高野洸、眞嶋秀斗が上演回によって役を入れ替え 朗読劇『僕らは人生で一回だけ魔法が使える』の再演が決定

ニュース
舞台
2019.8.9

画像を全て表示(8件)

2019年2月に初演された、朗読劇『僕らは人生で一回だけ魔法が使える』が、2019年12月10日(火)~15日(日)東京・品川プリンスホテル クラブeXにて再演することが決定した。

今回も主演を務めるのは、ミュージカル『刀剣乱舞』等で活躍する高野洸。そして、斬劇『戦国BASARA』シリーズ出演の眞嶋秀斗、イケ家!のメンバーで、ミュージカル『テニスの王子様』等でも活躍している松村優、同じくイケ家!のメンバーで、AbemaTV「恋愛ドラマな恋がしたい3」に出演している近藤廉、メンズノンノ専属モデル・俳優としても活動している遠藤史也、そして、映画「カメラを止めるな!」でブレイクした、しゅはまはるみらが名を連ね、高木里代子がピアノ演奏で華を添える。

高野洸

高野洸

眞嶋秀斗

眞嶋秀斗

松村優

松村優

近藤廉

近藤廉

遠藤史也

遠藤史也

しゅはまはるみ

しゅはまはるみ

高木里代子

高木里代子

本公演の物語は、日本のとある町の森の奥にある小さな村で起こる。村の一番の年寄りから、「この村で生まれた男の子は、20歳になるまでの間、人生で一度だけ魔法を使うことが出来る」と伝えられたアキトと仲間たちが、何に魔法を使うか考え、悩みながら生きる姿を描く。

また今作では、物語はそのままに、上演回によって高野洸・眞嶋秀斗の役を入れ替え、それぞれ個性の異なるステージを届ける。本公演チケットは、9月10日(火)より先行販売の受付が開始予定。最新情報は、公式HPにて随時公開される。

<あらすじ>
日本のとある町の森の奥にある小さな村。
この村の男の子達は、ある年齢になると村の一番の年寄りから、あることを伝えられる。
それは「この村で生まれた男の子は、20歳になるまでの間、人生で一度だけ魔法を使うことが出来る」と。
それを伝えられた男たちは、みんなで集まって話し合い、考える。どんなことに魔法を使おうかと。
過去、この村の男たちが、どんなことに魔法を使ったかは、村の一番の年寄りだけが持っている一冊の本に記されている。
ただし、各自、魔法を使った後でないと、それを見ることは出来ない。
アキトと仲間たちは、どんなことに魔法を使うか考えながら生きる人生が始まる……。

 

公演情報

朗読劇 『僕らは人生で一回だけ魔法が使える』 
 
【日時】 2019年12月10日(火)~12月15日(日)
【会場】東京・品川プリンスホテル クラブeX
※上演回によって高野洸・眞嶋秀斗の役が入れ替えとなります。
【出演】高野洸/眞嶋秀斗 松村 優(イケ家!) 近藤 廉(イケ家!) 遠藤史也/しゅはまはるみ
【脚本・演出】鈴乃音
【ピアノ演奏】高木里代子

【料金】全席指定 <前売>¥6,500(税込) <当日> ¥6,900(税込)
※未就学児童入場不可
【発売日】2019年9月10日(火)より、チケット先行販売受付開始
※詳細は公式HPにて

【主催】エイベックス・マネジメント株式会社
【制作】エイベックス・エンタテインメント株式会社

【お問合せ】イベントインフォメーション 0570-550-890(平日13:00~17:00)
【公式HP】https://avex-management.jp/lp/magical-reading2019re
【公式Twitter】@bokumahou
シェア / 保存先を選択