三谷幸喜「酒と涙とジキルとハイド」がオリジナルキャストで再演

ニュース
舞台
2017.11.9
「酒と涙とジキルとハイド」ビジュアル。左から片岡愛之助、優香、藤井隆。

「酒と涙とジキルとハイド」ビジュアル。左から片岡愛之助、優香、藤井隆。

三谷幸喜作・演出「酒と涙とジキルとハイド」の再演が2018年3月に台湾、4月に東京でスタートする。

2014年に初演された本作は、ロバート・ルイス・スティーヴンソン原作の小説「ジキル博士とハイド氏」を材に、二重人格者の悲劇を喜劇として描いた作品。ジキル博士(片岡愛之助)は、人間の善と悪、2つの人格を分ける新薬を開発中。しかし薬がまったく効かないため、役者のビクター(藤井隆)に、2人1役の“替え玉”を依頼する。そこへジキル博士の婚約者イヴ(優香)が訪ねて来て……。オリジナルキャストが再集結しての再演となる。

なお本作は台湾国際芸術フェスティバル・TIFA参加作品。チケットはホリプロオンラインチケットで2017年12月上旬に先行受付が、2018年1月13日に一般販売が開始される。

「酒と涙とジキルとハイド」

2018年3月30日(金)~4月1日(日)
台湾 國家兩廳院 國家戲劇院(National Theater)

2018年4月27日(金)~5月26日(土)
東京都 東京芸術劇場 プレイハウス

作・演出:三谷幸喜
出演:片岡愛之助、優香、藤井隆、迫田孝也
演奏:高良久美子、青木タイセイ

ステージナタリー
シェア / 保存先を選択