Northern19主催イベント大成功「新潟に生まれてよかった!」

レポート
2015.10.18
「TOKI ROCK NIIGATA 2015」でのNorthern19のパフォーマンスの様子。(撮影:半田安政[showcase])

「TOKI ROCK NIIGATA 2015」でのNorthern19のパフォーマンスの様子。(撮影:半田安政[showcase])

Northern19主催のライブイベント「TOKI ROCK NIIGATA 2015」が昨日10月17日に新潟・新潟LOTSにて開催された。

「TOKI ROCK NIIGATA」はNorthern19が昨年よりスタートさせた自主企画イベント。2度目の開催となる今年は、Northern19のほかWANIMA、NAMBA69、04 Limited Sazabys、dustbox、My Hair is Badが出演した。

最初にステージに現れたNorthern19の3人は、注意事項などを述べてから「開催できてめちゃくちゃうれしいです!」と喜びを語りイベントの幕を開けた。トップバッターを飾ったのはWANIMA。彼らは登場するなり手拍子やジャンプを煽り場内の温度を引き上げていく。1曲目「Hey Lady」を投下すると、オーディエンスはさっそくシンガロングやモッシュを繰り返した。MCでは「嵐です」と自己紹介し突如「A・RA・SHI」を歌い出すなど、自由奔放なステージで観客を魅了し最後の「THANX」まで一気に駆け抜けた。続くNAMBA69は貫禄のプレイでパンクロックチューンを連投していく。新潟出身の難波章浩(Vo, B)は、イベントタイトルにもなっている新潟県の“県の鳥”・トキに関するトークなども展開し和やかなムードを生み出す。その後3人は「SUMMERTIME」「DARLING」といった軽快なナンバーで再びヒートアップさせていった。

続いて04 Limited Sazabys、dustboxとハイトーンボーカルのバンドが続く。04 Limited Sazabysは序盤からツービートの「Remember」やマイナーコードの「fiction」といったナンバーを投下し、場内をさらに盛り上げていく。MCではGEN(B, Vo)が出演者全員“Northern19が好き”という共通点のもとに集っていることから「楽屋があったかい」と話した。そしてバンドはNorthern19の笠原健太郎(Vo, G)のリクエストに応え「hello」を届けた。dustboxは序盤にファストチューン「Hurdle Race」で場内にサークルモッシュを発生させ、「Bitter Sweet」でファンを踊らせる。MCでは先日Northern19とともに行った台湾でのライブのエピソードを明かすなど、親交の深さをアピールしてみせた。バンドは最後にSUGA(Vo, G)の弾き語りから始まる「Jupiter」を演奏。ひときわメロディアスな楽曲を精緻なプレイで届けてステージをあとにした。

トリ前という大役を務めたのは新潟在住のMy Hair is Bad。彼らは丁寧に「優しさの行方」を奏でたあと、一転して激しく「アフターアワー」をプレイする。そして椎木知仁(G, Vo)の「新潟ナメんなよ!」という言葉からアドリブのポエトリーリーディングへ突入した。彼はNorthern19との出会いのエピソードを語りつつ、「フロムナウオン」へとなだれ込むと「必要なのは戦う覚悟!」と叫び続けてオーディエンスを惹きつける。3人はライブ後半「エゴイスト」「クリサンセマム」とアグレッシブなショートチューンを畳み掛け、最後に椎木が「新潟を誇りに思います」と語ってNorthern19へバトンをつないだ。

いよいよNorthern19のアクトへ。笠原健太郎(Vo, G)がじっくりフロアを見渡し、「『TOKI ROCK 2015』行こうか!」と呼びかけると、3人は「STAY YOUTH FOREVER」でライブをスタートさせる。さっそく盛大なシンガロングが広がり、場内は温かなムードに包まれた。その後バンドは「TRUTH」「CRAVE YOU」「MORATORIUM」という初期の人気曲を惜しみなく連投していった。

4曲を終えると笠原はステージの中央に進み、肉声で声を張り上げて挨拶。さらに出演者について1組ずつ出会いやエピソードを述べ、「こういう日を作れてめちゃめちゃうれしく思ってます。ロック好きで、バンドやってて本当によかった」と感慨深く語った。後半はバンドの演奏がさらにエモーショナルになり、馬場豊心(Dr) のパワフルなドラミングに乗せ、笠原と井村知治(Vo, B)ははじけるような笑顔を見せたり、目を閉じたりしながら歌唱していく。ラストナンバー「MESSAGE」の演奏前には笠原が「新潟に生まれてよかった!」と思いを爆発させ、演奏後には「ありがとう!」と何度も繰り返した。アンコールでは新潟について歌った「BLUE SKIES,BROKEN BIKE...SAME FAVORITE SONGS」と、アップチューン「GO」をプレイ。新潟LOTSにはこの日一番大きなシンガロングが響き渡り、大団円のうちに2年目の「TOKI ROCK NIIGATA」は幕を閉じた。

なおNorthern19はこのステージで、2016年1月よりワンマンツアー「MESSENGER tour」を開催することを発表した。バンドのオフィシャルサイトでは本日10月18日10:00から25日23:59までチケットの先行予約を受け付ける。

Northern19「MESSENGER tour」

2016年1月10日(日)東京都 渋谷CLUB QUATTRO
2016年1月15日(金)大阪府 心斎橋CLUB DROP
2016年1月17日(日)福岡県 Queblick
2016年1月22日(金)宮城県 仙台MACANA
2016年1月24日(日)北海道 COLONY
2016年2月6日(土)岡山県 CRAZYMAMA 2nd Room
2016年2月11日(木・祝)愛知県 名古屋CLUB QUATTRO

音楽ナタリー
シェア / 保存先を選択