福山雅治&小室哲哉の初セッションも、フジ「ウタフクヤマ」2週放送

セッションを楽しむ小室哲哉と福山雅治。

セッションを楽しむ小室哲哉と福山雅治。

10月4日(日)、11日(日)の2週にわたり、フジテレビ系で福山雅治がメインキャストを務める音楽バラエティ番組「ウタフクヤマ」が放送される。

この番組はフジテレビ側からの「福山をメインに据えた番組を」というオファーを、福山が「お酒を飲みながらの楽しい会話がある中で、往年の名曲をセッションしたり、アドリブで歌を創作していく企画なら」と受けて実現したもの。福山とゲスト陣はリリー・フランキーが店主を務めるとあるスナックに集まるという設定で、トークやセッションを繰り広げる。

今回出演するのは小室哲哉、俳優の桐谷健太、パーカッショニストの三沢またろう。福山と小室の共演は約20年ぶりで、セッションを行うのはこれが初めてとなった。

冒頭では福山が「(小室)世代です」、小室が「テレビで見てた人だなって感じです」と語る距離感だったが、小室が「ちょっと楽屋で書いてきた」という歌詞を取り出し「福山君のイメージで(書いた)。福山くんがこれにいいメロディ付けてくれるんじゃないかなあって」と福山に作曲を依頼すると空気は一変する。福山は早速ギターを片手にメロディを奏で「これ、リハーサルやってきたと思われたらしゃくだな」と語り、小室も「めちゃくちゃよかった」と絶賛。曲にあわせてラップを披露した桐谷も「できちゃうんですね」と感動した様子を見せた。

このあともさらにセッションは続き、福山が「本当に歌いたい歌を歌っていいですか」と意外な選曲のカバーを披露する一幕も。収録が終わると福山は「すごく楽しかったので、その楽しかった感じが番組になるといいなと思いました。お酒を飲みながら歌を歌うというプライベートな感じをテレビでやらせていただけるなんてことはないですからね」と感想を述べ、リリーも「(福山が)仕事で歌う瞬間は25年テレビで見せましたから、プライベートで歌う瞬間を見ていただく」とこの番組の狙いをアピールした。彼らの貴重な演奏とトークをオンエアにて楽しんでみよう。

フジテレビ系「ウタフクヤマ」

2015年10月4日(日)23:15~23:45
2015年10月11日(日)23:45~24:15

<出演者>
福山雅治 / リリー・フランキー / 桐谷健太 / 小室哲哉 / 三沢またろう

音楽ナタリー
シェア / 保存先を選択