森山未來、土屋太鳳をはじめとする珠玉のキャストが集結、『プルートゥ PLUTO』ビジュアル解禁

ニュース
舞台
2017.10.22
(C)原作:『PLUTO』(浦沢直樹×手塚治虫 長崎尚志プロデュース 監修/手塚眞 協力/手塚プロダクション  小学館)

(C)原作:『PLUTO』(浦沢直樹×手塚治虫 長崎尚志プロデュース 監修/手塚眞 協力/手塚プロダクション 小学館)


シアターコクーン・オンレパートリー2018 手塚治虫生誕90周年記念 鉄腕アトム「地上最大のロボット」より『プルートゥ PLUTOが、2018年1月6日(土)より 28 日(日)まで、Bunkamura シアターコクーンにて上演される。2015年に世界初の舞台化を実現した本作が、3年の時を経て、新しいキャストを迎え、構成・演出を刷新し創り上げられる。このほど、そのビジュアルが完成、公開された。

演出・振付は、シディ・ラルビ・シェルカウイ。ローレンス・オリヴィエ賞を2度受賞、2014年には母国ベルギーでその活動が高い評価を得て国王から爵位の名誉称号を授与されるなど現代舞台芸術を牽引する世界的天才振付家である。幼少期に手塚治虫作品に出会い多大なる影響を受けていたシェルカウイは、2011年に手塚治虫の思想/生涯をダンスというメディアで展開する『テ ヅカ TeZukA』を創作。そして2015年に、浦沢直樹、長崎尚志作品のファンでもあったシェルカウイの長年の夢が叶い、本作の上演が実現した。

主演には、俳優、ダンサーといった垣根を越えた表現者として高い評価を得ている森山未來。2015年の公演で“心揺さぶる”と絶賛された「アトム」に再び挑む。不思議な能力を持つ「ウラン」とゲジヒトの妻「ヘレナ」には、本作が初舞台となる土屋太鳳。シェルカウイ演出・振付のもと、森山・土屋のパフォーマンス競演にも注目が集まるだろう。

更に、若手実力派俳優の大東駿介(ゲジヒト)、際立った活躍ぶりが光るベテランの吉見一豊(お茶の水博士)、孤高の存在感を持つ吹越満(アブラー)、そして、日本を代表する個性派俳優の柄本明(天馬博士)ら、最強のキャスト・クリエイターが集結する。

公演情報
シアターコクーン・オンレパートリー2018
手塚治虫生誕90周年記念 鉄腕アトム「地上最大のロボット」より
『プルートゥ PLUTO』

 
■原作:『PLUTO』(浦沢直樹×手塚治虫 長崎尚志プロデュース 監修/手塚眞 協力/手塚プロダクション)
■演出・振付:シディ・ラルビ・シェルカウイ
■出演:
森山未來、土屋太鳳、大東駿介、吉見一豊、吹越満、柄本明
上月一臣、大植真太郎、池島優、大宮大奨、渋谷亘宏、AYUMI、湯浅永麻、森井淳、笹本龍史
■協力:小学館
■企画:Bunkamura
■製作:Bunkamura/TBS

 
【東京公演】
東京公演助成:公益財団法人東京都歴史文化財団アーツカウンシル東京
※本公演は東京公演プログラムの対象事業です。
■日程:2018/1/6(土)~1/28(日)
■会場:Bunkamura シアターコクーン
■チケット一斉発売日:2017年10月22日(日)am10:00~
■チケット料金(全席指定・税込): S席
11,000 A席8,500 コクーンシート6,000
■主催:Bunkamura / TBS
■問合せ:Bunkamura 03-3477-3244<10:00~19:00> http://www.bunkamura.co.jp/
【欧州ツアー】
海外公演助成:平成 29 年度文化庁国際芸術交流支援事業
イギリス・ロンドン公演 2018年2月8日(木)~11日(日) Barbican Theatre
オランダ・レーワルデン公演 2018年2月15日(木)~17 日(土) Stadsschouwburg De Harmonie
(欧州文化首都レーワルデン 2018 招聘作品)
ベルギー・アントワープ公演 2018年2月22日(木)~24 日(土)deSingel Red Hall

 
【大阪公演】
■日程:2018年3月9日(金)~14日(水)
■会場:森ノ宮ピロティホール

 
シェア / 保存先を選択