コブクロ 新曲「未来」のジャケットであの名曲の「10年後」を描く

ニュース
2015.11.19

画像を全て表示(4件)

2015年12月16日(水)、コブクロがニューシングル「未来」をリリースする。

東宝映画『orange -オレンジ-』(土屋太鳳、山崎賢人共演)の主題歌となっている同曲。映画のストーリーが10年後の自分から手紙が届いたところからスタートすることから、「未来」のジャケットも“10年”にポイントを置き、10年前のコブクロ――つまり2005年11月2日リリースの「桜」のジャケットをモチーフにしたデザインに仕上がっている。

「未来」は、遠くの未来を歌った楽曲で、“一本道ではなく、枝分かれして今日がある。遡る事は出来ないが、あの時にこっちの枝を選んだのでこっちの道がある、か細いと思っていた先にも未来はあり、命が生まれて、日々生きている”という、枝のか細さと人生を映し合わせて映画『orange-オレンジ-』のために書き下ろされたもの。

10年前、コブクロはあの「桜」をリリースした。それまでも、そしてそれからも色々な選択をして、今のコブクロがある。「桜」のジャケットから10年経ち、ジャケットに登場する木も10年分成長し、未来へと向かって力強く枝を伸ばし、生命力あふれる新たな蕾をも芽吹いている。コブクロ2人のイラストも現在の実像に変わり、幾分か木から離れているように見える。

「桜」ジャケット

「桜」ジャケット

「未来」ジャケット

「未来」ジャケット

楽曲自体はもちろんのこと、着実に前に進み続けているコブクロの今を表現した、コンセプチュアルなジャケットデザインにも是非注目してほしい。
 


■コブクロコメント

ちょうど10年前、デビュー前にコブクロ結成のきっかけともなった楽曲でもあり、かつ、多くの方々にコブクロを知っていただくきっかけとなった「桜」という楽曲をリリースしました。
そして今回、<10年>や<未来>というテーマを持つ映画「orange-オレンジ-」の主題歌として書き下ろした新曲「未来」のジャケットは、その、コブクロにとっても大事な「桜」のジャケットデザインをモチーフに、10年分成長し、さらに“未来”へと前に歩み続けているコブクロを表現したデザインに仕上がっています。
「桜」と同様に、この新曲「未来」も皆様の心に残り、愛し続けてもらえるような、大事な楽曲になってくれればいいなと思います。 コブクロ

リリース情報
ニューシングル 「未来」​
「未来」ジャケット

「未来」ジャケット

12月16日発売
価格:555円(本体)+税 / 規格番号:WPCL-12309
【収録楽曲】 01.未来 02.未来(Instrumental)
LIVE DVD & Blu-ray「KOBUKURO LIVE TOUR 2015 “奇跡” FINAL at 日本ガイシホール」

※初回盤のみ豪華特典
・ボーナストラックとして京セラドーム大阪公演での“奇跡”の共演を特別収録!
「風になりたい with 宮沢和史 (Live at 京セラドーム大阪)」
「星のラブレター with 宮沢和史 (Live at 京セラドーム大阪)」
・スペシャル・パッケージ仕様

[初回盤DVD] (2枚組)
¥6,500(本体)+税 WPBL-90358/9
 ※スペシャル・パッケージ仕様
[通常盤DVD] (2枚組)
¥5,500(本体)+税 WPBL-90360/1

[初回盤Blu-ray]
¥7,500(本体)+税 WPXL-90115
 ※スペシャル・パッケージ仕様
 [通常盤Blu-ray]
¥6,500(本体)+税 WPXL-9011

●収録曲
奇跡
Summer rain

今、咲き誇る花たちよ
願いの詩
信呼吸
永遠(とわ)にともに
hana
水面の蝶
Twilight
遠くで・・

DOOR
NO PAIN, NO GAIN
風になりたい
42.195km
サヨナラ HERO
memory
星が綺麗な夜でした
ココロの羽


●ボーナス映像:“奇跡” TOUR DOCUMENTARY
●コブクロ2人による副音声コメンタリー収録
●歌詞ブックレット封入
●歌詞字幕ON/OFF機能付き

 

シェア / 保存先を選択