『ジーザス・クライスト=スーパースター in コンサート』第二弾キャスト発表~ジーザス・クライスト役=デクラン・ベネット、ほか

ニュース
舞台
2019.4.3
デクラン・ベネット、テリー・リアン、ロベール・マリアン、アーロン・ウォルポール

デクラン・ベネット、テリー・リアン、ロベール・マリアン、アーロン・ウォルポール


『ジーザス・クライスト=スーパースター in コンサート』が、2019年10月11日(金)~10月14日(月・祝)に東急シアターオーブにて開催される。すでに第一弾キャストとして、イスカリオテのユダ役=ラミン・カリムルー、マグダラのマリア役=アナ・オバーン、ヘロデ王役=成河、カヤパ役=鈴木壮麻、シモン役=海宝直人が発表されていたが、このほど第二弾キャストが発表された。ジーザス・クライスト役=デクラン・ベネット、ペテロ役=テリー・リアン、ピラト役=ロベール・マリアン、アンナス役=アーロン・ウォルポールだ。イギリス、カナダ、オーストラリア、アメリカ、日本、と国際色豊かなJCSとなるので、期待値が上がる一方だ。

<第二弾キャスト>

■ジーザス・クライスト / デクラン・ベネット

イギリス出身。ミュージシャンとして活躍したのち、2002年ミュージカル『タブー』でウエストエンドデビュー。2006年にはアメリカツアー版『レント』にロジャー役で出演。2007年には同役でブロードウェイデビューも果たした。その後『アメリカン・イディオット』『ワンス』などに出演。2016年と2017年にロンドンのリージェンツ・パーク野外劇場で上演され、オリビエ賞ミュージカル部門リバイバル賞を受賞し話題となった『ジーザス・クライスト=スーパースター』にジーザス役として出演し高い評価を得た。2000年に英国バンド、「ポイント・ブレイク」のメンバーとして初来日。東急シアターオーブには初登場となる。

■ペテロ / テリー・リアン

アメリカ出身。高校時代から演劇活動を開始。2002年ミュージカル『フラワー・ドラム・ソング』でブロードウェイデビュー。『太平洋序曲』『ウィキッド』『レント』『ゴッドスペル』『アリージャンス』『イン・トランジット』などに出演。2017年から2019年2月まで、ディズニーのミュージカル『アラジン』のアラジン役を務め人気を博した。また世界中で大ヒットしたTVドラマ『グリー』にも出演するなど、映像の世界でも活躍。日本には2009年にオリジナルキャスト出演で話題となった『レント』で初来日。今回が3度目の来日となる。

■ピラト / ロベール・マリアン

カナダ出身。『レ・ミゼラブル』の主人公ジャン・バルジャン役としてブロードウェイ、ウエストエンド、パリ、モントリオールの公演に出演。出演国によって英語とフランス語で演じ分け、各地で絶賛された伝説的存在である。俳優として活動する傍ら、作曲や演出、そしてミュージカル俳優の指導・育成にも力を入れている。2013年にフレンチミュージカル『ノートルダム・ド・パリ』のフロロ司教役で初来日。東急シアターオーブのコンサートシリーズには初回から出演。本シリーズには欠かせない存在となっている。

■アンナス / アーロン・ウォルポール

カナダ出身。テレビのオーディション番組をきっかけに俳優となり、2010年に『ロック・オブ・エイジズ』のトロント公演でミュージカルデビュー。2012年にリバイバル上演された『ジーザス・クライスト=スーパースター』にアンナス役として出演しブロードウェイデビューを果たす。また2014年に再演された『レ・ミゼラブル』ではジャン・バルジャンの代役(本役:ラミン・カリムルー)も務めた。日本には2016年『キンキーブーツ』<来日版>のドン役で初来日。今回が二度目の来日となる。

『ジーザス・クライスト=スーパースター in コンサート』は、ミュージカル『ジーザス・クライスト・スーパースター(原題:Jesus Christ Superstar)』のがコンサートバージョンである。同作品は、イエス・キリストが十字架にかけられるまでの最後の7日間を描いたロック・ミュージカルである。1969年に楽曲が発表され、1971年にブロードウェイ初演。1973年にはユニバーサル・ピクチャーズによって映画化もされている。

作詞・台本はティム・ライス(1944~)、作曲はアンドリュー・ロイド・ウェバー(1948~)。後に『キャッツ』『オペラ座の怪人』『エビータ』など名作ミュージカルを次々に生み出していく稀代のヒットメーカー、ロイド・ウェバーが、弱冠21歳の時に手掛けたのが本作。共作者のティム・ライスも当時24歳。その後『エビータ』『美女と野獣』、『ライオン・キング』『アラジン』などのヒット作詞家として押しも押されぬ存在となっていく。本作のミュージカルナンバーとして「Heaven on Their Minds」「I Don't Know How to Love Him」「Gethsemane」「Superstar」など数多くの名曲が揃っている。
 

<ストーリー>

舞台は約2000年前のイスラエル。
ひとりの人間として、神や民衆との間で苦悩するジーザス(イエス・キリスト)と、ジーザスに使える弟子の一人でありながら、裏切り者として歴史にその名を刻むことになるイスカリオテのユダ。
民衆の間で人気を高めるジーザスに対し危険を示唆するが、ユダの心配をよそに民衆はジーザスを崇拝していく。

ユダヤ教の大祭司カヤパは、大衆の支持を集めるジーザスに脅威を感じ、他の祭司たちとジーザスを死刑にしようと企てる。
そして自分の忠告を聞かないジーザスに思い悩むユダは、祭司たちの策略により、とうとうジーザスを裏切り、祭司たちに居場所を教える。

神の子としての自分と、人間としての自分との狭間で思い悩むジーザス。
遂には弟子や民衆の裏切りによって捕えられ、十字架にかけられたジーザスは、自分の運命に対する神の答えを問いただしながら息絶えるのであった…。

 

公演情報

『ジーザス・クライスト=スーパースタ― in コンサート』
 
■日程:2019年10月11日(金)~10月14日(月・祝)
10月11日(金)19:00
10月12日(土)13:00 / 17:30
10月13日(日)13:00 / 17:30
10月14日(月・祝)13:00
■会場:東急シアターオーブ(渋谷ヒカリエ 11F)

■出演:
ジーザス・クライスト … デクラン・ベネット
イスカリオテのユダ … ラミン・カリムルー
マグダラのマリア … アナ・オバーン
ヘロデ王 … 成河
カヤパ … 鈴木壮麻
ペテロ … テリー・リアン
ピラト … ロベール・マリアン
シモン … 海宝直人
アンナス … アーロン・ウォルポール
※やむを得ない事情により出演者が変更になる場合がございます。
※出演者の変更に対してのチケットの払い戻しは行いませんので予めご了承ください。

 
■作詞:ティム・ライス
■作曲:アンドリュー・ロイド=ウェバー
■演出・ステージング:マーク・スチュアート

 
■主催:Bunkamura 、WOWOW
■企画・招聘:Bunkamura
■チケット一斉発売:5月11日(土)
■チケット料金:S 席¥12,500/A 席¥9,500/B 席¥6,500/U25¥4,500
※U25 チケットは観劇時 25 歳以下対象(当日指定席券引換/要身分証明書)、前売のみ
■公演に関する問合せ:Bunkamura 03-3477-3244(10:00~19:00)
■東急シアターオーブ HP https://theatre-orb.com/lineup/wmcs/
シェア / 保存先を選択