【動画あり】 宮本笑里「全プログラム聴きたい」~『STAND UP! CLASSIC FESTIVAL 2018』<What's “スタクラフェス”?>

動画
インタビュー
クラシック
2018.8.3
宮本笑里 (撮影:岩間辰徳)

宮本笑里 (撮影:岩間辰徳)

画像を全て表示(4件)


<What's “スタクラ フェス”?> Artist Close-Up 宮本笑里

来たる2018年9月23日(日・祝)秋分の日、『イープラス Presents STAND UP! CLASSIC FESTIVAL 2018』(略称 “スタクラフェス” )が、横浜赤レンガ倉庫の特設会場にて開催される。会場には3つの野外ステージ(HARBOR STAGE/GRASS STAGE/Sunday Brunch Classic Stage)が設けられ、午前10:30~午後8:30まで10時間にわたり、気鋭の演奏家たちにより、クラシックのよく知られた名曲からオペラ、ミュージカルの名曲、さらにはスタジオジブリの音楽まで、多種多様なプログラムが繰り広げられる。クラシックのコンサートといっても決して堅苦しいものではなく、屋外で潮風を感じながら、食べたり飲んだり、時には寝そべりながら、多様な音楽を気軽に楽しめるのが、このフェスの特徴だ。

この新しい野外クラシック音楽フェスの「世界まるごとクラシック~みんなおいでよ、赤レンガ~」(HARBOR STAGE 12:10~13:20)に、にヴァイオリニストの宮本笑里(みやもとえみり)が出演する。先頃SPICEは、彼女からスタクラフェスについて話を聞く機会を得た。

──スタクラフェスの話を最初に聞いた時、このイベントに対してどのような印象をもたれましたか?

野外でクラシックを聴ける環境というのは贅沢ですね。普段コンサートホールに行くにはちょっと勇気がいるな、と思っていらっしゃる方にも気軽に来ていただけるのではないかと感じました。

クラシックのコンサートホールはちょっとした繊細な音でもすごく響いてしまいます。そこで更に緊張感が高まってしまうこともあるかと思うんです。私も会場に入れる年齢になって初めてクラシックホールに行った時に、じっとしていなくてはいけないと思うと、すごくドキドキしたのを覚えています。クラシックの世界にはどうしても、そういうかしこまったイメージがつきやすく、そこからどうしてもクラシック音楽は「硬いのかな? 難しいのかな?」と感じてしまう方々も多いと思います。

だからこそ、今回のように開放感のある野外の空間でクラシックのフェスティバルが行われることは、演奏する側も普段とは気持ちから違ってくると思いますし、聴いてくださる方々にもクラシックを別の観点で捉えていただける良い機会になるのではないかと思いました。

──今回のような屋外での演奏を経験されたことはありますか?

これまでにも何度か演奏させていただいています。

──屋内での演奏との違いはどういった点でしょうか。

屋内・屋外、それぞれに良いところがあります。クラシック音楽のホールは生の響きをそのままストレートにダイレクトに聴けますので、たまらなく痺れる瞬間が何度もあります。本当に繊細な小さな音から広がっていってダイナミックな大きな音になる過程を楽しめるのも、ホールならではの醍醐味ですね。一方、野外での演奏では、鳥の声や、小動物が参加してくれたりして、自然の中で自分自身もリラックスできる雰囲気があります。そうした演奏者の感覚というのは必ずお客様に伝わりますから、聴いてくださる方もほっこりして、優しい気持ちになれる。そして、それがまた演奏者に伝わってくるという素敵な循環を感じることができます。

──小動物が参加したというのは、どちらでの演奏だったのですか?

鎌倉で演奏した時にリスが出てきたんです。演奏中にリスに出会えることはなかなかないので(笑)、とても楽しい思い出として残っています。

──それは確かに素敵な光景ですね。そういうリラックスした雰囲気の中で初めてクラシックを聴いてくださった方が「今度はコンサートホールに行ってみよう」と思ってくださったら更に素晴らしいことですね。

このスタクラフェスが、本当にそうしたきっかけのひとつになったらいいなと思います。

──宮本さんが出演される「世界まるごとクラシック」というステージは青島広志さんのナビゲートで進行していきます。これまでに青島さんと共演されたことは?

共演するのは今回がはじめてなんです。同じイベントですれ違ったというニアミス?(笑)的なことはありました。その時は私が楽屋にいて、ステージ上の青島さんの面白いお話を聞きながら、自分の演奏の準備をしていました。今度はいよいよ同じ舞台に立てるということでとても楽しみにしています。

──演奏曲目を教えていただいてもよいですか?

「世界まるごとクラシック」のステージに立つ皆さんは、クラシック音楽の中でも耳馴染みのある曲を多く演奏する予定です。その中で私はモンティ作曲の「チャルダッシュ」を演奏させていただきます。「チャルダッシュ」は短いけれども情熱的な曲で、印象的なメロディがたくさん出てきます。私も、もう何回弾いたかわからないくらい数多く演奏してきた曲ですが、初共演のシアターオーケストラトーキョーさん、そして青島さんのお話も含めてのステージになるので、きっとこれまでとは違った「チャルダッシュ」の表現になるのではないかと自分自身もとても楽しみにしています。

──「チャルダッシュ」は聴いていて、本当に踊りだしたくなるような、気持ちの高揚する曲ですよね。

ロマの人たちが、ちょっとお酒が入ってほろ酔い気分になりながら、やはりお酒を飲みながら聴いている人たちに「どう? こんなこともできるんだよ!」と、速いパッセージを弾いてみせている、そんな光景を想像しながら聴いていただけると嬉しいです。

──ときに、スタクラフェスに参加するにあたり、演奏者/オーディエンスの立場を超えて、このフェスで楽しんでみたいことはありますか?

もし自分がお客さんだとしたら、全プログラム聴きたいです! 実際、自分の演奏が終わったら聴きにいけるのではないかと楽しみにしています。

──特に気になるプログラムはありますか?

お友達も結構たくさん出ているんですよ。特に松田理奈さんが出るGRASS STAGEの「プレミアムサンセット~キャンドルを灯して~」は楽しみですね。彼女の演奏は学生の頃から大好きなので、これは絶対に聴きにいきたいと思っています。あとは、反田恭平さんもすごく情熱的な演奏をされますし、演奏だけではなくて幅広い活動をされていらっしゃる刺激的な存在なので、是非近くで演奏を聴いてみたいです。

──反田さんは、「クラシックinアニメ」で『のだめカンタービレ』でお馴染みのベートーヴェン「交響曲第7番」の指揮を振ります。宮本さんも2006年にのだめオーケストラのメンバーに選ばれていて、縁のある作品ですよね。

ええ。ですからやはり「クラシックinアニメ」もすごく気になります。思い出の曲もたくさんあるので是非聴きにいきたいと思います。

──会場となる赤レンガ倉庫や横浜界隈でのお気に入り、おススメのスポットやお店などはありますか?

バーニーズ ニューヨーク(横浜店:神奈川県横浜市中区山下町36-1)の上の階に隠れ家的なお店があって、バーなんですけれど景色も良いですし、落ち着いた雰囲気だったのが印象に残っています。そこは一息入れに疲れた時におススメのお店ですね。私は小さい頃、横浜によく行っていたことがあり、昔から横浜の街並みが大好きなんです。建物にも異国情緒がありますし、歩いているだけで絵の中に入ったような気持ちが味わえるのが魅力ですね。海を見ながら歩くだけでも普段とは違った気分になれます

──最後に読者の方々に、スタクラフェスへのお誘いのメッセージをお願いします。

年齢に関係なく小さなお子さんも楽しみながらクラシック音楽を聴ける空間というのは、日本ではまだそんなに多くないので、是非気楽に足を運んでいただけたらと思います。私自身も今からすごく楽しみにしています。会場でお待ちしています!

【動画】宮本笑里さんよりメッセージ


取材・文=橘涼香  写真撮影=岩間辰徳

公演情報

『イープラス presents STAND UP! CLASSIC FESTIVAL 2018』
 
■公演日時:2018年9月23日(日・祝日)開場9:30/開演10:30/終演20:30 ※予定
■会場:横浜赤レンガ倉庫特設会場 (神奈川県)
 
■出演者(50音順):
【ソリスト】
伊藤悠貴(Vc)、伊礼彼方(Vo)、上野耕平(Sax)、大山桃暖(Pf)、金子三勇士(Pf)、北川辰彦(Bar)、小林沙羅(Sop)、小林美樹(Vn)、サラ・オレイン(Vo,Vn)、反田恭平(Pf)、髙木竜馬(Pf)、丹呉由利子(Mez)、DEPAPEPE、NAOTO(Vn)、中井亮一(Ten)、牛牛/ニュウニュウ(Pf)、藤田真央(Pf)、麻衣(Vo)、松下奈緒(Pf)、松田理奈(Vn)、三浦一馬(バンドネオン)、宮本笑里(Vn)、山本耕平(Ten)、LE VELVETS、他
【指揮】
青島広志、岩村力、横山奏
【アンサンブル】
シアター オーケストラ トーキョー、STAND UP! ORCHESTRA、ぱんだウインドオーケストラ、神奈川フィルハーモニー管弦楽団、岩城直也(Pf,編曲)

【Sunday Brunch Classic Stage】※無料ステージ
1966カルテット、こぱんだドラムス、實川風(Pf)、園田涼(Pf)、新倉瞳(Vc)、藤原功次郎(Tb)、細川千尋ジャズトリオ、正戸里佳(Vn)、mille baisers、山田姉妹、米津真浩(Pf)

【総合司会】松下奈緒

■チケット料金:
1日券シーティング:13,800円
1日券スタンディング:9,800円
半日券(14時まで):5,500円
※シーティングエリア内は座席あり・自由席になります。シーティングエリアへのご入場は「1日券シーティング」「半日券(14時まで)」をご購入のお客様に限ります。
※半日券(14時まで)は夜まで楽しみたいけど、小さなお子様がいてお昼過ぎまでしかいられない方の為にご用意した枚数限定の特別なチケットです。開場から14時まで、シーティングエリア・スタンディングエリアの両方をご利用いただけます。それ以降はご退場をお願い致します。
※スタンディングエリアはすべてのお客様にご入場いただけます。
※雨天決行 ※4歳以上チケット必要(3歳以下は保護者1名につき1名のみ入場無料)
※ステージ内容は変更になる場合もございます。予めご了承ください。

■チケット:好評販売中
 
■関連サイト:
公式サイト:http://standupclassicfes.jp
e+(イープラス):http://eplus.jp/
株式会社イープラス:http://corp.eplus.jp/
Twitter:https://twitter.com/stacla_fes2018
Facebook:https://www.facebook.com/Stand-Up-Classic-Festival-2018-216194119151436/​

■主催:イープラス/朝日新聞社/BSフジ
■協賛:クレディセゾン/ファミリーマート/テラダ・ミュージック・スコア
■後援:神奈川県/横浜市文化観光局/横浜港運協会/(一社)横浜港振興協会/tvk/FMヨコハマ
■企画制作:イープラス/Zeppライブ
■制作協力:クリエイティブマンプロダクション
■協力:日本クラシック音楽事業協会/ソニー・ミュージックエンタテインメント
■問合せ:イープラス:0570-01-2244(受付時間10時~18時・土日祝含む)
シェア / 保存先を選択