『ひょっこりひょうたん島』初舞台化決定!

ニュース
舞台
2015.7.8
NHK ONLINE HP内「アカイさんノート」より

NHK ONLINE HP内「アカイさんノート」より

井上芳雄、安蘭けいらが出演

故・井上ひさしが脚本を手がけていたことで知られる、1960年代NHKで放映された人気人形劇『ひょっこりひょうたん島』が初めて舞台化されることとなった。今年12月、シアターコクーン・オンレパートリー2015-2016+こまつ座『漂流劇 ひょっこりひょうたん島』として、東京・渋谷のシアターコクーンで上演されることが、東急文化村および、こまつ座のホームページで発表された。

主なキャストは、ダンディ=井上芳雄、サンデー先生=安蘭けい、ドン・ガバチョ=白石加代子、トラヒゲに小松政夫、博士=山下リオなど。脚本を宮沢章夫と山本健介。演出は串田和美が担当。音楽は故・宇野誠一郎氏の名高い曲を核としつつ、宮川彬良がさらなる肉付け・加工を施す。

演出の串田和美のコメントは次のとおり。
「『ひょっこりひょうたん島』はひょっこり現れて、ひょっこり消えていったような気がする。それがみんなの心に残っている。観なかった人たちの心にも。まだ生まれていなかった人たちの心にも。それは気づかぬうちにそっと、しかし、したたかに成長しているような気もする。再会するのが楽しみな、成長する記憶のような舞台をつくってみたい。それは飛びっきり楽しく、飛びっきり贅沢な芝居の姿になるだろう」

イベント情報
シアターコクーン・オンレパートリー2015-2016+こまつ座
『漂流劇 ひょっこりひょうたん島』

脚本:宮沢章夫/山本健介
演出・美術:串田和美
音楽:宇野誠一郎/宮川彬良
出演:井上芳雄(マシンガン・ダンディ)、安蘭けい(サンデー先生)、山下リオ(博士)、小松和重(テケ)、山田真歩(プリン)、一色洋平(海賊)、内田紳一郎(ダンプ)、真那胡敬二(海賊)、大森博史(海賊)、中村まこと(海賊)、串田和美(?) 、小松政夫 (トラヒゲ) 、白石加代子 (ドン・ガバチョ) ほか

■東京公演:2015年12月15日(火)〜28日(月)
Bunkamuraシアターコクーン
チケット一般発売 2015年9月26日(土)10:00〜
チケット代 特設S席/S席 11,000円 A席 8,000円 コクーンシート 5,000円(全席指定・税込)

■地方公演(予定)
2016年1月 松本、大阪 他

■東京凱旋公演 2016年2月3日(水)〜11日(木・祝)
Bunkamuraシアターコクーン
チケット一般発売 2015年12月5日(土)10:00〜
チケット代 特設S席/S席 11,000円 A席 8,000円 コクーンシート 5,000円(全席指定・税込)

問合せ:こまつ座 03-3862-5941

シェア / 保存先を選択