VAMPS、Apocalypticaとコラボシングル「新しいカラーを出せた」

Apocalyptica×VAMPS「SIN IN JUSTICE」ジャケット

Apocalyptica×VAMPS「SIN IN JUSTICE」ジャケット

VAMPSがApocalypticaとのコラボレーションシングル「SIN IN JUSTICE」を11月20日に配信リリースする。

Apocalypticaはフィンランドのハードロックバンド。今年4月にニッキー・シックス(Motley Crue)率いるSixx:A.M.の全米ツアーでVAMPSとApocalypticaがともにサポートアクトを務めたことから交流を深めた。今回の楽曲でのコラボレーションのほか、11月24日から行われるApocalypticaのイギリスツアーへのVAMPSの参加、さらに2016年1月に開催されるVAMPSのツアー「VAMPS LIVE 2015-2016 JOINT 666」名古屋公演へのApocalypticaの出演も決定している。

HYDEはApocalypticaとのコラボ曲について「80年代風の雰囲気もありながら新しくもある、という“新しいVAMPSのカラー”を出せたんじゃないかな、と思います」とコメント。この曲は現在YouTubeにてリリックビデオが公開されており、音源の一部を聴くことができる。なお、このシングルは日本だけでなくアメリカ、ヨーロッパ、アジアなど全世界254地域にてリリースされる。

HYDE コメント

SIXX:A.M.のツアーの時に、今度一緒にツアーしようよとか、曲作ろうよとか言ってたんですけど、それが実現しました。(制作は)結構バタバタで、南米に行っているツアー中に歌詞を書いたりしなくてはいけなかったりで大変だったんですけど、まあなんとかできました。K.A.Z君が曲を作って、APOCALYPTICAがチェロを入れて、ぼくが曲をうたった、というのが基本で、80年代風の雰囲気もありながら新しくもある、という“新しいVAMPSのカラー”を出せたんじゃないかな、と思います。

Apocalyptica コメント

今年春の全米ツアーでVAMPSと知り合って、とにかく一緒にツアーをしていて楽しくて、充実した時を一緒に過ごしたんだ。この時に彼らと一緒にイギリスと日本でもツアーをしないか、というアイデアが生まれたんだ。一つの事を切っ掛けに次の話になり、曲も一緒に作る事になったんだ。最高だよね。これが完成した作品さ。是非気に入って欲しいな。

音楽ナタリー
シェア / 保存先を選択