「表現と素材」がテーマの『DOMANI・明日展』、14作家が出展

 松岡圭介『a tree man』2011年 写真提供:アートシード

松岡圭介『a tree man』2011年 写真提供:アートシード

『18th DOMANI・明日展』が、12月12日から東京・六本木の国立新美術館で開催される。

『DOMANI・明日展』は、文化庁が日本の若手アーティストを海外に派遣し、専門分野についての研修機会を提供する「新進芸術家海外研修制度」の成果発表展として1998年にスタート。

18回目となる今回は、「表現と素材 物質と行為と情報の交差」をテーマに開催。絵画、彫刻、版画、染織、モザイク、アニメーション、映像、インスタレーションといった12の展示に加え、昨年に引き続き、保存・修復分野の研修者の成果も紹介する。

出展作家には、ALIMO、木島孝文、栗林隆、佐伯洋江、線幸子、田村友一郎、富岡直子、西ノ宮佳代、野田睦美、古川あいか、松岡圭介の11人と、「文化庁優秀美術作品買上制度」によって作品が文化庁に所蔵されている作家の中から選出された風間サチコ、保存・修復分野の石井美恵、奥村祥子が名を連ねている。

会期中は出展作家によるギャラリートークや座談会も行われる。各イベントの詳細は、オフィシャルサイトをチェックしよう。

 

イベント情報

来を担う美術家たち
『18th DOMANI・明日展』
文化庁芸術家在外研修の成果

2015年12月12日(土)~2016年1月24日(日)
会場:東京都 六本木 国立新美術館 企画展示室2E
時間:10:00~18:00(金曜は20:00まで、入場は閉館の30分前まで)
参加作家:
ALIMO
木島孝文
栗林隆
佐伯洋江
線幸子
田村友一郎
富岡直子
西ノ宮佳代
野田睦美
古川あいか
松岡圭介
風間サチコ
石井美恵
奥村祥子
休館日:火曜、12月22日~1月5日
料金:一般1,000円 大学生500円
※高校生、18歳未満および障害者手帳をお持ちの方と付添者1名は無料

CINRA.NET
シェア / 保存先を選択