大人気ファンタジーコミック『カーニヴァル』が2016年春に舞台化!

ニュース
2015.10.24
大人気ファンタジーコミック『カーニヴァル』が舞台化決定!

大人気ファンタジーコミック『カーニヴァル』が舞台化決定!


月刊コミックZERO-SUM(一迅社)で連載中の大ヒットファンタジーコミック『カーニヴァル』。10/24発売の最新単行本『カーニヴァル』16巻、10/28発売の月刊『コミック ZERO-SUM』12月号にて、2016年春になんと舞台化することが発表されました!

今後はコミックZERO-SUM誌上、舞台公式サイト・ツイッターで詳細が発表されていきます。无や花礫を演じるキャストは誰なのか? どんな演出がなされるのか? 今後の発表から目が離せなくなりそうです!

■『カーニヴァル』とは
自分の名前と“嘉禄(カロク)”のことしか知らない不思議な少年・无(ナイ)。嘉禄のものであるという「輪(サーカス)」の腕輪を手掛かりに嘉禄を探していた无は、旅の途中で花礫(ガレキ)という少年に助けられる。助けた大過として、その腕輪を要求する花礫と行動を共にするようになった无は、国家防衛機関である「輪」のメンバーと列車の愛ジャック事件をきっかけに関わっていく。人とのかかわりあいの中で、さまざまなことを学んでいく无。そして花礫にとっても、それはこれまで知らなかった世界が幕を開けるものとなる――。

これが初連載となる御巫桃也(みかなぎとうや)の『カーニヴァル』は、2007年より『コミックZERO-SUM』(一迅社刊)にて大好評連載中。10/24に最新単行本16巻が発刊。2013年にはテレビアニメ化され、美麗な絵柄と確固たる世界観で展開される大ヒットファンタジー作品。

>>舞台『カーニヴァル』公式サイト
>>舞台『カーニヴァル』公式Twitter(Karneval_STAGE)

アニメイトタイムズ
シェア / 保存先を選択