永井豪の画業50年突破祝う『永井GO展』 直筆原稿やイラスト600点超を展示

ニュース
アート
2018.5.29

漫画家・永井豪の個展『画業50年“突破”記念 永井GO展』が9月8日から大阪の大阪文化館・天保山で開催される。

1967年に『目明しポリ吉』でデビューして以来、『デビルマン』『マジンガーZ』『バイオレンスジャック』『キューティーハニー』などを発表し、現在は雑誌『ビッグコミック』で『デビルマンサーガ』を連載中の永井豪。これまでに発表した作品数は350を超える。

永井の画業50年突破を記念して行なわれる同展では、デビュー作から最新作に至るまでの作品を「鬼・悪魔」「ロボット」「ギャグ」「魅力的なヒーロー・ヒロイン」といったジャンル別に紹介。直筆原稿やカラーイラストなど600点以上を展示する。『マジンガーZ』『デビルマン』の世界観をイメージしたエリアや秘蔵資料を展示するほか、新たに制作されたイラストやデビューまでの道のりを描いた漫画も初公開される。会期初日の9月8日には事前応募者100人限定のサイン会も実施する。

開催に際し、通常チケットに加え、6月1日から9月7日まで『デビルマン』『マジンガーZ』『キューティーハニー』の限定デザインチケットおよび『「超合金の塊・マジンガーZ&グレートマジンガー」付前売り券』が販売される。詳細は展覧会のオフィシャルサイトで確認しよう。

なお、『画業50年“突破”記念 永井GO展』は2019年9月から東京・上野の森美術館を巡回予定。

永井豪のコメント

マンガ家デビュー50周年突破を記念して展覧会を開催しま~す!!
めちゃ面白い展示で、いっぱいです!
ぜひ皆様ごらん下さい!!

CINRA.NET
シェア / 保存先を選択