った通り、手法は結構何でもいいのかな?ということで、我々が鳴らしてるものなら180度違うものにはならないし、やっぱり大事なのはどこに根っこがあって、そこからどこに広がってるのかだなと思って。最初にどこかの入り口から入ってもらって、どんどん入っていくと「あ、こういう部屋だったんだ」みたいな風に感じてもらうのが我々っぽいのかなと。

――後は泣ける感じで進んでいくのかな?と思ってたら期待通り道ならぬ恋を描いた「夕顔」みたいな曲もあり、ドラマチックですよね(笑)。

松川:それは早かったですね、詞を書くのは。得意なんでしょうね、そういうのが(笑)。

塩崎:ずっと三拍子の曲はあまりなくて、だいたい戻ったり変拍子にしがちなんですけど、(この曲は)最後まで行こうと思って。そういう歌……ま、不倫の歌ですけど(笑)、哀愁のあるメロだったんで、これもイメージが湧くのは早かったですね。

――リリース後にはリリースツアーも始まります。全部ワンマンなんですね。

松川:ワンマンツアーでそれだけ回るのは、意外と初めてだったりするんですよ。『黒白歌合戦』とかも経た後のワンマンツアーなので、新譜はもちろんですけど、より今のどっしり構えてる僕らをちゃんと――やっぱリリースツアーって、お祭り感もちょっとあって新しいのを聴くことに価値があるみたいなところもあるんですけど、それ以上のものを全部残していけるようなワンマンにできればなという風にに思ってるんです。

――そしてファイナルの東京はZepp DiverCity Tokyoですがどんなライブにしたいですか?

塩崎:“フィナーレ”ってつけたのは、各地に思い出があって、それまでのことも踏まえた意味もあるし、“これから”という意味ではDiverCityでしか見れない今のLACCO TOWERになると思うんですよ。このアルバムが起点となって、未来に向かってもう一回ちゃんと一歩一歩強く歩いていくよっていう一日と言いますか、それぐらい大事な一日になると思います。その姿で、今後もこの日のライブのことを語ってもらえるような、本当に今のLACCO TOWERのでっかい一歩にしたいですね。


取材・文=石角友香 撮影=風間大洋

LACCO TOWER・塩崎啓示、松川ケイスケ 撮影=風間大洋

LACCO TOWER・塩崎啓示、松川ケイスケ 撮影=風間大洋

リリース情報
メジャー3rdアルバム『遥』
2017年8月23日(水)発売
『遥』

『遥』

・商品番号:COCP-40093
・価格:¥3,000+税
・収録曲:「遥」(フジテレビ系TVアニメ「ドラゴンボール超」エンディング主題歌)他、全10曲収録

フルサイズ先行配信中!!
・dヒッツ
http://rd.music.docomomarket.ne.jp/dhits/laccotower/170802/
・レコチョク
http://recochoku.jp/song/S1005420636/?affiliate=4313010001

 

イベント&ライブ情報
LACCO TOWER「遥」発売記念イベント
◆8月24日(木)
タワーレコード福岡パルコ店 店内イベントスペース
19:30 START(19:00集合)
アコースティックミニLIVE&サイン会(出演:松川ケイスケ、真一ジェット)
◆8月26日(土)
タワーレコード梅田NU茶屋町店6Fイベントスペース
13:00 START(12:30集合)
アコースティックミニLIVE&サイン会(出演:松川ケイスケ、真一ジェット)
◆8月26日(土)
タワーレコード名古屋パルコ店 店内イベントスペース
19:00 START(18:30集合)
アコースティックミニLIVE&サイン会(出演:松川ケイスケ、真一ジェット)
◆8月27日(日)
タワーレコード新宿店 7Fイベントスペース
12:00 START(11:30集合)
アコースティックミニLIVE&サイン会(出演:LACCO TOWER)
◆8月28日(月)
タワーレコード仙台パルコ店 店内イベントスペース
19:30 START(19:00集合)
アコースティックミニLIVE&サイン会(出演:松川ケイスケ、真一ジェット)
※ご参加方法、ご注意事項はこちらよりご確認ください。
http://columbia.jp/artist-info/laccotower/live/

LACCO TOWERワンマンツアー「遥なる軌跡」
9月17日(日) 仙台MACANA
公演名:LACCO TOWERワンマンツアー「遥なる軌跡」~遥なる仙台~
9月24日(日) 新潟CLUB RIVERST
公演名:LACCO TOWERワンマンツアー「遥なる軌跡」~遥なる新潟~
10月1日(日) 梅田CLUB QUATTRO
公演名:LACCO TOWERワンマンツアー「遥なる軌跡」~遥なる梅田~
10月8日(日) 福岡Queblick
公演名:LACCO TOWERワンマンツアー「遥なる軌跡」~遥なる福岡~
10月15日(日) 名古屋CLUB QUATTRO
公演名:LACCO TOWERワンマンツアー「遥なる軌跡」~遥なる名古屋~
10月21日(土) 高崎clubFLEEZ
公演名:LACCO TOWERワンマンツアー「遥なる軌跡」~遥なる高崎~
10月28日(土) Zepp DiverCity Tokyo
公演名:LACCO TOWERワンマンツアー「遥なる軌跡」~遥なるフィナーレ~
全公演
開場:17:00 / 開演:18:00
前売:¥3,800(税込)

SPICE先行 受付中
受付期間: 2017/8/18(金)17:00~2017/8/24(木) 23:59
 
シェア / 保存先を選択