速報!世界初演『プリンス・オブ・ブロードウェイ』最終通し舞台稽古

SPICER
遂に開幕した『プリンス・オブ・ブロードウェイ』

遂に開幕した『プリンス・オブ・ブロードウェイ』

やっぱりミュージカルだった!

『プリンス・オブ・ブロードウェイ』

『プリンス・オブ・ブロードウェイ』

ブロードウェイの超一流スタッフ&キャストがここ日本で新作の幕を開ける前代未聞のプロジェクト、『プリンス・オブ・ブロードウェイ』。開幕を夜に控えた10月23日昼、演出のハロルド・プリンスとスーザン・ストローマン、それに音楽スーパーバイザーのジェイソン・ロバート・ブラウンら豪華クリエイター陣も見守るなかでゲネプロが行われ、遂にその全貌が姿を現した。

『プリンス・オブ・ブロードウェイ』

『プリンス・オブ・ブロードウェイ』

『プリンス・オブ・ブロードウェイ』

『プリンス・オブ・ブロードウェイ』

『プリンス・オブ・ブロードウェイ』

『プリンス・オブ・ブロードウェイ』

ハロルド・プリンスがこれまでに演出/プロデュースしてきた作品の名場面で綴る、と聞いて、ミュージカルというよりコンサートのようなものを想像していた方も多いのではないだろうか。だが実際の仕上がりは、確かに全編を貫く明確なストーリーやテーマはないものの、やはりミュージカル。そう感じさせる理由は、ひとつにはもちろん、プリンス自身が市村正親の声を借り、各作品の創作時のエピソードをところどころで語っていることにある。だがそれ以上に、“ミュージカルにおける歌の力”を前面に押し出した作りになっていることが、何より大きいのではないだろうか。

『プリンス・オブ・ブロードウェイ』

『プリンス・オブ・ブロードウェイ』

『プリンス・オブ・ブロードウェイ』

『プリンス・オブ・ブロードウェイ』

ミュージカルにおける歌の力があまりに強く、BGMにしようとすると痛い目に遭うのは、ミュージカルファンなら皆さんご承知の通り。悦び、悲哀、決意…人間の生々しい感情が音楽にのってストレートに飛んでくると、とても平静には受け止められない。そうした力は、コンサートの形になると時に弱められ、代わりに歌い手本人の個性がフィーチャーされることが多いものだが、本作ではそのまんま。キャストが皆、自身の歌唱力やダンス力を見せつけるのではなく、その作品の前後の文脈全てを背負った“役”として各ナンバーを歌い、踊っているのだ。

『プリンス・オブ・ブロードウェイ』

『プリンス・オブ・ブロードウェイ』

短い名場面の後ろに作品がぶわっと広がって見えるこの感じ、どこかで味わったことがあると思ったら、大好きなトニー賞の授賞式だった。各キャストやシーンの詳細レポートは追ってお届けするとして、まずは「歴代受賞作の名場面が次々と繰り広げられる超豪華版トニー賞授賞式を日本で観られるチャンスをお見逃しなく!」という言葉で速報レポートを締めくくりたい。

『プリンス・オブ・ブロードウェイ』

『プリンス・オブ・ブロードウェイ』

『プリンス・オブ・ブロードウェイ』

『プリンス・オブ・ブロードウェイ』

『プリンス・オブ・ブロードウェイ』

『プリンス・オブ・ブロードウェイ』



 
取材・文/町田麻子
 
公演情報
ワールドプレミア ミュージカル
『プリンス・オブ・ブロードウェイ


演出:ハロルド・プリンス
共同演出・振付:スーザン・ストローマン
出演(アルファベット順):ジョシュ・グリセッティ、シュラー・ヘンズリー、ラミン・カリムルー、ナンシー・オペル、ブリヨーナ・マリー・パーハム、エミリー・スキナー、マリアンド・トーレス、ケイリー・アン・ヴォーヒーズ、トニー・ヤズベック、柚希礼音/市村正親[声の出演]

【東京公演】
2015年10月23日(金) 〜 11月22日(日)
東急シアターオーブ(渋谷・ヒカリエ11階)

【大阪公演】
2015年11月28日(土) 〜 12月10日(木)
梅田芸術劇場メインホール

問い合わせ:梅田芸術劇場 【受付時間】10:00~18:00
[東京]0570-077-039
[大阪]06-6377-3800

シェア / 保存先を選択