城田優が森川葵とのW主演ドラマ『文学処女』の挿入歌を担当 「ドラマの中の“熱い恋”をさらに盛り上げられたら」

ニュース
音楽
舞台
2018.8.23
城田優

城田優

画像を全て表示(2件)

2018年9月上旬よりMBS/TBS ドラマイズムで放送される、森川葵城田優がW主演を務めるドラマ『文学処女』の挿入歌に城田優の歌う「イザベル」が決定した。本楽曲は2018年10月24日に発売となる城田優の新アルバム『a singer』の収録曲である。

同ドラマの原作となったLINE マンガ編集部のオリジナル作品『文学処女』は、恋を知らない女・文芸編集部の月白鹿子(森川葵)と、恋ができない男・人気小説家の加賀屋朔(城田優)の歪な関係から生まれる遅咲きの恋の物語。文学から芽生える儚く美しいストーリーに城田優の楽曲「イザベル」が色を添える。

『文学処女』

『文学処女』

10月に発売となる『a singer』は、ミュージカルを彩る様々な楽曲を厳選した意欲的なミュージカル・カバー・アルバム。挿入歌である「イザベル」は人気ボーカル・グループ IL DIVO(イル・ディーヴォ)の2ndアルバム『ANCORA(アンコール)』(2005年)に収録されたオリジナル曲で、原曲はフランスの作曲家 ガブエル・フォーレの「パヴァーヌ」だ。

城田のルーツでもあるスペイン風のラテンアレンジに、城田本人がスペイン語の歌詞をのせた本楽曲は、城田がドラマで演じる色気漂う小説家・加賀屋朔をイメージさせるような情熱的でセクシーな仕上がりになっており、ムーディーな曲調は映像にもピッタリで、目でも耳でも楽しめるドラマになりそうだ。

城田優 コメント
9月から放送の森川葵さんとW主演で出演させて頂いているドラマ『文学処女』の挿入歌に、この秋発売の僕のアルバム「a singer」に収録される「イザベル」が決定しました! 個人的にずっと好きだった、イル・ディーヴォさんの名曲のカバーです。オリジナルバージョンの哀愁漂うアレンジとは対照的に、情熱的なラテンのリズムと、甘く切ないギターのサウンドで聞かせます。もちろんスペイン語で歌いました。この曲で、ドラマの中の「熱い恋」をさらに盛り上げられたらと思います! 是非、本編を観ていただき、ドラマと音楽のマッチングにも注目して下さい!

 

放送情報

ドラマイズム「文学処女」
MBS/TBS ドラマイズム枠にて9 月上旬放送スタート
MBS 9月9日より 毎週日曜深夜0:50~
TBS 9月11日より 毎週火曜深夜1:28~

【主演】森川葵 城田優
【原作】中野まや花「文学処女」(LINE マンガ)
【監督】スミス(『ぼくは麻里のなか』、でんば組.incミュージックビデオ他多数)他
【脚本】下田悠子
【制作】ソケット
【製作】「文学処女」製作委員会・MBS

リリース情報

城田優『a singer』
2018年10月24日(水)発売
価格:2,778+税
品番:SICX-SICL 30046
【収録曲】※曲順未定
1.闇が広がる(エリザベート)duet with ラミン・カリムルー ※日本語歌唱
2.ホール・ニュー・ワールド(アラジン)duet with すみれ ※英語歌唱
3.エメ(ロミオとジュリエット)※日本語歌唱
4.母は僕を産んだ(ファントム)※日本語歌唱
5.僕こそ音楽(モーツァルト!)※日本語歌唱
6.コーナー・オブ・ザ・スカイ(ピピン)※英語歌唱
7.僕がついてる(スウィーニー・トッド)※日本語歌唱
8.マイ・フェイヴァリット・シングス(サウンド・オブ・ミュージック)※英語歌唱
9.ザ・グレイテスト・ショー(グレイテスト・ショーマン)※英語歌唱
10.ア・ミリオン・ドリームズ(グレイテスト・ショーマン)※英語歌唱
11.イザベル(IL DIVOカバー)※スペイン語

『城田優コンサート2019』
日時:2019年3月21日(木・祝)
会場:中野サンプラザホール
★城田優オフィシャルファンクラブLove&Peace最速チケット先行予約受付決定
9月3日(月)までにご入会いただくと、最速チケット先行予約受付が可能
シェア / 保存先を選択