ニール・サイモンの『ニューヨーク青春物語』に愛音羽麗が出演!

この『ニューヨーク青春物語』は、現代アメリカの代表的喜劇作家、ニール・サイモンが、ラジオやテレビなどの人気放送作家から本格的な舞台作家への転身を試みた処女作にあたる。1961年にブロードウェイで初演、677回を越える大ヒットとなり、批評家たちはブロードウェイの大型新星誕生と注目した。
 
内容は、兄のダニーと自分が封建的な両親から独立してアパート住まいを始めた体験をベースに、3年の歳月をかけて書いたもの。軽妙でおかしい台詞、得意の一行ギャグの応酬、親しめる人物像、パニックの盛り込まれたシーンづくり、健全な人生観とその拠点である家族愛、「成熟」のテーマ、処女性の尊重、濃厚な自伝的色合いなど、サイモン作品のエキスがたっぷり盛り込まれた水準の高いウェルメイド・コメディであり、ここから大きく深く発展していった「作家ニールサイモン」の原点となる記念すべき作品である。
 
今回の舞台は、主人公アランに期待の若手・大音智海、ヒロインのコニ―にミュージカルなど数々の舞台で活躍する元花組スターの愛音羽麗、兄弟の母親役にはベテラン女優の吉沢京子が翻訳劇に初挑戦、父親役には山形弁研究家として知られるダニエル・カールなど、多彩な顔ぶれが集まり、7月16日、17日に亀戸カメリアホールにて上演される。
 
プレイボーイの兄とシャイな弟が繰り広げる青春グラフィティで、1960年代の懐かしい家族愛に溢れたウェルメイド・コメディである。
 

 

公演情報
『ニューヨーク青春物語』

作◇ニール・サイモン
翻訳◇保坂磨理子
演出◇鈴木孝宏
出演◇大音智海、愛音羽麗
荒田至法、門田奈菜
ダニエル・カール、吉沢京子
●7/16~17◎カメリアホール (亀戸文化センター)
〈料金〉6500円(全席指定)
〈お問い合わせ〉ピュアマリー http://www.puremarry.com/
〈HP〉http://www.puremarry.com/html/next.htm
 
演劇キック - 宝塚ジャーナル
シェア / 保存先を選択