アートはいつだってムシであふれている! 『虫尽くし展』が佐野美術館にて開催中

ニュース
アート
2017.9.13

『虫尽くし展』が、2017年9月9日(土)~2017年11月5日(日)にかけて佐野美術館にて開催されている。

小さな体に吉兆や力強さを象徴し、また四季を演出する虫の姿は、いつの時代も人々に愛され様々な形で描かれてきた。本展は、そんな古今のアートに息づく「虫」に焦点をあてた展覧会だ。

展覧会は「虫にせまる」「虫ものがたり」「虫をデザインする」「虫にみせられて」という4つのテーマで構成。中国・明時代の重要文化財《瓜虫図》【前期展示】や、江戸中期の画家・英一蝶の絵巻物《田原藤太秀郷》【展示期間:9/9~10/18】などを紹介する。さらに、葛飾北斎の肉筆画《南瓜花群虫図》【後記展示】や国会図書館の貴重書である喜多川歌麿《画本虫ゑらみ》の特別展示【展示期間:9/9~9/22】など、ジャンルや時代を超えた虫にまつわる作品約150点が集う展示となる。

イベント情報
虫尽くし展

会期:2017年9月9日(土)~2017年11月5日(日)
【前期】9月9日(土)~10月4日(水)
【後期】10月6日(金)~11月5日(日)
会場:佐野美術館(静岡県三島市中田町1-43)
入 館 料:一般・大学生1,000円 小・中・高校生500円
※毎週土曜日は小中学生無料
※9月18日(月・祝)敬老の日は65歳以上無料
※15名以上の団体は各2割引
※本展チケット(有料)半券のご提示で、会期中2回目以降の入館料2割引
開館時間:10:00~17:00(入館の受付は16:30まで)
休 館 日:木曜日
http://www.sanobi.or.jp/
シェア / 保存先を選択