舞台「青の祓魔師」島根イルミナティ篇 キービジュアル解禁

ニュース
動画
2017.8.14
 (C)2017加藤和恵/集英社・舞台「青の祓魔師」プロジェクト

(C)2017加藤和恵/集英社・舞台「青の祓魔師」プロジェクト

舞台『青の祓魔師(エクソシスト)』の新作公演となる「島根イルミナティ篇」のキービジュアルが解禁された。

今回のビジュアルには、 4人のキャラクターが登場。 燐・雪男の奥村兄弟の後ろには装束をまとった出雲が。 さらにその背後には仮面をかぶったイルミナティ総帥・ルシフェルの姿が見え、 「島根イルミナティ篇」のカギを握る人物たちが揃ったものとなった。気になる他のキャラクタービジュアルは後日公開予定。 

原作は、シリーズ累計発行部数1700万部突破の加藤和恵(集英社「ジャンプスクエア」連載、既刊19巻)原作による同名コミック。魔神(サタン)の血を引く奥村燐が、過酷な運命に抗い、双子の弟・雪男や仲間とともに悪魔を祓う祓魔師を目指す学園ダークファンタジー。華麗なビジュアルと仲間たちとの友情や衝突、親子・兄弟の絆と葛藤が描かれたストーリーは、幅広い世代から大きな支持を得ている。2011年にテレビアニメ化、2012年に劇場アニメ化、2017年にはテレビアニメ新シリーズ『青の祓魔師 京都不浄王篇』が放送され好評を博した。舞台化作品である『舞台「青の祓魔師」』も、2012年「魔神の落胤」、2014年「青の焔 覚醒編/京都 不浄王編」、2016年「京都紅蓮篇」と3作の上演を重ねてきた人気シリーズだ。

新作となる『舞台「青の祓魔師」島根イルミナティ篇』は、原作コミックス10巻から15巻にあたるエピソードを舞台化。前作同様、原作者・加藤和恵の協力のもと、エモーショナルな人間関係の描写と、殺陣やダンスを取り込んだダイナミックな演出を得意とする西田大輔が想いを込めて『青の祓魔師』の世界を余すことなく表現する。

東京公演は2017年10月20日(金)~29日(日)にZeppブルーシアター六本木にて、神戸公演は11月2日(木)~5日(日)に新神戸オリエンタル劇場にて上演される。

公演情報
舞台「青の祓魔師」島根イルミナティ篇​

【東京公演】
日時:2017年10月20日(金)~10月29日(日)
会場:Zeppブルーシアター六本木
【神戸公演】
日時:2017年11月2日(木)~11月5日(日)
会場:新神戸オリエンタル劇場

原作・脚本協力:加藤和恵(集英社「ジャンプスクエア」連載)
脚本・演出:西田大輔

<チケット>

オフィシャルHP先行8月15日(火)18:00 受付開始
申し込み期間:8月15日(火)18:00~8月22日(火)18:00
申し込み方法や公演スケジュールは公式サイト http://www.ao-ex.com/stage/ まで

9月16日(土)10:00~ 一般発売

公式Webサイト:http://www.ao-ex.com/stage/
シェア / 保存先を選択