愛のレキシアター『ざ・びぎにんぐ・おぶ・らぶ』稽古場に行ってきました! 笑いが絶えないレキシワールドをチラッとご紹介

レポート
舞台
2019.3.4

2019年3月10日(日)から東京・TBS赤坂ACTシアターにて、3月30日(土)からは大阪・オリックス劇場にて上演される、愛のレキシアター『ざ・びぎにんぐ・おぶ・らぶ』。「きらきら武士」「狩りから稲作へ」など、ファンキーなサウンドに乗せて歌う日本史の歌詞と、ユーモアあふれるステージングで話題を呼ぶアーティスト・レキシの楽曲をもとに、「たいらのまさピコ」こと河原雅彦が原案・演出、上演台本を手掛ける新作ミュージカル。山本耕史松岡茉優佐藤流司高田聖子井上小百合(乃木坂 46)、お侍ちゃん浦嶋りんこ山本亨、さらには藤井隆八嶋智人といった、華と実力を備えた個性豊かな顔ぶれが集結するこの春注目の舞台だ。この稽古場の模様をお届けしよう。

稽古場の入口付近には、ものすごい量の大道具・小道具が積まれていた。「これは何に使うんですか?」「〇という曲の歌詞にある☆で使います」「そのためだけにこれを用意したんですか!?」の繰り返し。稽古前から興奮が止まらないとはこのことだ。

稽古場に入るとさらに口が開きっぱなしになる。いわゆる舞台の上に置かれるセットが複雑怪奇に準備されている。別途実施した梅棒インタビューで「テトリスのよう」と聴いていたがその表現に納得。限られたスペースにみっちりと積まれたセットと、本来の舞台の広さを確保できないのか、演出卓、出演者が座る長テーブルの頭上には仮設バルコニーが作られ、そこにも大道具・小道具、そして見学者が待機する場所が設けられていた。まさに高床式倉庫! 誰かがバルコニーに階段で登ってくるとゆっさゆさと揺れるのが興奮(恐怖?)を煽る。

※本番をご覧になる方のお楽しみのため、以下、山本耕史演じる織田こきん役以外は役名を伏せ、役者名のみでレポートする。

この日の稽古は山本、高田聖子藤井隆が出る場面から始まった。引きこもり歴25年の男・織田こきんがひょんなことから珍奇な夢の国「レキシーランド」に迷い込む……という本作。ある女性を救い出したいが、自分に何が出来るんだと尻込みするこきんを高田と藤井が励ますという場面。感情が高ぶった藤井が歌い出し、いつしか高田と、さらには山本も交え歌い上げる。
こきんを演じる山本の、他人とコミュニケーションの取り方が分からない風情は何とも言えないリアリティがある。対して常に前掲姿勢な藤井と、両者とのバランスを取りつつ美味しいところをしっかり持っていく高田。三人のパワーバランスの妙に今から笑顔が止まらない。

演出の河原は芝居巧者の3人がさらに魅力的になるよう、動き出すタイミングなどを少しずつ調整していく。また山本たちも「ここはどう動く?」とお互いディスカッションをしながら芝居の濃度を上げていた。そんな3人の様子を他のキャストがストレッチなどしながら見学しているが、まるで観客のように笑顔を浮かべて楽しんでいるのが印象的だった。

休憩の後、ほぼキャスト全員で歌稽古が行われた。約20人が歌唱指導の原田千栄とアカペラ指導のKWANI(ダイナマイトしゃかりきサ~カス)を取り囲む。

一口に「歌稽古」というが実際どうやっているのか、気になる方もいると思うが、ここではこんな風に行われていた。
各自それぞれが自分のパートを練習してきたという前提で「いきなり全員で合わせるのはちょっと怖いので(笑)、まずは原曲を聴いてみましょう」と曲を二度ほど流す。それから全員で一度最後まで歌ってみる。そこから女性、男性、主旋律、コーラスとパート別に指示が入り、場合によっては「この部分は他のパートも一緒に歌って」と音量のバランスを整えていく。「ここのフレーズは外国人が日本語を使っているようなクセをつけて歌ってみて」と指示が飛ぶと、流暢に日本語を操るカイル・カードが「ソンナシャベリカタ、シナイヨー」とわざと強めにクセを付けて突っ込み、皆が笑い出すひと幕も。

歌がひとしきり落ち着くと、再び立ち稽古再開。歌稽古の最中から一部セットチェンジが始まっていたが、3畳程度のスペースが階上にくっついた階段セットが登場。そのてっぺんに佐藤流司が座り、こきんと語る場面が始まる。「佐藤くんにはとことんカッコいいパートを担ってもらいます」と事前にスタッフから聞かされていたが、その言葉通りいちいちポージングも動きもその場からの立ち去り方もこきんと対照的にカッコよくキメる佐藤。フットワークが身軽で、まさに今様・牛若丸だった。

舞台はお茶屋の場面へ。ステージの様々な場所にお茶やだんごを食べに旅人が集う。その中に松岡茉優の姿も。サラ・マクドナルドに「ご注文は」と近寄られ、女性に免疫がなく激しい拒否反応を示すこきんとのやり取りをもっともっと面白くしようと河原から細かく指示が飛ぶ。演出指示が入るたびにさらに面白くなっていくので、ステージにいるキャストたちからも笑い声が何度も起きていた。

そしてこきんが松岡と出会い……というところで稽古場見学はタイムアップ。いつまでも作られていく過程を眺めていたいと思いながら稽古場を後にした。
おそらく本公演が始まると、レキシ曲の再生回数がぐぐんと上がるのではないだろうか。そのくらい中毒性の高いレキシワールドとなりそうだ。期待して初日を待ちたい。

取材・文=こむらさき

公演情報

愛のレキシアター『ざ・びぎにんぐ・おぶ・らぶ』
 
【東京公演】
■会場:TBS赤坂ACTシアター
■日程:2019年3月10日(日)~24日(日)
■主催:TBS BS-TBS キョードー東京 イープラス ディスクガレージ
■問合せ:キョードー東京 0570-550-799
■チケット料金:S席 11,500円 A席 9,000円(未就学児の入場不可)
 
【大阪公演】
■会場:オリックス劇場
■日程:2019年3月30日(土)~31日(日)
■主催:サンライズプロモーション大阪
■問合せ:キョードーインフォメーション 0570-200-888
■チケット料金:S席 11,500円 A席 9,000円(未就学児の入場不可)
 
【追加公演】
<東京> 3月21日(木・祝) 18:30
<大阪> 3月30日(土) 13:00
 
■出演:
山本耕史/松岡茉優 佐藤流司 高田聖子 井上小百合(乃木坂46)
お侍ちゃん 浦嶋りんこ 山本亨 藤井隆/八嶋智人
梅澤裕介 遠山晶司 楢木和也 野田裕貴/
巽徳子 YOU 碓井菜央 佐久間夕貴 五十嵐結也 永井直也/カイル・カード サラ・マクドナルド
 
■原案・演出:たいらのまさピコ(河原雅彦)
■上演台本:たいらのまさピコ(河原雅彦)・大堀光威
■音楽:レキシ
■音楽監督:ヒロ出島(山口寛雄)
■振付:梅棒
 
■公式サイト:http://www.rekitheater.jp
シェア / 保存先を選択