マイケル・ジャクソンが認めた日本人アーティスト・KENTO MORIがトークショーを開催

ニュース
イベント/レジャー
2015.7.12

画像を全て表示(2件)

横浜市開催のダンスフェスティバル「Dance Dance Dance @ YOKOHAMA 2015」の次世代育成プログラムとして、 アーティストのKENTO MORI(ケント・モリ)がトークショーとワークショップを開催する。

KENTO MORIはアメリカを拠点に活動するダンサー・振付師。2006年に渡米して以来、マドンナやクリス・ブラウンなど、世界の名だたるアーティストの専属振付師を務めてきた。また、2009年にはマイケル・ジャクソンの『THIS IS IT 』オーディションに合格し、専属ダンサー契約を交わすも、マドンナとの契約期間中であったため断念。しかし、マイケルの死後にはマドンナからの依頼で追悼ダンスを踊っている。


今回開催するトークショーでは、 自身の初の映像作品集「1(いち)」の一部上映と撮影秘話や今までのダンス経験等をブリリア ショートショート シアター代表であり海外でも活躍する別所哲也氏と対談形式で披露する。 ワークショップでは世界レベルのダンスを体感できるはずだ。


Sony Music (Japan)チャンネルより
 
イベント情報
KENTO MORI × 別所哲也プレミアムトークショー​
日時:8月15日(土)15時~16時30分
会場:ブリリア ショートショート シアター(横浜市西区みなとみらい5-3-1フィルミー2F)
出演者:KENTO MORI、別所哲也
定員:100人(先着順)
チケット:一般1,500円、 シニア・学生(大学生以下)・障がい者手帳をお持ちの方1,000円
     劇場パスポート会員800円
購入方法:7月13日(月)より
▶イベント詳細情報はこちら
ワークショップ
日時:8月15日(土)18時~19時30分
会場:横浜市神奈川スポーツセンター(横浜市神奈川区三ツ沢上町11-18)
定員:150人(事前申込) ※定員に達しない場合は、 当日受付あり。
参加料:1人4,000円
申込期限:7月31日(金)まで
※年齢・ダンス経験は問いません。
▶インターネット申込
シェア / 保存先を選択