「劇団鹿殺し」の旗揚げを描いた自伝的小説が渡部豪太主演で舞台化! 舞台『さよなら鹿ハウス』メインキャストオーディションも開催

ニュース
舞台
2018.6.22
渡部豪太

渡部豪太

画像を全て表示(3件)

劇団鹿殺し」の旗揚げを描いた自伝的小説が、渡部豪太主演で舞台化されることが発表された。舞台『さよなら鹿ハウス』は2018年日本劇作家協会プログラムとして、東京は座・高円寺1にて、大阪は HEP ホールにて11月に上演され、渡部は劇団鹿殺し代表の丸尾丸一郎役を演じる。

劇団鹿殺しの代表・丸尾丸一郎は乃木坂46主演舞台『墓場、女子高生』や朝井リョウ原作・舞台『何者』の演出、秋元康プロデュースの「劇団4 ドル50 セント」の脚本・演出、朗読劇『予告犯』の演出、6月1日に発表となったTVドラマ『マジムリ学園』(AKB48 小栗有以 主演)の脚本と、話題作に次々と起用され注目を集めている。
丸尾がポプラ社発行の「asta*」にて連載中の自伝的私小説「さよなら鹿ハウス」を原案とし、作・演出も丸尾自身が務める。丸尾は自身の忘れられぬ体験を描いた同作の舞台化を熱望しており、その内容は、「劇団鹿殺しと丸尾自身の七転八倒の上京物語」となっている。本公演はそんな特別な意味合いを持つ舞台だ。

丸尾丸一郎

丸尾丸一郎

渡部豪太 コメント

「伝説になるために東京へやってきた七人の若者達。それを聞くだけでまるで大好きな漫画の冒険が始まるかのようにワクワクしてしまいます。しかしこれはただの夢物語ではありません、現実に七人の演劇人が生きた、真実の物語です。女一人男六人が一軒家で繰り広げる共同生活。路上ライブや芝居の公演の稼ぎだけで生きると決めた鉄の掟など、私自身未体験のことが満載でこれを舞台化するとどうなるか、全く想像がつきません。
しかし、私自身も芸の道に生きると決めて、上京した人間の一人です。
20歳の無知でがむしゃらだったあの頃を想い、今のこの年齢で演じることになにか必然性があるような気がしています。『夢』や『目標』など、時に人は鼓舞し、時には人を突き放す、しかし誰もが一度は憧れた無責任な言葉を、演劇人という特異な人間通じてを描く今作品。世代や職業、果ては人種を超えて沢山の人達と劇場で共有したいと今から思わずにはいられません。 ―渡部豪太

また、ポプラ社より小説の発売の予定、そして、本公演に出演するメインキャストオーディションも開催されることが決定している。
応募期間は6月1日(金)19:00〜7月10日(火)23:59まで。
特設サイト http://shika564.com/audition 

『さよなら鹿ハウス』扉絵

『さよなら鹿ハウス』扉絵

メインキャストオーディション概要

『さよなら鹿ハウス』メインキャストオーディション概要
 
【募集人数】
男女ともに若干名。
【応募資格】
・18歳以上の男女。
※未成年の方は保護者の同意が必要です。
・経験不問。
・下記の稽古・本番期間に、すべて参加できる方。
稽古/2018年10月5日より開始予定(都内稽古場にて)
本番/2018年11月8日〜11月25日 会場/東京(座・高円寺1)・大阪(HEP ホール)
※原則 出演料およびギャランティなしをご了承いただける方。ただしチケットキャッシュバックはございます。
【選考方法】
一次選考:書類選考(通過された方には7月12日(木)までに、二次審査のご案内をお送りします。
二次選考(実技):7月16日(月) 都内某所にて開催予定(WS 形式で行います)
【参加費】
3,000 円(二次選考に進んだ方のみ)
【応募方法】
応募方法は二種類ございます。
★ともに、2018年7月10日(火) 23:59 必着
A.下記 URL より応募書類を DL し、御記入の上、メールか郵送にて応募する
http://shika564.com/dl
B.公式応募フォームを使い、応募する
http://shika564.com/entry
※応募書類とプロフィールをメール/郵送/FAX のいずれかでお送りください。
※応募書類とプロフィールはご返却できませんので予めご了承ください。
【オーディション公式サイト】
http://shika564.com/audition
【送付先】
・メール audition@shika564.com(担当:高橋)
・郵送 杉並区和泉1丁目53−10 オフィス鹿宛 ※直接ご持参頂くことはご遠慮ください。
・FAX 03-6265-8519(担当:高橋)
シェア / 保存先を選択