Hey! Say! JUMP八乙女光&髙木雄也に直前までダメ出しが! シェイクスピア誕生秘話に迫る舞台『薔薇と白鳥』開幕

レポート
舞台
2018.5.28
(左から)武田真治、髙木雄也、八乙女光、佐藤B作

(左から)武田真治、髙木雄也、八乙女光、佐藤B作

画像を全て表示(14件)

2018年5月27日(日)、東京グローブ座にて、舞台『薔薇と白鳥』が初日を迎えた。本作は、これまでに多くの舞台作品の脚本・翻訳・演出を手掛けてきたG2が書き下ろした“劇作家シェイクスピア”誕生秘話に迫る歴史ミステリー。初日前に同劇場にて公開ゲネプロ(通し稽古)と囲み会見が行われ、W主演のHey! Say! JUMP八乙女光と髙木雄也、そして武田真治、佐藤B作が登場した。

『薔薇と白鳥』

『薔薇と白鳥』

『薔薇と白鳥』

『薔薇と白鳥』

『薔薇と白鳥』

『薔薇と白鳥』

本作は、16世紀末の英国に実在し、演劇の礎を作った天才劇作家、クリストファー・マーロウとウィリアム・シェイクスピアの二人にスポットを当て、無学の青年シェイクスピアが、同年齢ですでに天才劇作家として名を馳せているマーロウと運命的な出会いを果たすところから物語が始まる。ストーリーはG2の仮説に基づいたフィクションではあるが、史実や当時の演劇の興味深いエピソードなどを織り込み、育ちも性格も対照的な二人の友情や葛藤、対立、そして大いなる秘密をも描いていく。

『薔薇と白鳥』

『薔薇と白鳥』

『薔薇と白鳥』

『薔薇と白鳥』

舞台『殺風景』以来4年ぶりとなる八乙女がマーロウ役を演じ、これが初舞台となる髙木がシェイクスピア役を演じる。

囲み会見で今の心境を問われると、八乙女は髙木を見ながら「初めての舞台でこんな良いキャストさんに囲まれて、こいつは幸せ者だな」と笑う。すると髙木は「もともと僕が舞台を目指そうと思ったのは4年前の光くんの舞台を観に行ったから。『うわ、俺が知っている八乙女光じゃない』って驚き、自分もいつか舞台をやってみたい……と思っていたらまさか一緒にやることになりまして」と笑い返す。

初舞台を踏む髙木に、舞台の先輩である八乙女から勉強になったことがたくさんあったのでは? と聞かれると「あったかなあ~?」とはぐらかす髙木に「おーい!」と突っ込む八乙女。デビューから11年という長い月日を共に過ごした二人だからこその仲の良さを垣間見せていた。

髙木の「あったかなあ~?」発言に八乙女が突っ込んだ瞬間!

髙木の「あったかなあ~?」発言に八乙女が突っ込んだ瞬間!

「良いキャストに恵まれて」という八乙女のコメントに対して、佐藤は「いいヨイショですねえ」と余裕を見せる。佐藤と武田は八乙女と髙木のシーンを毎回観ては、芝居のバリエーションを教えてもらったという。武田は「彼らは“見せる”というより、”内面をもっと作ろう”としていたんです。それは役者としてはお手本のような事なんですが、それを表現したいならこうしてみては? という“見せ方”の調整をしていかないと、いつか行き詰ってしまう」という思いでアドバイスしたと語る。「でも、(自分がアドバイスした事が)結構な割合で(演出家の)G2さんに『それ、いらない』って言われてしまい、申し訳なかったなあと」と苦笑すると、たまらず全員が笑い出していた。

『薔薇と白鳥』

『薔薇と白鳥』

『薔薇と白鳥』

『薔薇と白鳥』

G2からの演技指導については佐藤も思うところがあり、「昨日も初日前だというのに何ページもダメ出しを受けていて『大丈夫かな、頑張れよー』って思ってみていました。こうなったら精神的な支えになるしかないなあと。あたたかく見守る親父みたいな立場でね。なんだか応援したくなる二人なんです」。特に八乙女について「光はムキになっていくところが魅力で、喧嘩拳法みたいな芝居をするんです」とまさに父親のような眼差しで見つめていた。

『薔薇と白鳥』

『薔薇と白鳥』

その初日前日のダメ出しは数ページに渡り、全員共有で渡されるとのこと。八乙女は「誰がいちばんダメ出しが多いかが分かってしまうんです……僕が膨大な量のダメ出しをもらっていて(笑)」と暴露、すかさず髙木は「マーロウは台詞が膨大だからね」とフォロー。八乙女は「あまりにもテンパってしまい、ゲネプロの前も楽屋にG2さんを引き込んで何ページか練習していました。『G2さん、ココを教えてください! どうやればいいんですか?』って」とギリギリまで役作りに挑む八乙女らしいエピソードを語っていた。

『薔薇と白鳥』

『薔薇と白鳥』

一方、髙木は「稽古は毎日楽しかったので、辛いとかはなかったんですが、芝居中に失敗すると『ああっ!』ってその場で態度に出てしまうんです。でもそういう時にG2さんから『ステージの上では反省しない。終わってから言うからちゃんと次に切り替えて!』って言われました」と、初舞台ならではの指導が入った事にも触れていた。

楽屋の暖簾についても話が及ぶ。八乙女は関ジャニ∞の丸山隆平に「ぜひ尊敬しているので(暖簾を)作ってください」と依頼したところ「僕でいいんですか?」と返されつつも八乙女のメンバーカラーのイエロー地にベースと丸山の○(マル)が入った暖簾を作ってもらった、とこぼれんばかりの笑顔を見せる。「暖簾のデザインは関西ジャニーズJr.の林真鳥くんがやってくれたそうです。嬉しいです」
※有料会員サイト「Johnny'sWeb」の八乙女のページに暖簾の画像がアップされているので気になる方はチェックを。

マーロウが書いたたくさんの台本

マーロウが書いたたくさんの台本

そして髙木は「絶賛……作ってもらっている最中です(笑)! というのも、楽屋暖簾は誰かに作ってもらうものだってことを知らなくて、それを知ってドラマで共演したKAT-TUNの亀梨和也くんにお願いしたんです。そうしたらすごく忙しい方なのに『わかった。間に合うかどうか分からないけど、急いで作るわ』と言ってくださって! 急だったので申し訳なかったです。今ここに(暖簾が)向かってきていると思います(笑)。暖簾から先輩からのパワーをもらっている気持ちです」と先輩の心遣いに感謝していた。

二人が所属するHey! Say! JUMPのメンバーも、皆この舞台を観に行きたいと話しているそうで、「特に山田涼介が舞台を観に来たがっている」と語る八乙女。「ひか(八乙女)は舞台に向いているから楽しみだね! と言ってました。でもしょっちゅう『台詞覚えた?』って聞いてくるんです。台本もらって3日後にそれを聞いてきたので『(3日目じゃ)無理だって!』と返事をしました(笑)。で、山田に少しだけ台本を見せたら『あ……ヤバイねー(笑)』って!」そういいながらもメンバーの事を嬉しそうに語る八乙女だった。

最後に八乙女は「後はお客さんからパワーをもらいつつ頑張っていきたいです」、髙木は「失敗さえも楽しめるようにやろうかなと思っています」とコメントし、会見を締めていた。

「サービスショットお願いします!」と声を掛けたらこんなポーズをしてくれました。

「サービスショットお願いします!」と声を掛けたらこんなポーズをしてくれました。

会見の場で「光はムキになっていくところが魅力」と佐藤から言われたその言葉のように、八乙女は自分の才能に自信を持っているが、どこか不器用で上手に生きられないマーロウを、傷だらけになりながら演じているようだった。
そして青年シェイクスピアを演じる髙木は、純朴で人懐っこい青年という姿の裏側に闇の部分を匂わせ、有名になってからはその真白い衣裳が彼の心の奥底を隠すための鎧に見えた。

シェイクスピアが書いた作品が上演されることは星の数ほどあるが、シェイクスピア自身を描く作品はあまり多くない。フィクションではあるが、まるでこれが史実だというような説得力を感じさせる作品だった。

取材・文・撮影=こむらさき

公演情報

 『薔薇と白鳥』
 
【あらすじ】
16世紀末、エリザベス女王統治下の英国―
天才劇作家クリストファー・マーロウ(八乙女)は、若くしてヒット作を生み出すも、奔放な生活で金に困り娼婦ジョーン(町田マリー)の家に居候している。 
ある日、ストレインジ卿の依頼で田舎出の俳優志望の青年に、劇作を教えることになる。その青年の名はウィリアム・シェイクスピア(髙木)。マーロウは自らの戯曲を見せ、「芝居は教わるものではない、盗め」と告げる。シェイクスピアは、並外れた記憶力を持つだけでなく、人懐っこい性格でローズ座の劇場主であるヘンズロウ(佐藤)や人気俳優エドワード・アレン(本折最強さとし)など、周囲の人々から信頼を得ていく。

そんなシェイクスピアの才能に触れることで、マーロウ自身も心の奥底にある熱いものを突き動かされる。そして、劇作家として、自分の表現のため、真剣に劇作に向かい始めるように。

そんな中、「シェイクスピアは何者なのかを探れ」と、人殺しも厭わない残忍な諜報員フライザー(武田真治)から依頼を受けたマーロウは隠された事実を知り……。
 
■作・演出:G2   
■出演:八乙女光、髙木雄也、武田真治、町田マリー、本折最強さとし、有川マコト、林田一高、鹿野真央、佐藤B作
■東京公演:2018年5月27日(日) ~6月24日(日)  東京グローブ座
■大阪公演:2018年6月29日(金)~7月1日(日)  森ノ宮ピロティホール
 
■制作協力:ジャニーズ事務所
■主催:東京グローブ座   
■企画・製作:Quaras
 
■公式サイト:https://www.bara-hakucho.jp
シェア / 保存先を選択