ライブレポート到着!Shiggy Jr. 感動につつまれた初のワンマンライブ!秋には全国5か所のツアーも決定!!

レポート
2015.7.15

画像を全て表示(8件)

Shiggy Jr. 感動につつまれた初のワンマンライブ!秋には全国5か所のツアーも決定!!

2015.07.01 Shiggy Jr.初のワンマンライブ
“ワンマン”スかこれ。vol.1 @渋谷CLUB QUATTRO
 

6月24日にシングル「サマータイムラブ」でメジャーデビューを果たし、発売日のiTunesチャートで総合1位を獲得、全国48局のラジオ局でパワープレイにも選ばれている。この夏、まさに飛ぶ鳥を落とす勢いのShiggy Jr.。ちょうどメジャーデビューから1週間後の7月1日、彼らのなんと初のワンマンライブは渋谷クアトロ即完!メンバーもファンも、この日がどれだけ待望の日だっただろう。

開場したフロアはあっという間に埋まり、クアトロは期待感で満杯となった。ついに客電が落ち、「LISTEN TO THE MUSIC」を特別にREMIXしたOPENING SEが場内に流れただけで、会場中から手拍子と歓声の嵐が沸き起こった。メンバーが登場し、1曲目「LISTEN TO THE MUSIC」でスタートすると、もういきなりクライマックスへと場面が転換!Shiggy Jr.のポップでキャッチーな音楽に合わせて上がった多数の腕が揺れ、その中心には池田智子(Vocal)のキュートな歌声とフロントマンとして立つ圧倒的な存在感があった。ミニ丈のワンピースのように着た赤いチュールレースが可愛らしくも、暗闇の中に居ても際立っている。曲の途中で森夏彦(Bass)が音頭をとる“肩こり体操(肩の上げ下げをする)”が始まり、お客さんとのコール&レスポンスで「クワトロクワトロ!」「初めて初めて!」「ワンマンワンマン!」などと、会場の笑顔を引き出して盛り上げる。続いて2曲目「summer time」でも会場ノリノリの、とにかく凄まじい盛り上がりが続く。歌の終わりに池田が情感を込めて言った「ありがとう~」に割れんばかりの歓声が轟いた。

 

「ということで始まりました、Shiggy Jr.ワンマン~!ここで早速なんですが、メンバー紹介していきたいと思いまーす!」ラジオDJ(ディスク・ジョッキー)を彷彿とさせるような池田のMCは、『オールナイトニッポンZERO』のパーソナリティに抜擢されたのも納得。親近感のあるMCの上手さは、曲間も飽きさせない。「それでは聴いてください、一番最初のアルバムから「サンキュー」」ピアノの音色をフィーチャーした、しっとりとしたボーカル曲「サンキュー」。エンディングでからむ原田茂幸(Guitar)の歌声がツインボーカルのようなアクセントになっている。

「バンドを2年半やってますけど、やっと初ワンマンっていうことで。気が付いたんだけど、ワンマンってことはShiggy Jr.が好きな人しかいないんじゃない?って」「1曲目から泣きそうになりましたけど、(前列を指さして)その辺にもう泣いてる人がいるから。やめてやめて!そういうの早いよ~!」「本当に幸せです、今日はありがとうございます!」池田智子の初々しいMCが笑顔と感涙を誘う。ここで3人からなるホーン隊をステージに呼び込み、スウィングするサウンドに厚みを増した「おさんぽ」、高音に伸びる歌声が気持ちいい「baby I love you」、「day trip」で会場から手拍子が始まり、赤の星形タンバリンを手にしてライトが当たった瞬間の池田智子のポーズと表情の何とも可愛らしかったことか。

ステージ転換中に、池田が結成してから今までのことを振り返るMCを試みる。「オリジナルメンバーがわたしとギターの原田なんですけど、出会ったのは2012年の10月で、わたしは就活を2年やったにも関わらず全然決まらなくて。でもどうせなら好きなことやろうって決めて、(その時に)曲を作っている人がいるよって紹介されたのが原田で。そこからいろんなことが始まったんですけど、茂幸くん、どうですか?」と質問され戸惑うメンバーにおかまいなしに、フリはさらに雑になっていって「じゃあ森さん、Shiggy Jr.に出会えてよかったと思う?」には会場大爆笑となった。

ウッドベース、鉄琴、カホン、アコギというレアなアコースティックセットで演奏したのは「やくそく」。初めての演奏で緊張したという森、間違えないように鳴らさない鉄琴は外したという池田。カホンを叩いた諸石和馬(Drums)は加入した当初から大好きだったという「やくそく」だが、いまだ音源未収録。「音源にしよう!」という諸石の軽い言葉に舞台袖からディレクターからの○のサインが出たそうなので、今後の展開に期待したい。続く「ばいばい」では、水を打ったように静かに聴き入る会場に、彼女の歌声とアコースティックギターの音色だけが響き渡った。

セットを元のバンド形式に戻して、ピアノの音色と独唱から始まった「(awa)」。歌い上げる池田の高音の歌声と共に入ってきた、爆音のバンドの音がどこか狂気をはらんでいるようで、すっかり圧倒されてしまった。さらに衣装替えで池田がステージをはけた途端に、Shiggy Jr.のイメージを覆すようなセッションタイムに突入した。まずはドラムソロ。ドラムの音による、観客の手拍子とのコール&レスポンスを開始。複雑なドラムを真似するのは大変だけどこれが楽しい!激しいドラムソロにお客さんがドッと沸く。最後の最後のキメでクルっと回したスティックを取り損ねたのが惜しい。その後始まった、ハードロックなジャム・セッション!これがスピード感あふれるクレイジーなサウンドが最高!別のバンドのライブを観るような忘れ得ぬシーン。

ピンクのワンピースに着替えて池田智子が登場。ハードなサウンドそのままに「oyasumi」でオイオイコールとハンドクラップと、クアトロが大きく揺れるほどの一斉にジャンプ!ハードコアなサウンドに池田のスイートボイスが躍る。会場中が手にしたタオルをサビでぶんぶん回した「oh yeah!!」を挟んで、ついにデビューシングル「サマータイムラブ」を熱唱。まさに“POPでPOPなバンド”の代名詞とも言える曲で、手拍子したり、一緒に口ずさみたくなったりしてしまう。最後のサビで転調するところはもう胸にグッとくる。ホーン隊の演奏も夏らしさを倍増させてくれる。


 

そしてついに来てしまったこの瞬間。「次で最後の曲になります~!」のセリフに誰もが「ええええーー!!!」と叫んだ。最後の曲は「Saturday night to Sunday morning」。恒例となっている、お客さんに一緒にサビを歌ってもらおうという池田のレクチャーは、テーマパークで見る軽妙なトークにも劣らない、上手な盛り上げ方が素晴らしい。「Saturday night~」ではメンバーそれぞれの腕の見せ所のソロが満載!その実力を存分に見せつけた。お客さんも歌声で参加し、会場中の全員によって、胸にこみあげるような感動と共に本編を締めくくった。

アンコールは大事なお知らせから始まった。ドラムロールが鳴らされ「なんとShiggy Jr.、この秋!」「おおおおおー!」フロアが地鳴りのような反応をすると「全国ワンマンツアーをやりまーす!」もう発表する声が掻き消されるほどの大歓声が上がる。歓喜と希望で満たされた渋谷クアトロ。Shiggy Jr.は、11月から全国5カ所でワンマンツアー「”ワンマン”スかこれ。~全国編 2015~」の開催が決定。さらに、このツアーにあわせて今秋にシングルをリリースする。

 

「バンドをやっていて、ライブとかリリースとか、自分達の夢が一つ一つ叶っていくことに、みなさんが自分のことのように喜んでくれて(ぐすっ…)」すかさず「がんばれー!!」の声が飛ぶ。「喜んでくれるのが本当に一番うれしくて。ありがとうございます!」「音楽でみなさんに恩返ししていくことしかできないんですけど、本当にこれからも一生懸命、みんなで仲良く作っていくことだけを、それだけに向き合って頑張っていくので」「みんなが嬉しいことがあったときにも、どんどん教えてほしいなって思う」「バンドをやっていて、わたしたちとみなさんの距離がすごく近いなぁって日々感じていて。なのでこれからもずっと、もしかしたら今までそういうバンドはいなかったかもしれないけど、どんなに会場が大きくなっても、わたしたちはずっとそういうバンドでいたいなぁと思っています。みなさんのことが好きで大切なので、これからもShiggy Jr.をよろしくお願いします!」

ラストソングは「サマータイムラブ」のカップリング曲「keep on raining」。シンガロングが会場を響き渡る中、メンバーのうれしそうな笑顔とついに耐え切れなくなった池田の泣き顔に、グッと来なかった来場者がいるはずがない。Shiggy Jr.の、キャッチーでポップで、それぞれのグッドメロディーを改めて実感できた初ワンマンだった。バンド結成からまだ何年も経っていないが、彼らのひたむきな想いと行動力は、夢を叶える近道なんだなと思えてくる。清々しいほどのポップでポップな音楽は、バンドとファンを繋いだまま、これからもっともっと大きな夢を見させてくれるだろう。

 

■SET LIST
1.LISTEN TO THE MUSIC
2.summer time
3.サンキュー
4.おさんぽ
5.baby I love you
6.day trip
7.やくそく
8.バイバイ
9.(awa)
10.oyasumi
11.oh yeah!!
12.dance floor
13.サマータイムラブ
14.Saturday night to Sunday morning

~ENCORE~

keep on raining

 

[取材・文 下村祥子]

 
 
 
Shiggy Jr.”ワンマン”スかこれ。~全国編 2015~
11/13(金) 札幌cube garden (北海道)
11/19(木) 心斎橋BIGCAT (大阪)
11/21(土) 福岡DRUM Be-1 (福岡)
11/25(水) 名古屋CLUB QUATTRO
11/26(木) 赤坂BLITZ (東京)

 

Shiggy Jr.

 

 

シェア / 保存先を選択