「僕らの音楽」特番でアレキ、miwa、THE BAWDIESがビートルズ演奏

[Alexandros] (c)フジテレビ

[Alexandros] (c)フジテレビ

フジテレビ系でレギュラー放送されていた音楽番組「僕らの音楽」のスペシャル版「僕らの音楽 2015秋のスペシャル“ぼくらのビートルズ”」が、10月9日(金)にオンエアされる。

この番組はタイトルどおり、The Beatlesをテーマにした内容。司会の草なぎ剛(SMAP)と進行を務める加藤綾子アナウンサー、ゲストのリリー・フランキーがThe Beatlesの歴史を振り返るスタジオトークや、トータス松本(ウルフルズ)、YO-KING(真心ブラザーズ)、斉藤和義、和田唱(TRICERATOPS)、家入レオ、鮎川誠(SHEENA & THE ROKKETS)らのコメント映像、11月6日にリリースされるベスト盤「ザ・ビートルズ1」に収録される世界初公開のメンバー映像などが放送される。

また、番組ではThe Beatlesが解散したあとに生まれた世代のアーティストたちが名曲のカバーライブを披露。[Alexandros]は「Helter Skelter」、miwaは「YESTERDAY」、THE BAWDIESは「Day Tripper」を、それぞれの個性を反映したアレンジで演奏する。

フジテレビ系「僕らの音楽 2015秋のスペシャル“ぼくらのビートルズ”」

2015年10月9日(金)23:00~23:58
<出演者>
司会:草なぎ剛(SMAP)
進行:加藤綾子(フジテレビアナウンサー)
スタジオゲスト:リリー・フランキー
コメントゲスト:湯川れい子(評論家) / トータス松本(ウルフルズ) / YO-KING(真心ブラザーズ) / 斉藤和義 / 和田唱(TRICERATOPS) / 家入レオ / 鮎川誠(SHEENA & THE ROKKETS) / ジョナサン・クライド(英Apple Corps Ltd.映像制作担当役員) / and more
演奏ゲスト:[Alexandros] / miwa / THE BAWDIES

草なぎ剛 コメント

収録前のコメント
ビートルズは、僕たちSMAPにとって、かかわりが深く、欠かせない存在で、ビートルズの“HELP!”を僕たちがデビューする前に歌っていたので、今回「僕らの音楽」でビートルズ特集をやれるのはすごくうれしいです。“HELP!”の他にも慎吾(香取慎吾)が最初の武道館コンサートの時に“Let it be”を歌ったのが印象に残っています。慎吾がその時骨折していて、初めての武道館コンサートで予定していたダンスとかができなくなって、松葉杖をつきながら、“Let it be”に日本語の歌詞をつけて歌っていて、本当にいい曲だなぁと思いましたね。
「僕らの音楽」は、ほっとする、大人っぽいタイトル、番組の雰囲気が好きで、さらに今回は、ビートルズの特集で、今まで世に出ていないような映像も使って放送できるそうなので、本当に楽しみです。楽しい番組になると思います。期待してください!

収録を終えてのコメント
知らないことだらけだったんですけど、VTRも今までに見たことのないものもあって、ドキドキしました。僕自身もあまり詳しいわけではないんですが、ビートルズ初心者でもビートルズってすごいグループだったんだっていうのがよくわかってよかったと思います。ビートルズの4人の関係性だったり、自分たちの歴史を自分たちで塗り替えていく様を見ていると、最後には感動でジーンとしました。

音楽ナタリー
シェア / 保存先を選択