ビール好き集合!横浜オクトーバーフェストの季節到来

ニュース
2015.9.25


10月2日(金)から10月18日(日)まで、横浜赤レンガ倉庫イベント広場にて、「横浜オクトーバーフェスト2015」が開催される。

ドイツ・ミュンヘン発祥のビール祭り、オクトーバーフェスト。横浜赤レンガ倉庫では、その建物の一部にドイツの建築様式を取り入れていることから、本場に限りなく近い雰囲気を楽しめるオクトーバーフェストとして、2003年から実施している。2014年の開催時には、13万9千人もの来場者が訪れた。

14回目を迎える今年は、過去最多となる100種類以上のビールが集結!ドイツ政府からオクトーバーフェストのために醸造を許可された「ミュンヘン6大醸造所」のうち、5つの醸造所のビールが楽しめる。なかでも注目は、樽生としては日本初上陸となるドイツビール「アウグスティナーラガービアヘル」(460ml・2800円)だ。豊かな泡立ちとアロマの香りが特徴の本品は、各日先着100名限定で提供される。

日本では珍しい、多種多様なビールグラスも楽しみの1つ。本場オクトーバーフェストでお馴染みの「マスジョッキ」は、1リットル入る巨大サイズ!他にも、ドイツのヴァイスビア(白ビール) 専用の「ヴァイツェングラス」や、長靴をかたどった「ブーツグラス」など、ユニークな形状のグラスでビールを味わえる。

バラエティ豊かなフードも見逃せない。ドイツ直輸入ソーセージやザワークラウトを盛り合わせた「カイザープレート」(2800円)や、トリュフ風味のソースをあしらった贅沢な生パスタ「きのこクリームソースのシュペッツレ」(1500円)など、魅力あふれるラインアップとなっている。

さらに、今回は会場の規模も過去最大!メインテントやウッドデッキスペースなどを合わせて、3150席が用意されている。また、今年初の試みとして、土日祝日には1日500円で手荷物の一時預かりサービスを実施する他、10月2日(金)・7日(水)・14日(水)の3日間は、女性専用席を開設する。

ビールの品ぞろえに加え、サービス面もより充実した今年の横浜オクトーバーフェスト。異国情緒あふれる赤レンガ倉庫で、希少なビールと本場さながらの雰囲気に酔いしれてみてはいかが?【横浜ウォーカー】
 

Walkerplus
シェア / 保存先を選択