沼倉愛美 1stライブツアー『My LIVE』 ツアーファイナル東京公演オフィシャルレポート到着

レポート
2017.8.21

沼倉愛美が8月20日(日)、1stライブツアーのファイナルとなる東京・ZeppDiverCity Tokyoでの公演を圧巻のパフォーマンスで締め括った。

大阪、名古屋に続いて3公演目、且つ最終日となる東京公演は1stシングル「叫べ」で幕を開けた。1曲目から超満員のオーディエンスのボルテージは一気に上がり会場はヒートアップ。続く「もっと一緒」で会場のテンションをさらに高めた所でMCを挟み、ミディアムナンバー「Smilimg&Smiling」を披露。次の曲は沼倉本人がライブで盛り上がることを想定して作られた「HEY!」。コール&レスポンスで会場の一体感がさらに高めた後は、爽快感溢れるミディアムナンバーの「Good Day」、さらにセンチメンタルな「Hello,Ms.Myself」を披露して会場はちょっぴりクールダウン。と思いきやエレクトロ系なイントロに合わせてダンサー4名が登場、衣装チェンジし再び登場すると得意とするダンスパートがスタート。幕開けは「Aniti-Gravity」、沼倉とダンサーのキレ味抜群のダンスに会場は興奮のるつぼに。さらに「Shining Days」「SpiralFlow」と畳み掛けるようにダンスチューンを連発しフロアを揺らしに揺らしまくった。

一転、バンドサウンドで聴かせるロックバラード「星の降る町」から「屋根上の朱い花」「言の葉」としっとりと聴かせて、ここで再びクールダウン。ライブも終盤に差しかかり本人からもこれからラストスパートとオーディエンスを煽ってから繰り出されたのは「Climber’s High!」、そこから「ハレルヤDrive」「My LIVE」という流れは本日最大級の盛り上がりを見せた。

ラストは本人の作詞による「暁」を心を込めて歌い上げ本編を終えた。

アンコールでは、まさにこの日の気分を表現したかのような「Good Day」を再び披露した後は、会場がみんなで盛り上がれる曲ということで「HEY!」を披露。再びダンサーも登場しステージ上と客席がまさに一体となって盛り上がりラ
イブは幕を閉じた。

キレのあるダンス、アッパーなロックやしっとりとしたバラード、さらにはオーディエンスとの一体感を味わえるパーティーチューンまで、まさに玉手箱のようなエンターテイメント性の高いライブパフォーマンスを1stソロライブで見せつけた沼倉愛美は今後どのように進化を遂げるのか?期待だけが膨らむ圧巻の2時間であった。

セットリスト
2017.8.20(Sun)Zepp DiverCity Tokyo 沼倉愛美 LIVE TOUR 『My LIVE』​

1. 叫べ
2. もっと一緒
3. Smiling & Smiling
4. HEY!
5. Good Day
6. Hello, Ms. Myself
7. Anti-Gravity
8. Shining Days
9. Spiral Flow
10. 星の降る町
11. 屋根上の朱い花
12. 言の葉
13. Climber’s High!
14. ハレルヤDrive!
15. My LIVE
16. 暁
<Encore>
E1. Good Day
E2. HEY!

 

シェア / 保存先を選択