日本舞踊 未来座による=彩(SAI)=が開幕 松本幸四郎よりコメント&舞台写真が到着

ニュース
舞台
2019.6.21
「檜男=ぴのきお=」

「檜男=ぴのきお=」

画像を全て表示(5件)

2019年6月21日(金)~23日(日)国立劇場小劇場で、第3回 日本舞踊 未来座 =彩(SAI)=、「檜男=ぴのきお=」、「春夏秋冬」が上演される。

1作目の「檜男=ぴのきお=」は、誰もが知るピノキオの物語が新作舞踊で披露される。メルヘンチックな世界と奇想天外なストーリーで、子供から大人まで楽しめる舞踊ファンタジーとなっている。語りは歌舞伎俳優としても活躍中の坂東巳之助が勤め、若手花形から熟練のベテランまで個性豊かな舞踊家たちが新たなピノキオに命を吹き込む。

「檜男=ぴのきお=」

「檜男=ぴのきお=」

そして2作目は、古来より日本人の心に大切に受け継がれてきた四季をテーマに、舞と踊りで綴る舞踊絵巻「春夏秋冬」。日本舞踊の持つ華麗さ、力強さ、荘厳さを群舞と京舞で余すところ無く披露される。
日本舞踊未来座に初出演の人間国宝 井上八千代に加え、新進気鋭の舞踊家たちによる舞台に期待したい。

「春夏秋冬」から「秋」

「春夏秋冬」から「秋」

「春夏秋冬」から「冬」

「春夏秋冬」から「冬」

“未来座”立ち上げメンバー・松本幸四郎 コメント(今回は出演なし)

松本幸四郎

松本幸四郎

ーー初日を迎えた今のお気持ちは?

年に1回のこの時は、長い時間をかけて皆で作り上げた熱い思いを発表する場であり、その時がきたという嬉しさとそれが終わってしまう寂しさの思いが交錯します。
始まればあっという間に終わってしまうこの時間を多くの方々に感じていただきたい思いでいっぱいです。
担当理事としてその輪に入れたことを幸せに感じます。
演者、スタッフともに完走できることを祈っています。

ーー本作の見どころ、特に注目してほしいところは?

舞踊劇と舞踊という未来座初の二本立てです。
踊ることに特化した舞踊家が舞台いっぱいに踊ります。

ーー日本舞踊を観てみようか迷われているお客様へ、本作のPRをお願い致します。

着物を着て自在に動くことの美しさ、かっこよさ、可愛らしさを感じて欲しいです。
ストーリー仕立ての新作舞踊劇で日本舞踊のファンタジーを、日本人の繊細な心を描く春夏秋冬で、日本にしかない美と歴史を感じてください。

公演情報

第3回日本舞踊未来座 =彩(SAI)=
 
■演目:「檜男=ぴのきお=」・「春夏秋冬」 ※2作品を上演。
■会場:国立劇場小劇場 (〒102-8656 東京都千代田区隼町4-1)
■日時:2019年6月21日(金)~6月23日(日)全8回公演 ※開場時間:開演30分前
6月21日(金)12:00☆ / 15:30☽ / 19:00☆
6月22日(土)12:00☽ / 15:30☆ / 19:00☽
6月23日(日)12:00☆ / 15:30☽
※檜男 ★ほし組 ☽つき組
 
■主な出演:
「檜男=ぴのきお=」
☆ほし組 檜男:花柳大日翠/かりん:若柳佑輝子/こおろぎ安:花柳輔蔵 /おじいさん:若柳彦三衛門
☽つき組 檜男:藤間爽子  /かりん:中村梅    /こおろぎ安:松風光陽 /おじいさん:猿若清方
ほか
語り(録音) 坂東巳之助
「春夏秋冬」井上八千代 ほか
 
■チケット料金:8,000円(全席指定・税込)
(1)25歳以下は3,000円、15歳以下は6,000円を当日会場受付にてキャッシュバック。(2)障害者割引1,000円を当日会場受付にてキャッシュバック。※前売・当日売に関わらずキャッシュバックいたします。公演当日に限ります。(1)(2)ともに年齢が確認できる証明書、障害者手帳を日本舞踊協会受付にご提示ください。
 
■公益社団法人日本舞踊協会 公式サイト:http://nihonbuyou.or.jp/
 
■スタッフ:
監修/花柳壽應
 
◆「檜男(ぴのきお)」
脚本、演出、振付/西川扇与一
振付/花柳昌太朗
作曲/麻吉文、鶴澤津賀寿
衣裳アドバイザー/花柳登貴太朗
 
◆「春夏秋冬」
振付/藤間恵都子(春)、 花柳基(夏)、井上八千代(秋)、五條珠實(冬)
美術/矢萩春恵
 
舞台監督/清野正嗣
音響プラン/市来邦比古
照明プラン/品治尚貴
大道具/金井大道具(株)
小道具/松竹衣裳(株)小道具課
衣裳/松竹衣裳(株)
かつら/(株)大澤
照明、音響/(株)パシフィックアートセンター
制作/吾妻徳穂、中村梅彌、花柳輔太朗、松本幸四郎
吾妻寛彌、花柳源九郎、花柳幸舞音、花柳寿美藏、若柳里次朗
 
■主催:公益社団法人 日本舞踊協会
シェア / 保存先を選択