ラミン・カリムルーの艶めく美声にうっとり 『プリンス・オブ・ブロードウェイ』ゲネプロレポート!

SPICER
『プリンス・オブ・ブロードウェイ』

『プリンス・オブ・ブロードウェイ』

 

ラミン・カリムルーの艶めく美声にうっとり

 ミュージカル界の巨匠ハロルド・プリンスの生涯を、プリンス自身が製作・演出した作品の名場面で綴るワールドプレミアミュージカル『プリンス・オブ・ブロードウェイ』が、10月23日に東急シアターオーブで開幕した。名場面集といっても「コンサート」とは一線を画すものであり、例えるならトニー賞授賞式に近い印象を受けたことは、既に速報レポートでお伝えした通り。今回は、短いシーンのなかに役の心情をしっかりと宿らせることで本作を「ミュージカル」たらしめた、キャストの熱演についてレポートしたい。どんな前知識をも軽々と凌駕する、生で体験することでしか味わえない“ミュージカルにおける歌の力”を信じて、ネタバレ満載でお届け。

 スター揃いのキャストのなかでも、ついこの間までそれぞれ『レ・ミゼラブル』と『オン・ザ・タウン』のブロードウェイ公演に主演していたラミン・カリムルーとトニー・ヤズベックは、やはり本作の目玉と言うべき二人。カリムルーは『WEST SIDE STORY』のトニー役、『THE PHANTOM OF THE OPERA』のファントム役、『COMPANY』のボビー役、『EVITA』のチェ役などで艶めく美声を惜しみなく轟かせたほか、『DAMN YANKEES』と『IT’S A BIRD…IT’S A PLANE…IT’S SUPERMAN』ではちょっとしたコスプレも披露し、軽やかな茶目っ気をアピール。ヤズベックは『FOLLIES』と「TIMES SQUARE BALLET」でダンスの名手ぶりを存分に発揮、特に前者では激しく踊り狂った直後に繊細な歌を聴かせるという離れ技をやってのけた上に、シリアスなソロナンバーに挑んだ『PARADE』では歌だけでも十分勝負できることを改めて証明して見せた。

 初夏の来日会見で『FIDDLER ON THE ROOF』と『SWEENEY TODD』からのナンバーを披露し、底知れぬ表現力を見せつけたシュラー・ヘンズリーは、2作に加えて『DAMN YANKEES』『FOLLIES』『PARADE』などにも出演。台詞パートを多く担っていたことからも、演出のプリンスとスーザン・ストローマンが彼に寄せる厚い信頼が伝わってくる。今春ブロードウェイ・デビューしたばかりのジョシュ・グリセッティは、『SHE LOVES ME』では恋の喜びを爆発させる青年、『CABARET』では軽妙なMC、『A FUNNY THING HAPPENED ON THE WAY TO THE FORUM』ではちょっぴりおバカな古代ローマ人、『KISS OF THE SPIDER WOMAN』ではゲイの囚人……と、変幻自在の大活躍。そのどれもが実にチャーミングで、ほかの男性陣3人に比べると浅いキャリアからさほど注目していなかっただけに、なんとも嬉しい驚きとなった。

 

ミュージカル界屈指の“決意の歌”が満載!

 女性陣は、それぞれのソロナンバーがとにかく圧巻! ミュージカルにおいて、ヒロインが決意を歌い上げるソロが広く人の心を打つことは、「アナと雪の女王」の《LET IT GO》の特大ヒットが証明してくれたように思う。本作には、『CABARET』の《CABARET》(ブリヨーナ・マリー・パーハム)、『THE PHANTOM OF THE OPERA』の《WISHING YOU WERE SOMEHOW HERE AGAIN》(ケイリー・アン・ヴォーヒーズ)、『EVITA』の《DON’T CRY FOR ME ARGENTINA》(マリアンド・トーレス)と、そんな“決意の歌”が続々登場。加えて、美熟女が深遠な人生観を歌う『A LITTLE NIGHT MUSIC』の《SEND IN THE CLOWNS》(エミリー・スキナー)や、老婦人が怒りと諦めをぶちまける『CABARET』の《SO WHAT?》(ナンシー・オペル)など、実に幅広い感情のソロがある。5人ともが、「え、そんなところまで地声で歌うの?そこでブレス取らないの?」 という驚愕のテクニックを駆使し、それぞれの役の境地を余すところなく表現してくれたことは言うまでもない。

 そして、そんなブロードウェイスター9人に交じって引けをとらない存在感と華で魅了したのが、本作が宝塚卒業後の復帰作となる柚希礼音だ。『DAMN YANKEES』『FOLLIES』「TIMES SQUARE BALLET」では、長い手足を華麗に操ってダイナミックかつしなやかなダンスを披露し、『KISS OF THE SPIDER WOMAN』では迫力ある低音ボイスで妖しい“蜘蛛女ワールド”を作り出した。キャストの魅力を引き出すという点において、間違いなくキャスト随一であろう柚希の美脚を生かすダンスを振付けたストローマンと、ソロに限っては日本語で歌わせるという判断を下したプリンスはやはり、改めて名匠だ。

 尚、本稿では各人がメインとなっているシーンを中心にレポートしたが、これだけのスターたちが時に民衆や通行人の役で出演していることもまた、本作の大きな見どころ。意外なほど活き活きと“エキストラ”に扮するスターの姿を見逃さないよう、隅々まで目を凝らすことをお勧めする。

(取材・文/町田麻子)

 

イベント情報

ワールドプレミア ミュージカル
『プリンス・オブ・ブロードウェイ

演出:ハロルド・プリンス
共同演出・振付:スーザン・ストローマン
出演(アルファベット順):ジョシュ・グリセッティ、シュラー・ヘンズリー、ラミン・カリムルー、ナンシー・オペル、ブリヨーナ・マリー・パーハム、エミリー・スキナー、マリアンド・トーレス、ケイリー・アン・ヴォーヒーズ、トニー・ヤズベック、柚希礼音/市村正親[声の出演]

【東京公演】
2015年10月23日(金) 〜 11月22日(日)
東急シアターオーブ(渋谷・ヒカリエ11階)

【大阪公演】
2015年11月28日(土) 〜 12月10日(木)
梅田芸術劇場メインホール

問い合わせ:梅田芸術劇場 【受付時間】10:00~18:00
[東京]0570-077-039
[大阪]06-6377-3800

 

 

シェア / 保存先を選択