韓国の伝統芸能が楽しめる日比谷の“日韓フェス”


9月26日(土)と27日(日)、日韓の文化交流の祭典「日韓交流おまつり2015 in Tokyo」が日比谷公園で開催。両国の伝統芸能パフォーマンスやK-POPのカバーダンスなどが行われる。

■ K-POPを完璧にカバーするダンスも

26日(土)11:00からの開会式では、朝鮮通信使生使に扮した韓国の大学生と、江戸幕府将軍に扮した日本の大学生が「21世紀・両国の平和メッセージ」を交換する「朝鮮通信使行列再現・21世紀の国書交換式」を開催。

オススメは、キム・デギュン(綱渡り保存会)による「韓国伝統綱渡り」。一本の綱の上を自由自在に動き回る姿に圧倒される綱渡りは、1976年に韓国重要無形文化財に指定され、2011年にはユネスコ無形文化遺産に登録されている。26日(土)は14:00~14:30、16:10~16:40、27日(日)が12:45~13:15、16:20~16:50に行われるので、必ずチェックしておこう。

また、K-POPファンなら興奮間違いなしなのが「K-POPカバーダンス」(26日12:30~13:00)。ダンスチーム「4C crew」や「BATS」が披露するコピー・カバー・アレンジは、本物顔負けの迫力パフォーマンスだ。

ほか、本場の味を再現した韓国料理や飲み物を販売する「韓食販売コーナー」、観光ガイドブックの無料配布や情報を提供する「韓国観光広報コーナー」なども登場する。

様々な伝統芸能やステージが盛りだくさんのお祭りで、日韓の歴史に触れてみよう。【東京ウォーカー】
 

Walkerplus
シェア / 保存先を選択