松井珠理奈、兼任辞退でSKE48に活動一本化「AKBを焦らせたい」

ニュース
2015.10.22
松井珠理奈 (c)AKS

松井珠理奈 (c)AKS

SKE48とAKB48を兼任していた松井珠理奈が、AKB48メンバーとしての活動辞退を発表。SKE48の活動に専念することが明らかになった。

これは現在放送中のニッポン放送「AKB48のオールナイトニッポン~今夜、松井珠理奈が生放送で重大発表SP~」にて、本人が横山由依(AKB48)とプロデューサーの秋元康立ち会いのもと発表したもの。彼女は「1年前くらいから秋元先生に相談してたんですけど……私はSKEがすごく大好きで。かわいい後輩も入ってきて、自分の背中を見せたい思いがあって。最近、(松井)玲奈ちゃんが卒業したのもあって、1つ決心しました。これまでAKB48とSEK48を兼任させていただいてたんですけど、SKE一本でいくことを決めました」と明かし、「AKBを焦らせたいですね」「48グループの中で引っ張っていくグループになりたいです。最初の目標がAKB48を超えることだったんですよ。でも兼任になって、もやもやしていた部分があったんです。それがなくなるので、自分の原動力になるかな」とAKB48に対してのライバル宣言も飛び出した。

また横山は「私もNMB48と兼任していたので大変さはわかるし、(珠理奈は)AKBでもSKEでもメインでやってるから大変だろうなと思って。寂しくなりますけど、姉妹グループも勢いがさらに加速していってほしい時期なので、このタイミングで決断したのはすごいなあと」と松井珠理奈の決断に感嘆していた。なお兼任解除の時期は未定。

さらにラジオには、アメリカ・ラスベガスに滞在中の指原莉乃(HKT48)が電話で登場し、秋元の質問をきっかけに写真集を撮影していたことを告白。「けっこういい感じに仕上がったので楽しみにしててください」とリスナーにアピールした。

音楽ナタリー
シェア / 保存先を選択