ハウステンボスで“花と庭の世界大会”が開催!


ハウステンボス(長崎県佐世保市)では、10月3日(土)から10月19日(月)まで「世界フラワーガーデンショー2015」が開催される。世界の一流フラワーアーティストの作品が競演する「インターナショナルフラワーコンテスト」と、世界約30カ国の代表的な庭園スタイルがそろう「ホームガーデン世界大会」を同時に楽しめる。

「インターナショナルフラワーコンテスト」には、世界14カ国20作品が集結。空間を生かしたディスプレイで一室丸ごと装飾する「フラワー空間装飾」、国内外のアーティストが芸術性や技術を競う「フラワー空間デザイン」の他、「テーブル装飾」「アレンジメント」「いけばな」と5部門が展示される。また、10月11日(日)・12日(祝)には、スパイラルブーケのセミナー(材料費込み4000円、要予約・定員20名)を開催。観覧無料のブーケ制作デモンストレーションも行われ、一流の技を間近で目にすることができる。

今回初開催の「ホームガーデン世界大会」では、一流ガーデンデザイナーによる30カ国40庭園の作品が展示される。“イギリス風”や“オーストラリア風”など各国の代表的な庭園スタイルが集結。ベランダガーデンも登場し、気に入った作品があれば、庭から小物まで、展示作品をその場で購入できる。

ガーデン用品から陶器などの雑貨、グルメまで約70店舗が並ぶマーケットや、クラシックなどの庭園コンサート、夜には会場のライトアップまで行われる。ハウステンボスで一日中楽しめるイベントに訪れてみてはいかが?【福岡ウォーカー】
 

Walkerplus
シェア / 保存先を選択