国際オーボエコンクールで日本人が初の快挙!

ニュース
2015.10.13

 第11回国際オーボエコンクール・軽井沢(審査委員長:ハンスイェルク・シェレンベルガー)で荒木奏美(あらき かなみ、東京交響楽団首席オーボエ奏者研究員)が第1位【大賀賞】および軽井沢町長賞(聴衆賞)を受賞した。日本人の第1位受賞は、同コンクール史上初の快挙で、アジア勢としても史上初となる。

 荒木奏美は2015年6月1日に東京交響楽団に入団、現在、首席オーボエ奏者研究員として活躍している。

 「国際オーボエコンクール・軽井沢」は、大賀典雄(1930-2011)氏の発案の元、1985年より公益財団法人ソニー音楽財団が3年毎に開催している世界でも珍しいオーボエに特化した国際コンクール。世界のオーボエ奏者の登竜門として広く世界に認知されており、世界で活躍する優秀な人材を輩出している。

荒木奏美 Kanami Araki
1993年、茨城県東海村出身。9歳よりオーボエを始める。県立日立第一高等学校卒業。現在、東京藝術大学4年次在学中。これまでにオーボエを坂本真紀、成田恵子、和久井仁、小畑善昭、青山聖樹の各氏に、室内楽を小畑善昭、高木綾子、山本正治、日高剛、伴野涼介の各氏に師事。また、ハンスイェルク・シェレンベルガー、ディートヘルム・ヨナス、パオロ・グラツィア、マチュー・プティジャン、クリストフ・ハルトマン各氏のレッスンをマスタークラス等で受講。第7回ジュニア管打楽器コンクールオーボエ部門第1位。第12回全日本中学・高校生管打楽器ソロコンテスト第2位。 第8回大阪国際音楽コンクール木管部門第3位(最高位)、21世紀アーティスト賞受賞。 第17回日本クラシック音楽コンクール木管楽器部門グランプリ。2014年、第31回日本管打楽器コンクールオーボエ部門第2位。東京藝術大学学内において安宅賞受賞。ヤマハコンサートシリーズRising Artists Concert vol.5出演。

第11回国際オーボエコンクール・軽井沢
東京交響楽団

公演情報

■第11回 国際オーボエコンクール・軽井沢 入賞者 & 審査委員コンサート<GREAT ARTIST SERIES>(終了)
2015/10/12(月・祝)15:30東京文化会館(小)
指/ハンスイェルク・シェレンベルガーeh 管/群響 出/ゴードン・ハント アラン・フォーゲル 小畑善昭(以上ob) モーリス・ブルグod 古部賢一eh 吉田将fg 桑形亜樹子cm 他
曲/J.S.バッハ:オーボエ・ダモーレ協奏曲BWV1055a/細川俊夫:スペル・ソングー呪文のうた(委嘱) 他
料金/¥5000 ユース¥2500
問/Sony Music Foundation 03-5227-5233

<荒木奏美 次回の東京交響楽団公演 出演予定>

東京交響楽団 第634回定期演奏会

■日時:2015年10月17日
■会場:サントリーホール
■出演:指揮:クシシュトフ・ウルバンスキ、ヴァイオリン:ステファン・ジャッキーヴ
■曲目:
ブラームス:悲劇的序曲 作品81
モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲 第5番 イ長調 K.219 「トルコ風」
ストラヴィンスキー:バレエ組曲「火の鳥」(1945年版)
■問合せ:TEL: 044-520-1511 平日10:00~18:00
■公式サイト:TOKYO SYMPHONYチケットセンター http://tokyosymphony.jp/
※新潟公演:10月18日第92回新潟定期演奏会(りゅーとぴあコンサートホール)

WEBぶらあぼ
シェア / 保存先を選択