YOSHIKI ハリケーンで洪水被害の米テキサス州へ25,000ドル寄付

ニュース
2017.9.1
YOSHIKI

YOSHIKI

ハリケーン「ハービー」により甚大な被害がもたらされたのアメリカ/テキサス州へ、YOSHIKIが自身の運営する米国非営利公益法人501(c)(3) 「YOSHIKI FOUNDATION AMERICA」を通じて米・赤十字に25,000ドルの寄付をした。

現在YOSHIKIは、 名古屋、 大阪、 東京3都市で、 年に1度の『EVENING WITH YOSHIKI 2017』公演の真っただ中。8月26日と27日の名古屋公演を終え、大阪への移動中に今回のハリケーンの報道を目にしたYOSHIKIは、過去に例がないといわれるほどの大雨により今後も被害が拡大するおそれがあるというテキサス州の状況を知り、自身のセカンドホームであるアメリカに何かできる事はないかと急遽関係者と協議の場を設け、寄付の決定を行なったという。また、YOSHIKIはテキサス在住の友人も多く、国際電話で友人達の安否や現地の状況を確認していたそうだ。 

壊滅的な洪水被害に直面し、今支援を必要としている人に向けてYOSHIKIは「アメリカに住む僕にとっては、 とても他人事とは思えない出来事でした。テキサス州で今苦しい状況と闘っている多くの方々へ、 ほんの少しでも力になる事ができるならと思います」とコメントしている。 

米国非営利公益法人501(c)(3)「YOSHIKI FOUNDATION AMERICA」では、 これまでに2011年 X JAPANのラストライブで使用した自らのクリスタルピアノを震災直後復興支援のためにチャリティーオークションへ出品し、 落札金額11,001,000円を義援金として送ったことに始まり、 X JAPANのa-nation出演の際の出演料を全額寄付、 2015年 にはX JAPANとして被災地、 石巻の震災復興ライブの収益金 28,289,358円を 「中央共同募金会」に全額寄付、 東北被災地の子供たちの支援に使用された。 また2016年熊本地震の際は10,000,000円の義援金を送るなど、 その他にもメイクアウィッシュ財団、 米ポインツ・オブ・ライト財団、 米グラミーファンデーション、 一番最近では will.i.amが運営するチャリティ財団I AM ANGELへの寄付等、 多方面に継続的な支援を行なっている。

シェア / 保存先を選択