ノーベル科学者講演に面白実験も!お台場の科学イベント

ニュース
2015.10.23


国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)は、11月13日(金)~15日(日)に科学フォーラム「サイエンスアゴラ2015」を開催する。

「サイエンスアゴラ」は毎年11月に開催される科学をテーマにしたフォーラムで、今年で10回目。子供向けの理科実験や、トップ科学者との対話、市民参加の科学討論など「あらゆる人に開かれた科学と社会をつなぐ広場」を目指し、会場はお台場地区の日本科学未来館を中心に6施設を使った日本最大級の科学フォーラムとなっている。入場は無料。

6施設ではさまざまなシンポジウム、トークセッション、サイエンスショー、科学実験・工作、展示が行われ、プログラムの数は約200になる。

シンポジウムやトークセッションには国内外からトップ科学者をはじめとした多士済々なゲストが参加。2014年のノーベル物理学賞受賞者である名古屋大学の天野浩教授の特別記念講演、SF作家の藤井大洋氏を迎えた最先端科学技術者との意見交換セッション(有料・1000円)、「国際光年」を記念した特別セッションなどが開催される。

また、会場ブースには高校、大学、研究所、企業など約120の企画・団体が参加。発表、展示、科学実験、体験工作が展開され、科学を切り口に多彩なプログラムを楽しむことができる。

◆プログラム抜粋

「世界最強のゲルと未来を照らす透明インクを体験しよう」(北海道大学 物質科学リーディングプログラム)

「ペットボトル掃除機をつくろう」(東京都立産業技術研究センター)、

「バイオ研究で世界へ羽ばたけ!10代サイエンティスト!」(日本科学未来館)、

「生体分子の左右性 ~科学折り紙で鏡の国を体験しよう~」(科学芸術学際研究所 ISTA)

「気象予報士とお天気実験!」(日本気象予報士会サニーエンジェルス)

「なぞときiPS細胞」(京都大学 iPS細胞研究所)、

「3Dプリンターでモノづくりに挑戦しよう」(マーブルワークショップ)、

「宇宙エレベーター実験教室と未来の宇宙開発について」(宇宙エレベーターロボット競技会実行委員会、日本大学理工学部)、

「弾むスライム作り! &TMU-SFC活動紹介」(TMU-SFC)、

「個超音波のちから ~手で感じる、ものが浮く~」(星貴之)、

「2020年、日本人は昆虫を食べているか?~未来の昆虫食ロードマップを描く~」(NPO法人食用昆虫科学研究会)

※プログラムには参加費、参加人数限定・事前予約が必要なものあり。「サイエンスアゴラ2015」公式HPで要確認

会場には、Pepperが来場者におすすめのブースや企画を案内するコーナーも設置。また今年から入場事前登録制度を導入、「サイエンスアゴラ」公式HPで登録すれば、当日には一般入場者より早く会場に入ることができる。さらに、「サイエンスアゴラ」記念グッズももらえるのでおすすめだ(グッズはなくなり次第終了)。

会場ではスタンプラリーも実施。3会場以上でスタンプを取得した参加者は、日本科学未来館の無料チケットも獲得できる。ぜひ挑戦してみては。【東京ウォーカー】
 

Walkerplus
シェア / 保存先を選択