“山の職人”近藤監督に聞いた「上武大が10年連続で箱根に出場できた秘訣」

インタビュー
スポーツ
2017.12.22
上武大駅伝部の近藤重勝監督

上武大駅伝部の近藤重勝監督

画像を全て表示(7件)

箱根駅伝を戦うチームの中には、強化の一環でアフリカ出身の留学生を起用するチームがある。10,000mを27分台といった力をもつ彼らの“爆発力”は脅威で、エースが集う“花の2区”で留学生が日本人ランナーをゴボウ抜きしていく光景は箱根駅伝の名物となっている。

ところが、そんな強力留学生に頼らず、毎年数校が入れ替わる中で10年も出場を継続しているチームがある。群馬県を本拠地とし、昨年4月から神奈川大OBの近藤重勝監督が指揮する上武大だ。なぜ同校は箱根駅伝に出場し続けられるのか。その秘訣を指揮官に伺った。

自身は「山の職人」として箱根で活躍

上武大駅伝部の歴史はとても浅い。創部のきっかけは2004年、前監督の花田勝彦が大学からの要請を受けたことからすべてが始まった。花田前監督といえば、早大時代に箱根駅伝のスター選手として活躍した後、実業団のエスビー食品では1996年アトランタ、2000年シドニーと、2度のオリンピックに出場した名ランナー。指導者としての評価も高く、駅伝部の立ち上げからわずか4年で箱根駅伝初出場を果たし、退任した2016年の第92回大会まで箱根路に立ち続けた。

一方で現チームを指揮する近藤重勝監督は、1990年代の神奈川大黄金期を支えた中心選手で、全日本大学駅伝では2度の区間賞を奪って大学の初優勝に貢献。箱根駅伝では自ら志願して4年連続で山上りの5区を走り、こちらも2度の区間賞で“山の職人”の異名を誇った。大学卒業後は花田前監督と同じエスビー食品へ進み、30歳まで現役を続行。その翌年から松蔭大駅伝部の監督を6年半務め、2012年に上武大コーチへ就任。2016年には花田前監督の退任に伴い、監督へ昇格している。

「松蔭大では部を強化していく上で環境がまったく整っていなかったし、すべてにおいて“無いない尽くし”でした。大学からのサポートもなく、時間もお金も足りなかったんです。それに比べて上武大は花田さんがチームを作り、大学側のサポートもあります。それを継承していくだけだったので、すごくやりやすかったですね」

伊勢崎キャンパスの正面玄関をくぐると、駅伝部の功績を讃えた看板が目に入る

伊勢崎キャンパスの正面玄関をくぐると、駅伝部の功績を讃えた看板が目に入る

初めて監督として挑んだ前回大会は、大学史上初めてシード圏内(8位)で往路を折り返す快挙を達成。山上りの5区では当時・駅伝主将の森田清貴(現・NTT西日本)が区間2位と快走し、8人抜きで一気にシードラインへ滑り込んだ。復路で失速して総合15位に沈んだが、1年目としては一定の成果を残したといえる。

「往路は作戦通りというか、森田は3年生の時に比べて走力が上がっていたので、悪くても区間5位くらいでは走れるなと思っていました。10位以内で往路を終えるという青写真を描いていたので、そこに関しては最高の出来でした」

「神奈川大式」と「エスビー式」で選手を育成

中央奥で選手に言葉をかけるのは本村哲也コーチ。主にBチームを担当し、近藤監督(その左)を補佐している

中央奥で選手に言葉をかけるのは本村哲也コーチ。主にBチームを担当し、近藤監督(その左)を補佐している

近藤監督の指導を語る上で、神奈川大時代のエピソードを欠かすわけにはいかない。神奈川大といえば2017年11月の全日本大学駅伝でV候補の青学大、東海大を撃破して20年ぶりの優勝を挙げたチーム。当時の神奈川大は近藤監督が4年生だった1996年度から、全日本・箱根と両駅伝で連覇を果たし、まさに一世風靡を巻き起こした大学だった。現在の近藤監督の指導は、自らの学生時代の経験が根底にあるのだという。

「当時の神奈川大はコツコツ練習できる選手が多かったですね。大学から10㎞くらい離れた附属の高校まで練習に行っていたんですけど、軽い練習の時は行きをウォーミングアップ代わりに、帰りはクールダウンとして走って往復していました。だから泥臭いというか、しっかり粘れる選手が多く育ったのだと思います。まだすべては反映できていないのですが、『練習の泥臭さが20㎞につながる』という大後コーチ(栄治/現・監督)の指導はエッセンスとして加えさせてもらっています」

そしてその“神奈川大式”に、エスビー食品時代の経験を流用したのが、現在の上武大での指導法だ。当時のエスビー食品には、花田勝彦のほか、渡辺康幸、平塚潤といった10,000m27分台を持つトップ選手が複数所属。それぞれが並の選手にはこなせないような質の高い練習を個別に消化し、各々の”個”を磨いていた。

現在の上武大にも1,500mで学生トップクラスの実力を誇る井上弘也(4年/2015年日本選手権5位)が在籍しているが、「彼は元々高校時代の実績があったわけではないんですけど、能力はとても高い選手。そうした選手は他の選手と同じやり方ではなくて、そのスピードを生かした“別ルート”で調整させています」と近藤監督。泥臭い練習で選手の“底上げ”を図る“神奈川大式”と、高いスピードを持つエース級の個を伸ばす“エスビー式”を使い分けることが、上武大の育成における基盤といえる。

「留学生」が不在でも箱根に出場できる秘訣

練習のはじめに動き作りをする選手たち

練習のはじめに動き作りをする選手たち

上武大は10月の箱根駅伝予選会(※1)を今年も通過し(総合9位)、節目の10年連続10回目の出場を決めた。いまだシード権獲得の経験はないが、今回出場する大学の中で10年以上出場を継続している大学は青学大、東洋大、早大、中央学大、日体大、駒大、帝京大、山梨学大、上武大の9校のみ。花田政権からコツコツと出場を重ね、ようやく“常連校”としての地位を築きつつある。

※1:1校あたり10~12名が20㎞レースに出走し、上位10名の合計タイムで争われる。上位10校が箱根駅伝本戦に出場

箱根出場を目指すチームの中には、チーム強化の一環でアフリカ出身留学生を起用する大学が増えているが(※2)、なぜ上武大は留学生不在でも出場を継続できるのか。その秘訣を指揮官に語ってもらった。

※2:今回の予選会では49校中9校が起用(前回の7校を上回り過去最多)

「近年は箱根駅伝の予選会を通過するラインが大体10時間12分前後。10分台で落ちることはありません。そのため、今年の予選会では『(10時間)8分から10分だったら通れるから、崩れても10分、最悪12分でも通れる』と選手には話していました。今年はレベルが高かったですが、それでも結果的には10時間9分42秒で9位通過。留学生を使わなくても10時間8分~10分は今の上武大でも出せる力はあるので、そもそも(留学生の)必要性を感じていないんです」

選手たちが使うクラブハウスには、駅伝に対する熱き思いが掲げられている

選手たちが使うクラブハウスには、駅伝に対する熱き思いが掲げられている

前回の箱根駅伝を見ると、留学生を起用した4大学(創価大、拓大、山梨学大、日大)は軒並みシード権を落としているという側面がある。もしかしたら、留学生を起用することによって“日本人の強化”という意味で弊害になってしまっているのかもしれない。

「あと駅伝はチームスポーツですからね。留学生がいると単純に枠が1つ減りますから」と、1人でも多くの日本人選手を箱根に走らせてあげたい考えを示した。

今大会の注目ポイント

2018年の箱根駅伝のポイントを語る近藤監督

2018年の箱根駅伝のポイントを語る近藤監督

最後に、94回大会のポイントを近藤監督に挙げてもらった。

「僕の中では、1区、2区は第1集団グループで終えるというのが1つのテーマ。その後は多少置いていかれると思うのですが、何とか5区を凌いで、10位以内で往路を終えることが理想です。復路は全体的な走力が前回より上がっているので、何とかシード圏内をキープして、いかに混戦に持ち込めるかがポイント。前回は自分たちで自滅していったので、混戦の中で耐えて勝機を見出せるかですね」

その中でも、指揮官は1区と2区で起用が濃厚の坂本佳太(4年)と太田黒卓(3年)に期待を込める。坂本は前回も1区で10位と好位置につけ、後続に勢いをもたらした。今季は11月に10,000mで28分43秒91と大幅に自己記録を更新し、さらに実力をつけている。

近藤監督が期待を込める太田黒卓(3年)。箱根ではチームに流れを作る重要な役目を任されそうだ

近藤監督が期待を込める太田黒卓(3年)。箱根ではチームに流れを作る重要な役目を任されそうだ

「ちゃんと良い状態でスタートラインに立つことが大前提ですけど、ここで上位につけられるかが最大のポイントです」と近藤監督。上武大の過去最高順位は14位(2010年)。念願のシード権獲得へ向け、大学の新たな歴史を切り開くことができるか。

■近藤重勝(こんどう・しげかつ)
1974年生まれ。京都府出身。洛南高校卒業後、神奈川大大学へ進学。箱根駅伝は4年間5区を駆け抜け、2年時と4年時には区間賞を獲得。全日本大学駅伝でも3年時と4年時で区間賞を獲得して神奈川大の黄金期を支えた。大学卒業後は実業団のヱスビー食品に進み、競技引退後は松蔭大監督、上武大コーチを経て、2016年に同大監督へ就任。昨年度からメンタルトレーニングを取り入れるなど、さまざまな取り組みで上武大の箱根連続出場を継続させている。

★「陸上競技」のチケット情報やニュースが届く!
お気に入り登録はこちら⇒https://eplus.jp/ath/word/5851
シェア / 保存先を選択