北翔海莉と峯岸みなみが初共演 別世界で活躍する二人が語る、『ミュージカル ふたり阿国』への思いとは

インタビュー
舞台
2019.1.30
(左から)北翔海莉、峯岸みなみ

(左から)北翔海莉、峯岸みなみ

画像を全て表示(6件)

2019年春、皆川博子の小説『二人阿国』が明治座でミュージカル化される。やや子踊りの踊り子・阿国(北翔海莉)と、彼女に憧れ、反発し、すべてを奪おうと企む“二代目おくに”ことお丹(峯岸みなみ)を中心に、安土桃山時代から江戸時代へと移り変わる波乱の世を生きる民衆の姿を描く物語。演出の田尾下哲が、脚本も中屋敷法仁と共に手がけ、作曲・音楽監督を玉麻尚一が務める。宝塚歌劇団を卒業し、初めて明治座公演の座長を務める北翔と、これが舞台二作目となる峯岸に、作品への思いを聞いた。

ーーそれぞれの役柄についておうかがいできますか。

北翔:歌舞伎の第一人者というか大元となる、女歌舞伎の創始者で、日本にエンターテインメントを作り出した、究極のエンターテイナーである阿国を演じます。いろいろな本や角度から阿国を見てみたときに、人を喜ばせる、人をあっと驚かせるびっくり箱のようなものは、どの時代も変わらないなと。特に今回の作品における阿国は、私たち役者、ステージに立つ者にとって、とても共感できるような、非常に入っていきやすい人物像だなと思いました。峯岸さんが演じるお丹、彼女が阿国に憧れる感情も、誰もが通る道であるように思えて……。セリフ一つひとつに重み、重量感があって、改めて阿国にアドバイスをもらっているような感じがします。そういう部分でも、この作品、この役にめぐりあえて本当によかったなと思います。

北翔海莉

北翔海莉

峯岸:私が演じるお丹は、能に魅せられ、そこから芸の道を目指して、阿国という存在に出会い、そこから必死に自分を磨いていく役柄です。自分がまだ何もないところから始まり、舞台の中盤から後半にかけてはかなり立派な存在になっていなくてはいけないんだと脚本を読んで思いました。これは、急にお丹になろうと思ってもなれるものじゃない、まずは峯岸みなみとして芸に対するベースを作らなくてはいけない、というプレッシャーを感じています。稽古はまだ始まっていませんが、基礎を学ばせていただいてしっかり作った上でちゃんとお丹を演じていくことが大事だと思っています。彼女も、芸に目覚めてから、阿国を追い越すために、たくさん努力したと思うんです。いっぱい積み重ねた上で、阿国に追いつけ追い越せの存在になっていくと思うので。

ーー今回初共演となりますが、お互いの印象はいかがですか。

峯岸:今日でお会いするのが三回目なんですが、そのたびに、すごいなと思うところがたくさんあります。初めてお会いしたときのオーラですとか、読み合わせをしたとき、そこにもういる阿国感、取材での受け答え一つひとつにしても、自分とは違うステージの方だなと感じました。その方と一騎打ちするという今回の舞台は、すごくプレッシャーを感じつつ、きっとたくさん学ばせていただけると思うので、阿国を目指すお丹同様、北翔さんからたくさん学ばせていただけたらと思っています。

北翔:いえいえ、私も、アイドルの方と共演させていただくというのが本当にありがたいです。自分がもっていないかわいらしさがありますから、女としてしっかり学ぼうと思うところがいっぱいあってですね(笑)。ポスターの写真撮影のときも、お衣装を着たら何にでもぱっと変身できる峯岸さんがいたので、今回のような和物の作品は、今まで表現してきたことのなかったジャンルかもしれませんが、新しい扉を開けることができる方なんだなということがすごく伝わってきました。今回、他の共演者の方々も含め、学んできた世界が全然違いますけれど、その化学反応が本当におもしろいことになりそうだなと感じています。

ーー宝塚とAKB48にはいろいろ共通点もあるような。

峯岸:ほとんどないと思います(笑)。

北翔:両方とも女の世界だよね。

峯岸:女性の団体ということではそうですけど、AKB48は厳しいレッスンとかは少なく、技術的な面を磨いていくということよりは、精神的な訓練かもしれません。でも、グループがあって、そこから飛び出ていく人がいるという意味では、メカニズムとしては似ているのかもしれません。

峯岸みなみ

峯岸みなみ

北翔:表現、パフォーマンスの種類は違うかもしれませんが、お客さんをどうやって楽しませるか、同じような条件の人たちが揃った中でどうやって自分の個性を出していくかという意味では、共通点、似ているところもあると思いますね。それはすべて今回の『ふたり阿国』の内容にびっしり詰まっているものでもあります。どうやって自分らしさ、自分にしかできないパフォーマンスを見せていくか、それは今回のテーマでもあるので。人と競うのではない、人に評価されるためにパフォーマンスをするのではない、ということ。今回の作品の阿国とお丹もそうだし、現在の私たちが置かれている立場でもあります。そこは共感して勉強していきたいなと思いますね。

宝塚もAKBもそうですが、宝塚のトップをいくらやっていたって、外に出たら、宝塚を知らない人たちの方が大半です。そんな外の世界で、私を知ってくださいと言って一からやっていくことが必要だと思うんです。今回、キャストの方々もいろいろなジャンルから集まった先輩方、お手本になる方ばかり出演されます。自分の無知をちゃんと認めて、さらけ出すことによって、そこに対して手を差し伸べてくださる方、教えてくださる方が本当にたくさんいるので、恐れずに自分の無知を伝える、それが、宝塚を卒業して一番大事なことだなと感じています。

ーー初舞台となった『三文オペラ』はいかがでしたか。

峯岸:お芝居を観るのはすごく好きだったのですが、初めてやらせていただくとなるとすごくプレッシャーを感じました。本当にすべてが初めてで、人がセリフを言っているとき何をしていたらいいんだろう、どうやって息をしたらいいんだろうみたいなところから指導していただきました。振り返ってみたら楽しかったですが、やっている最中はけっこう悩むことも多かったですね。でも、またいつか舞台をやれたらいいなと思っていたので、お話をいただいてうれしかったです。また全然違った作品、役柄で、前回のちょっと外れた役と違い、今回は、正統派というか、夢を追う純朴な少女時代から始まるので。『三文オペラ』を観た方には、また全然違う峯岸みなみだなと思っていただけるように頑張りたいと思っています。

ーー『ふたり阿国』のビジュアル撮影はいかがでしたか。

北翔:自分たちの役柄のイメージということで、鳳凰のようなイメージで撮影しました。

峯岸:阿国とお丹、大人の女性と、何も知らない子供みたいな対比、違いが、並んでみると世界観としてすごく出ているなと思いました。すごく好きな写真です。普段の衣装と違い着たことがないので、早く着こなせるようになりたいです。普段の活動とは全然違いますが、そこが新鮮で楽しみで……半分ドキドキしています。

北翔:きっと楽しいと思いますよ。稽古場での一つひとつ、着物に着替えるところから、自分が知らなかったものを学んでいける、そんなありがたい環境はなかなかないと思います。「教えてください!」って行くと、みんなが手取り足取り教えてくれる、それが私なんかもう楽しくてしょうがないんです。皆さん、それぞれのジャンルで極めてきた人たちばかりだから、一流のものを教えてくださるし。この作品ですぐには結果が出なかったとしても、それがその後、五年後、十年後に……あのとき、あの方に教えてもらったことだ、と出てくるというのが、すごくいっぱいあると思います。私なんかは毎日うれしくてスキップして稽古場に来ちゃいそう(笑)。

(左から)峯岸みなみ、北翔海莉

(左から)峯岸みなみ、北翔海莉

ーー曲目リストを拝見しましたが、今回、ミュージカル・ナンバーも実にバリエーション豊かです。

北翔:玉麻先生が作曲・アレンジに入られているんですが、ラップにロック、ブルース、ゴスペルとチラシからは想像できないような曲揃いですよね。世界中からの音楽を取り入れている感じで。

ーー退団して二年、女性を演じるのはいかがですか。

北翔:何の抵抗もないですね。男役とか女役とか男装とか関係なく、一人のエンターテイナーとしてやっているので。究極のエンターテイナーは七色の声を持ち、さまざまなジャンルの踊りができ、何にでも変身できる、そう思っています。今回、その上で、阿国のもつブレない精神、時代や情勢に流されない精神を大切に演じたいですね。

ーー明治座についてはいかがですか。

北翔:ファンで通っていた劇場なので、明治座に初めて出られるのは、すごくうれしいです。これまではいつも客席で観ていて、喫茶もよく行っていました。何てったって売店が好きなんですよね。売店の商品を見ているのが好きで(笑)。今回、公演お弁当などの企画があるんです。私も監修に入っていて、ネーミングなども考えていますので、公演と共に、休憩時間も『ふたり阿国』の世界を楽しんでいただきたいです。

峯岸:私も初めてなんですが、周りの人たちに明治座の舞台に立てて「すごいね」と言っていただくことが多いです。同世代や下の世代は、明治座で観劇するということに親しみのなかった子も多くて、劇場でお弁当を食べるというのも、どういうことなの? と。

峯岸みなみ

峯岸みなみ

北翔:そうか、経験がないから。

峯岸:「合間にお弁当食べられるんだよ」と言ったら、「みーちゃんが、舞台で?」と言われたりして、違う違うと(笑)。私自身も確かになじみがなかったことですし、世代の子たちが新しい体験をする、そのきっかけになればいいなと思っています。

北翔:今回、花道を使わないのが残念なんですよね。それでも、憧れの明治座に出られるのが本当にうれしくて。五木ひろしさんの舞台を一番端の席で観劇したことがあるんですが、結構しっかり見えるんですよね。どの角度で見てもすごく観やすいというのが明治座の特色かも。…ところで、明治座の外に立っている幟って、自分で作るものなんですか。

明治座:宣伝部で作ります。

北翔:私たちが出るときも出ますか。

明治座:出ます。

北翔:わあ! 私、あの幟見るの好きなんですよ。幟が立つ劇場ってなかなかないですよね。楽しみ。

ーー明治座に来て、まず目に入るのがあの幟ですよね。そして今回、共演陣にも多彩なキャストが揃いました。

北翔:テレビで見ていた方たちばかりだなって。

峯岸:モト冬樹さんは、子供のとき見ていた「THE夜もヒッパレ」で三浦理恵子さんにからんでいたイメージがすごく強くて。共演するのが何だか不思議です。

北翔:音楽的にも、お手本になる方、教えてくださる方がいっぱいですよね。市瀬秀和さんは殺陣が素晴らしいですし、それぞれのジャンルですごい方たちばかりで。桜一花ちゃんに鳳翔大ちゃん、宝塚出身の子たちとまた同じ舞台に立てるのもうれしいです。

北翔海莉

北翔海莉

峯岸:同世代で舞台をやっている子たちからは、玉城裕規さんがすばらしい方だという話を聞いていて。本当に熱心な方で勉強になるとうかがっています。

ーー峯岸さんの舞台への意欲を感じます。

峯岸:今後もジャンル問わず挑戦していきたいです。『三文オペラ』と『ふたり阿国』は歌う舞台なので、歌わない舞台、派手じゃない舞台もいつかはチャレンジしてみたいです。一本目も二本目も恵まれた劇場、恵まれた環境で、華やかな舞台に立たせていただいて。個人的には下北沢のザ・スズナリとかで小劇場作品を観るのもけっこう好きだったりするので、そういう舞台もやってみたいです。

ーーそれでは意気込みをお願いします。

峯岸:私が演じるお丹は、一から自分を作り上げていく役なので、私も同じような気持ちで、峯岸みなみとして共演者の皆さんからいろいろ吸収して学んでいく、それと同時にお丹ができあがったらいいなと思っております。お丹と同じ気持ちで進む先に待っている世界があるんじゃないかと自分でも期待しているので、成長に注目してほしいなと思います。

北翔:皆さんの人生の中で、平成の時代で見た作品ナンバーワンに輝けるように、印象に残るような作品になればと。評価とかではなくて、皆さんの心の中に、あの作品を見たから自分のものの考え方が変わったとか、勇気をもらったとか、生きる糧になったとか、そういうものとして残るような作品にしたいと思っています。

取材・文=藤本真由(舞台評論家) 撮影=山本 れお

公演情報

『ミュージカル ふたり阿国』
原作:皆川 博子 「二人阿国」より
演出・脚本:田尾下 哲
脚本:中屋敷 法仁
日程:2019年3月29日(金)~4月15日(月)
場所:明治座(東京都中央区日本橋浜町2-31-1)
出演者:
北翔海莉 峯岸みなみ(AKB48) 玉城裕規
グァンス(SUPER NOVA) 細貝圭 伊藤裕一 雅原慶 平田裕一郎
市瀬秀和 大沢健 中村誠治郎
桜一花 鳳翔大 高岡裕貴 関根慶祐(K-SUKE) 今川宇宙 カムイ
坂元健児 コング桑田 モト冬樹
 
【チケット料金(税込)】
SS席(オリジナル特典付) 13,500円
S席 10,000円
A席 7,500円
B席 4,800円
C席 2,500円
※6歳以上有料/5歳以下のお子様のご入場はご遠慮ください
 
明治座チケットセンター(10:00~17:00) 03-3666-6666
明治座公式ホームページ https://www.meijiza.co.jp/lineup/2019/03/
シェア / 保存先を選択