【東京ゲームショウ2015】ジョジョの奇妙な冒険 アイスオブヘブン体験レポート

SPICER

画像を全て表示(3件)

絆をテーマにした3D対戦アクション

昨日は残念ながらプレイできなかった「ジョジョの奇妙な冒険 アイスオブヘブン」。今日は朝一で向かい、無事にプレイできたので、ここに速報レポートをお届けしよう。

本作は漫画「ジョジョの奇妙な冒険」に登場するキャラクターが一堂に会して戦う3D対戦アクション。戦闘では360度自由に動き回れる立体的なフィールドを駆け回ることが可能だ。また、本作は絆をテーマにしており、2対2のタッグシステムを採用している。

今回試遊台で選べたキャラクターは空条承太郎 花京院典明 ジョセフジョーター(2部) カーズ ディオブランドー ンドゥールの6人。主人公からラスボスまでそうそうたるメンツの中で何故ンドゥールなのかスタッフの方に聞いてみたところスタッフさんもよくわからないらしい。そんな中私は個人的に大好きなジョセフと、パートナーにしたら遠距離からひたすら援護してくれそうなンドゥールを選択。

一戦目はカーズ・ディオペアとの対戦。よくルールがわかっていなかったため、スタッフさんの丁寧なチュートリアルを受けつつ遊んでみた。□ボタンは一定回数コンボがつながる弱攻撃で、△ボタンは単発の強攻撃となっているので、□と△の組み合わせで適当にプレイしていてもコンボで大ダメージを与えられる仕様で楽しく動かせた。また、1戦目のステージは階段で1階2階を行き来する高低差のあるマップ。360度自由に動き回れ、ジャンプで2階から一気に1階まで行ける仕様により、かなり自由に立ち回れるゲームなんだなと感じた。

冒頭会話シーンでンドゥールと花京院の専用掛け合いが発生して、少しうれしくなった中始まった2戦目、ここまで弱攻撃と強攻撃のみで攻略していた私を見かねたスタッフさんが必殺技とデュアルコンボの存在を教えてくれた。必殺技は時間で回復するゲージを消費して使えるもので、通常よりも威力の高い攻撃や、特殊な効果を持った技を打てるもの。これらは一つ一つの技ごとにゲージがあり、ゲージ回復もそこまで遅くはないため、結構自由なタイミングで使っても大丈夫そうだ。デュアルコンボはタッグを組んだキャラクターと同時に攻撃できるもの。このほかにも発動後、一定数攻撃を当ててゲージをためると強力なタッグ攻撃を行えるデュアルヒートアタックや、タッグが死亡したときにパワーアップできる受け継がれる意志なんてものもあるらしい。絆をテーマにした本作らしいシステムだろう。ただし、自分が死ぬと敗北なので、注意したい。また、タッグは交換できたりもしないので、時には味方を盾に体力を温存することも必要になるかもしれない。

そんな感じで2戦行い、プレイ終了。ジョジョ特有のセリフ風攻撃演出に、爽快感のあるコンボ要素が加わって、とても気持ちいいプレイ感のあるゲームだった。プレイ終了後はキャラクターイラストの印刷されたデザインバッジをくじびき形式で引けるので、忘れずに引いておこう。ちなみに私が引いたバッジは岸辺露伴だった。

その後、別ライターが承太郎・花京院ペアで遊んでみたところ、技が専用のものに変化したらしい。今回は6人だけだったが、製品版でキャラクターが増えた後は、どのような組み合わせで専用技があるのか、話の垣根を超えて専用タッグなどがあるのかを探すのも楽しいかもしれない。

イベント情報
東京ゲームショウ2015

 日時:9月19日~20日
 会場:幕張メッセ(千葉県千葉市美浜区中瀬二丁目1)
 
シェア / 保存先を選択