“稲葉ジャパン”始動。 「アジア プロ野球チャンピオンシップ 2017」対戦カードが決定

ニュース
2017.8.25
「アジア プロ野球チャンピオンシップ2017」で初陣を飾る稲葉篤紀新監督

「アジア プロ野球チャンピオンシップ2017」で初陣を飾る稲葉篤紀新監督

今年11月に開催される「アジア プロ野球チャンピオンシップ2017」。その対戦カードが発表された。出場チームはチャイニーズ・タイペイ代表、韓国代表、日本代表(侍ジャパン)の3チーム。三つ巴の争いでアジア・ナンバーワンの座を争うことになる。

同大会は2017年より新設される新しい大会で、今夏発足した稲葉篤紀監督率いる“稲葉ジャパン”の初陣でもある。日本はU-24(1993年1月1日以降うまれ)または入団3年目未満のメンバーと3人のオーバーエイジ枠で構成される若いパワーで臨み、3年後へ弾みをつけたいところ。08年北京五輪、09年、13年のWBC日本代表をはじめ、数々の代表実績を誇る新指揮官は、一体どのような采配を行うのか。注目が集まる。

侍ジャパンは11月16日(木)に韓国代表と、18日(土)にチャイニーズ・タイペイ代表と試合を行い、上位2チームが翌日の決勝戦へ駒を進めることになる。2020年へ向け、若き侍たちが躍動する姿を見せてくれるだろう。

イベント情報
アジア プロ野球チャンピオンシップ 2017

 日時:2017年11月16日(木)~19日(日)
 会場:東京ドーム
 出場チーム:チャイニーズ・タイペイ代表、韓国代表、日本代表(侍ジャパン)
シェア / 保存先を選択