しょこたんが和装ヒロインに! Japanese Musical『戯伝写楽 2018』中川翔子宣伝写真撮影レポート

レポート
舞台
2017.11.24
『戯伝写楽 2018』に出演する中川翔子

『戯伝写楽 2018』に出演する中川翔子


たった約10ヶ月の活動期間の間に、140点以上の作品を残し忽然と消えた浮世絵師・東洲斎写楽。 2010年「写楽は女だった…?!」という大胆な着想で、写楽の謎に迫りながら、喜多川歌麿、葛飾北斎、十返舎一九、太田南畝(別号・蜀山人)など、寛政の時代に、熱く自由に生きる芸術家たちの姿を、等身大の人間として描き好評を得たミュージカルが、8年の時を経て、2018年春、上演されることになった。そのJapanese Musical『戯伝写楽 2018』の宣伝写真撮影の現場潜入レポートをお届けする。

『戯伝写楽 2018』に出演する中川翔子

『戯伝写楽 2018』に出演する中川翔子

物語は、江戸、阿波国蜂須賀家お抱えの能役者・斎藤十郎兵衛(橋本さとし)が、ある日、盛り場での喧嘩の最中、 その様子を夢中に絵に書き留める女・おせいと出会うところから始まる。 おせいの絵は、普通の美人画や大首絵とは異なり、人物の内面までをえぐり出し、 時に醜さまで浮き彫りにしてしまうような、非凡なる筆力を持っていたという設定だ。そのヒロインである、おせい役を今回演じるのが、中川翔子だ。

『戯伝写楽 2018』に出演する中川翔子

『戯伝写楽 2018』に出演する中川翔子

緊張気味なのか、言葉少なにスタジオに現れた中川。中川が来ていた衣装は、黒と赤のモダンなストライプ柄の着物。襟元や袖に赤いレース加工が施されていて、ポップな印象だ。"和物"と聞いて、黒髪のカツラを想像していたが、髪型は茶髪のアップスタイルで、これまた現代的な可愛らしさがあった。

『戯伝写楽 2018』に出演する中川翔子

『戯伝写楽 2018』に出演する中川翔子

カメラを向けられると、一瞬で表情や仕草に魂がこもる。面白かったのは、写楽が残した作品で、現在は重要文化財に指定されている『四世岩井半四郎の乳人重の井(よんだいめいわいはんしろうのめのと しげのい)』のポーズで撮影したことだ。「これと同じようなポーズをとってください」というスタッフの要望に、中川は15秒ほどじっとその絵を見つめ、見よう見真似でポージング。どんな1枚になるのだろう。楽しみだ。

取材・文・撮影=五月女菜穂

公演情報
cube 20th presents
Japanese Musical『戯伝写楽 2018』

 
■作:中島かずき ■作詞:森雪之丞  ■音楽:立川智也
■演出:河原雅彦
■出演:
橋本さとし、中川翔子、小西遼生、
壮一帆、東山義久(Wキャスト)、栗山航(Wキャスト)、池下重大、
山崎樹範、吉野圭吾、村井國夫 他 
 
■公演日程・劇場:
[東京公演] 2018年1月12日(金)~1月28日(日) 東京芸術劇場 プレイハウス
[久留米公演] 2018年2月3日(土)~4日(日) 久留米シティプラザ ザ・グランドホール
[名古屋公演] 2018年2月7日(水) 日本特殊陶業市民会館 ビレッジホール
[兵庫公演] 2018年2月10日(土)~12日(月・休) 兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホール

 
■チケット販売中
 
■企画・製作:キューブ
■問い合わせ:キューブ 03-5485-2252(平日12時~18時)
■公式サイト:
https://sharaku2018.amebaownd.com/

 
シェア / 保存先を選択