ヨーロッパ企画『ギョエー! 旧校舎の77不思議』プレビュー公演レポート~怖がらせつつもやっぱり笑える学園コメディ!

動画
レポート
舞台
2019.8.5
まさに「おわかりいただけただろうか……」状態の『ギョエー! 旧校舎の77不思議』の1シーン。 [撮影]清水俊洋(このページすべて)

まさに「おわかりいただけただろうか……」状態の『ギョエー! 旧校舎の77不思議』の1シーン。 [撮影]清水俊洋(このページすべて)

画像を全て表示(5件)


全国10ヶ所での公演が控えている、2019年度のヨーロッパ企画の新作『ギョエー! 旧校舎の77不思議』。毎年恒例となっているプレビュー公演が、今年も滋賀県・栗東の「栗東芸術文化会館さきら」で上演され、「オカルト青春コメディ」と銘打った今回の劇の全貌が明らかになった。


舞台となるのは、いかにも昭和の校舎という感じの、高校のエントランス。現在の校舎に問題が発生したため、ずっと閉鎖されていた旧校舎に、一部のクラスが移動することに。しかしそこは「学校の七不思議」の11倍となる「77不思議」があると噂される、いわくつきの場所だった……!

大阪の会見で「ちゃんと77個の不思議を舞台上でやって、しかもそれらを全部カウントする」と宣言した、作・演出の上田誠。77個がいかにボリューミーかというのは、本番の140分(実際の上演は、10分の休憩が入って150分)中、2分弱以内に1個は不思議を出さないと、上演時間内に入りきれないレベル……と言えばおわかりいただけるだろう。

旧校舎を割り当てられた3年F組は、問題児だらけのクラスだが……。

旧校舎を割り当てられた3年F組は、問題児だらけのクラスだが……。

そして実際の舞台は、本当に次から次へと「不思議」が起こる起こる! 学校の怪談の鉄板ネタはもちろん、「いや、それって不思議に入る?」というグレーなものもあれば、もはや「学校」の枠を超えた怪異もありで、特に冒頭のたたみ掛け具合は圧巻だ。そしてもう一つの課題である「不思議のカウント」も、ある仕掛けによってキチンとクリア。しかもそれがただ数えるだけでなく、先ほど起こった怪異を即座に笑いに変えたり、笑いをさらに上乗せするような効果まである。そのためか全体的には、昔の手作り感あふれるお化け屋敷のように「うわっ、ビックリしたー。ハハハ」という感じで受け止められるような雰囲気だ。

旧校舎で過ごす心得を生徒たちにレクチャーする教師たち。

旧校舎で過ごす心得を生徒たちにレクチャーする教師たち。

とはいえ怪異のバラエティ性のみならず、意外とまっとうな学園青春ものっぽいストーリーも見どころだろう。学級崩壊で生徒が4人しか登校しないというどん底のような状況のクラスが、本多力が演じる担任教師の熱意もあって、ポジティブに関係を変えていく……とは、学園ドラマのド定番のような話だが、その変化がことごとく「不思議」きっかけというのが本作ならでは。数ヶ月に渡る時間が流れる物語の中で、大小様々な伏線が回収されていく辺りも、ヨーロッパ企画らしさ全開だ。5人のゲストたちも、それぞれの個性や特技(特に日下七海のアレは驚愕!)を大いに活かし、スクールライフのリアリティを作り上げていく。

生徒たちが安心して学べるよう、教師たちは担当の分野を生かして、怪異の対抗手段を考える。

生徒たちが安心して学べるよう、教師たちは担当の分野を生かして、怪異の対抗手段を考える。

そしてやはり上田が会見で「群像会話ではなく、個々の役者のぶつかり合いみたいなことができたら」と語っていた通り、「ほぼ全員が一致団結して1つの難題に当たる様子を、絶妙なパスワークの会話で見せる」というパターンが多かったヨーロッパ企画には珍しく、それぞれが「驚かせる側」「驚かされる側」に分かれ、ガチンコでぶつかるという構図になっていた。しかも「驚かされる側」に付いてた役者が、ふいに「驚かせる側」に回ったりもするから油断できない。この辺りの関係性やキャラクターの変化も、怪異の表現に負けずに注目してほしい。

少し影のある女子高生・ハマノ(左/祷キララ)は、本作のナレーションも担当。

少し影のある女子高生・ハマノ(左/祷キララ)は、本作のナレーションも担当。

「怪談って怖いだけじゃなく、笑えたり優しかったりするんですよ」というのは、かの怪談の語り部・稲川淳二先生のお言葉だが、この“学校の怪談”は、個人的には「怖さ2:優しさ1:笑い7」というところ。要は「怖いものは苦手だから、今回はパスしようかなあ」と悩んでいた人は、安心して観に来てOKですよ。むしろ「怖さ」というバネがある分、いつもより笑いの跳躍加減が大きいですよ……とささやいてあげたい、ということだ。ヨーロッパ企画が強者ゲストたちと共に、本気で驚かせ+笑わせにかかる『ギョエー! 旧校舎の77不思議』。足を運ぶ気になった(あるいはチケットゲット済みの)皆様には、この芝居にふさわしく、謎めいた言葉を最後に残しておこう。

客席が完全に明るくなるまでは、絶対に席を立ってはなりません……」。

 

ヨーロッパ企画 第39回公演 『ギョエー! 旧校舎の77不思議』 CM

公演情報

ヨーロッパ企画第39回公演『ギョエー! 旧校舎の77不思議』
 
■作・演出:上田誠  
■音楽:青木慶則 
■出演:石田剛太、酒井善史、角田貴志、諏訪雅、土佐和成、中川晴樹、永野宗典、本多力/祷キララ、亀島一徳、金丸慎太郎、日下七海、納谷真大 
 
 《栗東プレビュー公演》 ※公演終了
■日程:2019年8月3日(土)
■会場:栗東芸術文化会館さきら 中ホール
■お問い合わせ:077-551-1455(栗東芸術文化会館さきら)
 
《京都公演》
■日程:2019年8月9日(金)~12日(月・祝)
■会場:京都府立文化芸術会館
■お問い合わせ:06-6357-4400(サウンドクリエーター)
 
《東京公演》
■日程:2019年8月15日(木)~25日(日)
■会場:本多劇場
■お問い合わせ:0570-00-3337(サンライズプロモーション東京)
 
《広島公演》
■日程:2019年8月29日(木)
■会場:アステールプラザ 中ホール
■お問い合わせ:082-253-1010(TSS事業部)
 
《福岡公演》
■日程:2019年8月31日(土)・9月1日(日)
■会場:西鉄ホール
■お問い合わせ:092-711-8002(ヨーロッパ企画福岡公演事務局)
 
《名古屋公演》
■日程:2019年9月4日(水)
■会場:名古屋市東文化小劇場
■お問い合わせ:052-320-9100(サンデーフォークプロモーション)
 
《大阪公演》
■日程:2019年9月11日(水)~18日(水)
■会場:ABCホール
■お問い合わせ:06-6357-4400(サウンドクリエーター)
 
《高知公演》
■日程:2019年9月21日(土)
■会場:高知市春野文化ホール ピアステージ
■お問い合わせ:088-824-5321(高知県立県民文化ホール)
 
《松山公演》
■日程:2019年9月23日(月・祝)
■会場:松山市民会館 中ホール
■お問い合わせ:089-933-0322(テレビ愛媛 事業開発部)
 
《横浜公演》
■日程:2019年9月28日(土)
■会場:関内ホール
■お問い合わせ:045-663-9999(tvkチケットカウンター)
 
《札幌公演》
■日程:2019年10月5日(土)
■会場:道新ホール
■お問い合わせ:0570-00-3871(道新プレイガイド)
 
■公演特設サイト:http://www.europe-kikaku.com/projects/e39/
シェア / 保存先を選択