「劇団ミスマガジン」初公演作品はヤングマガジンで連載中の無人島サバイバル・ストーリー 『ソウナンですか?』に決定

ニュース
舞台
2018.9.15
劇団ミスマガジン 写真左から、鈴木ゆうは、農海姫夏、池松愛理、寺本莉緒、沢口愛華、岡田佑里乃、佐藤あいり、倉沢しえり、岡本桃花

劇団ミスマガジン 写真左から、鈴木ゆうは、農海姫夏、池松愛理、寺本莉緒、沢口愛華、岡田佑里乃、佐藤あいり、倉沢しえり、岡本桃花

画像を全て表示(3件)

先日、結成を発表した「劇団ミスマガジン」が2018年11月7日(水)〜11日(日)に行う初公演の、上演作品が決定した。
ヤングマガジンで連載中の人気漫画『ソウナンですか?』(原作/岡本健太郎・漫画/さがら梨々)を“演劇版”として舞台化。無人島に漂着し、サバイバル生活を送る女子高生4人の、笑いあり、涙あり、水着あり(!?)の青春模様を個性溢れるアイドルたちが体当たりで演じる。

また、「ミスマガジン2018」グランプリ&各賞受賞者5名に加え、4名の追加キャストも決定した。 「ミスマガジン2018」のベスト16として5月のヤングマガジン第23号で水着グラビアを披露した岡本桃花、倉沢しえり、鈴木ゆうは、農海姫夏が、演技でもミスマガジンに参戦する。
異色の女子高生ガチサバイバル漫画原作を、小劇場の精鋭スタッフと9名の女性キャストのみでガチに舞台化する。いつものアイドルスマイルを封印してガチの気合いで挑む、新しいスタイルの舞台作品に期待したい。

<あらすじ>
修学旅行で不運にも事故に遭い、無人島に漂着した4人の女子高生……。救助の船はおろか、水、食料、住居etc、生き残る手がかりがどこにも見つからない!?普通ならその時点でTHE・ENDのはずが、唯一の生きる希望がそこにはあった。鬼島ほまれ、16歳。なぜかサバイバルの知識と経験に長けた、フツーじゃない女子高生。ほまれとサバイバルするうちに、次第に明らかになるそれぞれの「青春」の悩み。果たして4人は悩みを克服できるのか!? 無事に帰ることができるのか!!?


●「ミスマガジン」とは
1982年にスタートし、2018年で36周年となる雑誌業界で最も歴史のあるミスコンテスト。斉藤由貴、細川ふみえ、中川翔子、岩佐真悠子、山崎真実、北乃きい、倉科カナ、桜庭ななみ、新川優愛、衛藤美彩(乃木坂46)など、錚々たるタレントを輩出。
「ミスマガジン2018」は、沢口愛華(グランプリ)、岡田佑里乃(ミス週刊少年マガジン)、寺本莉緒(ミスヤングマガジン)、池松愛理(読者特別賞)、佐藤あいり(審査員特別賞)の5名。

竜史(本公演 脚本・演出)

1988年生まれ、茨城県出身。早稲田大学第二文学部卒。2012年に演劇ユニット「20歳の国」を旗揚げ。以後、全作品の作・演出をつとめる。2013年、王子小劇場佐藤佐吉演劇賞にて「花園」で最優秀作品賞を受賞。2014年、Mitaka“Next”Selection 15thに選出、2016年 には3人の劇団員を迎え劇団化、初の下北沢・駅前劇場進出公演をするなど、定期的に作品を発表し続けている。 BS朝日「世界の文学がわかる!あらすじ名作劇場」のドラマ部分脚本、都内中学校演劇部講師やワークショップ講師もつとめる。

公演情報

『ソウナンですか?演劇版』
 
■日程:2018年11月7日(水)~11日(日)
11月7日(水)19:30
11月8日(木)14:00★ / 19:30★
11月9日(金)14:00★ / 19:30
11月10日(土)14:00 / 19:30
11月11日(日)12:00 / 16:30
※時間は開演時間(開場は開演の30分前) ★=アフタートーク開催
 
■劇場:東京・新宿「シアターブラッツ」 東京都新宿区1-34-16 清水ビルB1
■原作:岡本健太郎・さがら梨々
■脚本・演出:竜史(20歳の国)
■出演:池松愛理、岡田佑里乃、佐藤あいり、沢口愛華、寺本莉緒(以上「ミスマガジン2018」)、岡本桃花、倉沢しえり、鈴木ゆうは、農海姫夏

■チケット発売:9月22日(土)10:00〜
■ミスマガジン公式ツイッター@miss_maga_zine
■公式サイト http://miss-maga.jp
シェア / 保存先を選択