『ULTRA JAPAN 2017』特集② カイゴ、ポーター・ロビンソン、ティエストまで

動画
特集
2017.8.11

画像を全て表示(2件)

第1弾に続き、今回も『ULTRA JAPAN 2017』のラインナップからカイゴやティエスト、スティーヴ・アオキにカール・コックス、ポーター・ロビンソンら8組のアーティストを選定。彼らのアンセムを紹介します。

9月16日(土)、17日(日)、18日(月・祝)の3日間にわたって開催される『ULTRA JAPAN 2017』。

ザ・チェインスモーカーズやエンパイア・オブ・ザ・サン、アレッソらのアンセムを振り返った第1弾特集に続き、今回はカイゴやポーター・ロビンソン、ティエストなど8組の出演者たちの名曲をピックアップしました。

 

Kygo(カイゴ)


ノーベル平和賞の受賞記念コンサートやリオオリンピックの閉会式でプレイするなど、近年躍進目覚ましいトロピカルハウスの貴公子が、『ULTRA JAPAN 2016』での初来日に続き再び!

今年リリースされたこの曲は女優/歌手でInstagramの女王でもあるセレーナ・ゴメスをボーカルに迎え、アコギやピアノ、フルートなどの生音が織りなす癒やしのトロピカルハウスです。

壮大&ドラマチックなサウンドはフェスとの相性も抜群! 

 

Porter Robinson(ポーター・ロビンソン)


先日25歳の誕生日を迎えたEDMシーンの若き旗手ポーター・ロビンソンが、2月に行われたマデオンとの来日公演に続いて早くもカムバック。

本作はそのマデオンとのコラボ曲で、哀愁たっぷりなエレクトロハウスに仕上がっています。ポーターのライブといえばキーボードやドラムパッドを駆使し、生歌を披露することも。

果たして今年初登場となる『LIVE STAGE』でどんなパフォーマンスを見せてくれるのか気になります!

 

Tiësto(ティエスト)


昨年8年ぶりとなる来日を果たしたトランス〜EDMシーンの重鎮ティエストが、なんと2年連続での『ULTRA JAPAN』出演。

本作は彼の同郷、オランダの若き俊英マーティン・ギャリックスとのビッグコラボで、フロア直撃のプログレッシブハウス。

すでに世界中のビッグフェスでプレイされ、各地で大盛り上がり。『ULTRA JAPAN』でも必ずやプレイされることでしょう。

 

Steve Aoki(スティーヴ・アオキ)


日本とも縁の深いパーティモンスター、スティーヴ・アオキですが、意外にも?『ULTRA JAPAN』は今年が初出演。

先日リリースされた最新アルバム『Steve Aoki Presents Kolony』では全編ヒップホップサウンドに挑戦していましたが、こちらはその収録曲で、ラッパーの2チェインズとダブズを迎えたヒップホップ〜トラップサウンドに。

オーディエンスにケーキを投げたり、ボートで観客のもとに乗り出したりとクレイジーなパフォーマンスでも有名なアオキ、本祭でもきっとアゲてくれるはず!

 

Carl Cox(カール・コックス)


スペインのパーティアイランド、イビサのアワードや『mixmag』、『RA』などのランキングで常に上位に君臨し続けるイギリスのハウス/テクノ・レジェンド、カール・コックス。

マイアミの本家「UMF」では10年以上前から自身の名を冠したステージ「Carl Cox & Friends」を率いてきた、重鎮がいよいよ「ULTRA JAPAN」に初登場。

ファンキーなグルーヴでお台場を揺らしてくれるでしょう!

 

Don Diablo(ドン・ディアブロ)


近年注目を集めるフューチャーハウスシーンの代表的アーティストのひとりがドン・ディアブロ。

こちらは今年のマイアミの『UMF』で披露された楽曲で、ディスコライクなシンセがまばゆい多幸感たっぷりな一曲。

初出場となる『ULTRA JAPAN』でみせるパフォーマンスに期待です!

 

Stephan Bodzin(シュテファン・ボッツィーン)


2000年代なかばから活躍しているドイツ出身のテクノDJシュテファン・ボッツィーン。

彼は自身をMELODY MANと形容していますが、そのサウンドはその名の通り、テクノのダークさとトランスにも近いメロディアスさが同居しています。また、ライブパフォーマンスにも定評があり、その実力は2016年には『Resident Advisor』が選ぶライブアクトトップ40で3位に選ばれるほど。

今回は初の『ULTRA JAPAN』でどんなステージを披露してくれるのか注目です。

 

Nick Martin(ニック・マーティン)


2015年から現在の名義で活動をスタートし、昨年リリースされたシングル“Looking For Love”などがきっかけで注目を集めているギリシャ出身のハウスプロデューサー。

もともとはアンダーグラウンドなハウスやテックハウスのDJとして活躍していたそうで、ハウスの高揚感を引き出したエレクトロ〜プログレッシブハウスを発表しています。

フィメールDJタイガーリリーをボーカルに迎えた本作はフェスにぴったり、アップリフティングな楽曲に仕上がっています。

 
この記事に興味を持ったらEDMをライフスタイルとして提案する総合ポータルサイト「EDM MAXX」をチェックしてみよう! http://edmmaxx.com


Text by EDM MAXX編集部

イベント情報
ULTRA JAPAN 2017
●日程: 2016年9月16日(土)・17日(日)・18日(月・祝)
●会場: TOKYO ODAIBA ULTRA PARK (お台場ULTRA JAPAN特設会場 / 江東区青海)
●時間: 開場 10:00 / 開演11:00 / 終演21:00 (予定)
●主催・企画・制作: ULTRA JAPAN 2017実行委員会
●チケット: 販売中
・GA1日券: 13,000円(税込)
・GA3日通し券: 39,000円(税込)
・VIP1日券: 30,000円(税込)
※予定枚数に達し次第、受付終了となります。

 

 
シェア / 保存先を選択