咲妃みゆ、宝塚歌劇団退団後初のステージが決定!人気実力を兼ね備えた稀代のミューズが挑む、本格タンゴ!

ニュース
2017.9.8
咲妃みゆ

咲妃みゆ


すでにSPICEインタビューで明らかとされたとおり、今年2017年7月に惜しまれながら宝塚歌劇団を卒業した、元雪組娘役トップの咲妃みゆが、退団後初となるステージに登場する。人気実力を兼ね備えた稀代のミューズが挑むのは10月24日と25日に開催される『Concierto del Tango』と題されたコンサート。10月25日に発売されるタンゴのアルバム『Todos del Tango(タンゴのすべて)』のCD発売記念コンサートだ。咲妃もアルバム録音に参加し、宝塚歌劇団退団後初めての歌声が収録されている。

地球の裏側、 アルゼンチンで生まれたタンゴは、1920年代に欧州で大流行。洗練されたスタイル、退廃的なダンス、哀愁に彩られたメロディは日本でも多くのファンの心を掴んでいる。いまや日本はアルゼンチンについでタンゴのファンが多い国と称されるまでとなった。そこで日亜修好120周年の記念企画として行われるのが『Concierto del Tango』なのである。このコンサートはタンゴの代表作を、豪華なキャストともに日本最高のオルケスタの名演、激しく煌びやかなダンスも交えて届けられる、いわばタンゴ史上初のスペシャルなイベントとなる。

咲妃みゆ

咲妃みゆ

さらに、アルゼンチンのブエノスアイレスで8月に行われた「タンゴ世界選手権」ステージ部門おいて見事に優勝を果たしたアクセル・アラカキの出演も話題を呼んでる。超絶のタンゴ・ダンスを生で目撃できる非常に貴重かつ意義深い機会となろう。以下に、主催側によるアナウンス文を記載する。



世界の裏側、アルゼンチンで生まれた音楽――、それがタンゴ。
そのアルゼンチンと日本が国交を樹立して来年、2018年で120周年の記念の年を迎えます。
 
その昔、タンゴは世界的にも音楽、ダンスともに盛んで、オーケストラがたくさん存在していました。
フランスでは、シャンソンにタンゴのリズムを取り入れた名曲『小雨降る径』や『恋心』などが1930年代に誕生し、今もなお歌い継がれています。
 
一方、日本では1950年代に“タンゴの女王”と称された藤沢嵐子が絶大なる人気を博しました。
さらに歌謡曲との融合になどで私たちの生活に溶け込み、曲名は知らなくても、実はとても耳馴染みのある曲が数多く誕生することで、タンゴは長年にわたり日本人に深く愛されてきました。
 
そこで、この秋、日亜修好120周年の記念企画として、日本人に愛されたアルゼンチンタンゴの名曲を、素晴らしいグランオルケスタの名演と歌唱で多数収録した音楽CDアルバム『Todos del Tango(タンゴのすべて)』の発売と、アルゼンチン著作権協会や在日アルゼンチン共和国大使館のご協力のもとで演奏と歌だけでなく、激しく煌びやかなダンスも交えた記念コンサートの開催が決定しました。

 
公演情報
日亜修好120周年記念特別公演CD『Todos del Tango』発売記念コンサート
『Concierto del Tango ─タンゴのすべて─』

 
■日時:2017年10月24日(木)18:30、10月25日(金) 12:00・18:30
■会場:めぐろパーシモンホール 大ホール めぐろ区民キャンパス内
■出演:彩乃かなみ、久野綾希子、クミコ、咲妃みゆ、姿月あさと、鳳翔大、星奈優里、真琴つばさ(25日昼のみ)、水夏希、渡辺えり、アルベルト城間、伊礼彼方、岡田浩暉、篠井英介
【ダンサー】GYU nagai/クリスティアン・ロペス/セサル・カニサレス/アクセル・アラカキ/ダニエル・ボウホン/牧勢海/月央和沙/美翔かずき 
【演奏】三枝伸太郎(P)/鈴木崇朗・北村 聡・早川 純(Bn)/会田桃子・吉田篤貴・江藤有希(Vn)/吉岡里紗(Acco)/河村泉(Vla)/内田麒麟(Ce)/田辺和弘(Bs) 
■構成・演出・訳詞:高橋まさひと 
■音楽監督:三枝伸太郎 
■訳詞:三木章雄・小林香
■公式サイト:http://concierto-del-tango.com/
問い合わせ:る・ひまわり 03-6277-6622(平日11~19 時)
 

■アルバム情報
『 Todos del Tango(タンゴのすべて) 』

・発売日:2017年10月25 日(水) 
・価格:3,240 円(税込)
・品番:UICZ-4409

 
日本の裏側、アルゼンチンで生まれたタンゴ。
2018 年に日亜修好 120 年を迎えるのを記念し、宝塚出身者を始めとする多くの著名シンガーが参加。
長きにわたり日本人に愛されてきたタンゴの名曲の数々を歌い継ぐ素晴しいアルバム。
演奏は三枝伸太郎とグランオルケスタ・ティピカが担当。哀愁と情熱に満ちあふれたタンゴの真髄を聴かせる。

・収録内容(全 22 曲)
01. 愛せしがゆえに / 石井一孝 / Por qué la quise tanto
02. 灰色の午後 / 咲妃みゆ / En esta tarde gris
03. エル・チョクロ / 戸田恵子 / El choclo
04. 歌いながら / 鳳稀かなめ / Cantando
05. ロコへのバラード / 渡辺えり / Balada para un loco
06. カミニート / 久野綾希子 / Caminito
07. ウノ / 姿月あさと / Uno
08. 淡き光に / 鳳翔 大 / A media luz
09. ビダ・ミーア / 彩乃かなみ / Vida mía
10. 追憶 / 岡田浩暉 / Remembranza
11. ポエマ / 篠井英介 / Poema
12. 失われし小鳥たち / 真琴つばさ / Los pájaros perdidos
13. 首の差で / アルベルト城間 / Por una cabeza
14. 今もなお君を愛す / 伊礼彼方 / Y todavía te quiero
15. チキリン・デ・バチン / クミコ / Chiquilín de Bachín
16. アルゼンチンよ、泣かないで / 水 夏希 / Don't Cry for Me Argentina
17. 傷あと / 水 夏希(レシタード) / Cicatrices
18. 巡礼 / インスト / Peregrinacion
19. ラ・クパルシータ / 凰稀かなめ(レタード) / La cumparsita
20. 恋人もなく / 真琴つばさ(レシタード) / Nunca Tuvo Novio
21. 時計 / 姿月あさと / El Reloj
22. Corriendo tristezas / インスト / Corriendo tristezas
シェア / 保存先を選択